2022.9.8:航空宇宙防衛PLMアクショングループのメンバーがCIMdataのPLM Road Map @ GPDISで発表


Aerospace & Defense PLM Action Group Members to Present at CIMdata’s PLM Road Map @ GPDIS


航空宇宙および防衛 (A&D - aerospace & defense) 業界に焦点を当てたPLM advocacy groupのメンバーによるプレゼンテーションでは、航空宇宙および防衛産業におけるデジタルツイン/デジタルスレッドの定義とグローバルなコラボレーションについて考慮しています。

CIMdata (CIMdata, Inc.) は、Aerospace & Defense PLM Action Group (AD PAG) のメンバーがPLM Road Map @ GPDIS 2022で発表することを決定しました。カンファレンスは、9月27日 (火曜日) にアリゾナ州スコッツデールのマコーミックランチホテル (the McCormick Ranch Hotel, Scottsdale, AZ) で開催されます。テーマは「Digital Transformation and PLM – a call for PLM Professionals to redefine and reposition the benefits and value of PLM (デジタル トランスフォーメーションとPLM – PLMプロフェッショナルがPLMの利点と価値を再定義と再ポジションへの呼びかけ) 」です。Global Product Data Interoperability Summit - GPDISは、9月28日と29日に同じ場所で開催されます。

AD PAG メンバーの最初のプレゼンテーションは、製品ライフサイクル全体にわたるデジタツインの継続性 (Digital Twin Continuity) です。このプレゼンテーションでは、Boeing社のRobert Rencherが、デジタルツイン/スレッドソリューションの目的、要件、およびロードマップを明らかにして定義するために、AD PAGメンバー企業のドメインエキスパートのチームによって行われたリサーチの最新情報が提供されます。リサーチのフェーズ1で、チームは多くのデジタルツイン/スレッドの概念と定義を特定・確認しました。フェーズ2は、A&D業界におけるデジタルツインとスレッドの現行の能力・機能のベースラインの定義と理解に関するコンセンサスにつながる意見交換を促進することを目的としたデジタルツイン/スレッド ポジションペーパーで構成されました。フェーズ3では、デジタルツインとデジタルスレッドのアーキテクチャ定義をサポートする現行ビジネスのアーキテクチャフレームワークと方法論の有効性を評価します。このプレゼンテーションでは、リサーチの結果の概要とデジタルツインとデジタルスレッドの現行概念に対する影響について説明します。

2番目のプレゼンテーション「An A&D Roadmap for Enabling Global Collaboration」では、グループのグローバルコラボレーションプロジェクトチームの作業に関する最新情報が提供されます。Pratt & Whitney社のRobert GutweinとBoeing社のNeil Lichtyによるこのプレゼンテーションは、OEMとその製品設計と製造エンジニアリングパートナーやサプライヤーとのコラボレーションが主要なA&Dプログラムの鍵であるという前提に取り組んでいます。プロジェクトチームによるプロセス分析では、3D-MBD、部品表 (BOM) 、モデルベース エンジニアリング (MBE) などの製品データの交換が、複数のOEMとサプライヤの間で業界内の課題となっていることが示されています。このプレゼンテーションでは、プロジェクト チームによって定義された一連のガイドラインを適用し、順守することで、OEMとサプライヤーのコラボレーションに新たな「Desired Stat (望ましい状態) 」を提供します。

「A&D PLM Action Groupプロジェクトのソートリーダーが、CIMdata PLM Road Mapカンファレンスで彼らのチームの仕事について報告するのは恒例となっています」と、CIMdataのA&DプラクティスディレクターであるJames Rocheは述べています。「A&D 業界の何百人もの同僚が集まる特別な CIMdata ロードマップ イベントにこれらの講演者が参加することは、特に影響力があるでしょう。」「GPDISと連動したCIMdata Road Mapの特別イベントで、A&D業界から何百人もの仲間が集まる中、これらの講演者を迎えることは、特に影響力のあるものになるでしょう」。

PLM Road Map @ GPDISでのプレゼンテーションに加えて、AD PAGのメンバーは、ベンダーフェアのブースでグループの活動について議論します。PLM Road Map @ GPDIS 2022の詳細については、CIMdataのWeb イト https://www.cimdata.com/en/education/plm-conferences/plmrm-gpdis-2022 をご覧ください。

About Robert Gutwein

Robert Gutwein is the Associate Director, PLM - Digital Technologies (DT) at Pratt and Whitney Canada. Robert joined P&WC in 1983 as a Design Engineer. His interest in new technology morphed into his current role as the DT-PLM Collaboration and Data Transfer Subject Matter Expert (SME) and Team lead. Robert has led projects establishing PLM connections with customers, partners, suppliers, and P&WC Satellite Engineering Office (SEO) sites worldwide. He is involved with P&WC teams developing strategies to improve collaboration internally and externally following the TDP, LOTAR, MBD, and industry guidelines and best practices. Robert has a Bachelor of Applied Science in Mechanical Engineering and a Bachelor of Computer Science from the University of Windsor. He is the Project Manager of the Global Collaboration Working Group within the CIMdata-administered Aerospace & Defense PLM Action Group.

About Neil Lichty

Neil Lichty is a Subject Matter Expert at Boeing in Business Capabilities core engineering. He is responsible for Global Collaboration Business Processes and Tool Strategies, where he influences new and emerging technologies. Neil represents Boeing as part of the A&D PLM Collaboration Team, where he drives collaboration strategies, exchange standards, and enables Model-Based Engineering across engineering products. He is a specialist in operationalizing the product data digital thread and establishing interoperability across the company and industry organizations.

About Robert Rencher

Robert Rencher is a Senior Systems Engineer and Associate Technical Fellow at Boeing. Robert’s primary area of expertise is in identifying and validating strategic Information Technology solutions for Boeing and the aviation industry. He is recognized as an effective expert in addressing issues related to complex airline information systems, specifically, the integration, security, and performance of the global information technology infrastructure utilized by the commercial aviation industry.

the Aerospace & Defense PLM Action Group (航空宇宙&防衛 PLMアクショングループ) について

2014年の設立以来、CIMdataが取りまとめているAD PAGは、優先順位の高い多様な一連のPLM関連の業界および技術トピックに関するリサーチを後援し、プロジェクトに共同でスタッフを配置してきました。これらのトピックには、モデルベースの定義、マルチビューBOM、PLMテクノロジ-の陳腐化管理、グローバルコラボレーション、モデルベースのシステムズエンジニアリング、およびデジタルツイン/デジタルスレッドが含まれます。これらの投資の結果として、AD PAGは一連のdirection statementsposition papersを発表しており、これらは、http://www.ad-pag.com/のWebサイトから自由にダウンロードできます。これらの資料を利用できるようにすることは、PLMエコシステム内で積極的に関与し、メンバーにとって重要なPLM関連のトピックについて、航空宇宙&防衛産業内の共通の方向性と立場を提唱するというグループの使命と一致するものです。A&D PLM Action Groupの詳細については、CIMdata (info@cimdata.com) までお問い合わせください。

20220908 A and D PMAG GPDIS

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社