2023.1.4:CIMdata がシステムズエンジニアリングの相互運用性フレームワークに関するウェビナーに参画


CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、エグゼクティブ コンサルタントのクレイグ・ブラウン (Craig Brown) が「Systems Engineering Rigor needs an Interoperability Framework (抄訳:システムズエンジニアリングの厳密さには相互運用性フレームワークが必要) 」というタイトルのウェビナーに参加することを発表します。The Reuse Companyが主催するウェビナーは、1月17日 火曜日の午前11時(EST:米国東部時間)に開催されます。

このウェビナーでは、相互運用性フレームワークがシステムズエンジニアリングにとって何故不可欠なのかを確かめ、以下を検討するもです:

  • 相互運用性フレームワークにより、要件のコピーを別々のファイルに保持することをどのように排除し、エンジニアが要件に対して同じ基準を使用することを如何に確実にするか。
  • 厳密な変更管理および通知管理を使用を通じて、要件の改良が発生したときに他の人々がそれを如何にして見られるか。
  • 要件共有のために考案されたテクノロジーが、モデル、レポート、シミュレーション、あるいは物理テストなど、他のエンジニアリング成果物にもどのように作用するのか。
  • 相互運用性テクいノロジーによって、スプレッドシート内の要件のコピーを排除し、信頼に値する真実のソースを作成することで、如何にして業務の効率化・効率化に役立つか。

マドリッドのCarlos III Universityの教授でもあるThe REUSE CompanyのCTOであるJuan Llorens氏もウェビナーに参加する予定です。

詳細を、
https://www.reusecompany.com/webinars/systems-engineering-rigor-needs-an-interoperability-framework
で確認し、ご登録してください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社