2022.1.4:CIMdata、デジタルトランスフォーメーションをサポートする組織的な変革の事例に関する無償ウェビナー主催


Free Webinar on The Case for Organizational Change in Support of Digital Transformations


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される啓蒙・情報共有目的の無償ウェビナー (free educational webinar) “Getting People to Care: The Case for Organizational Change to Support Digital Transformations (Getting People to Care: デジタルトランスフォーメーションを支える組織変革の事例) " を発表します。このウェビナーは、2022年1月20日、木曜日の午前11時(EST:米国東部時間)に開催され、1時間の予定です。

 変化は難しい課題 (challenging) であり、しばしば恐ろしい出来事です。多くの人は変化を嫌い、一部の人は変化を信用しません。人々の働き方を変えたいときは、それを受け入れるために皆さんが変更を課しているコミュニティを助けなければなりません。デジタルトランスフォーメーションなどの新しい取り組みを受け入れるには、積極的な計画と継続的なサポートが必要です。ユーザーが取り組みを受け入れないと、失敗するか、少なくとも期待される結果と投資収益率が得られません。 

 このウェビナーでは、組織が主要なデジタライゼーションの取り組みに関連する変化を受け入れるのを支援することの重要性を紹介します。CIMdataは、デジタライゼーションの過程でクライアントを支援していることをベースに、その考えを共有します。

 本ウェビナーの参加者は:

  • 変化にとって組織な変革のマネージメントがなぜ重要であるかを学ぶ。
  • 変化に備えるための最善の方法を学ぶ。
  • 製品開発のデジタライゼーションなどのような新しい取り組みの組織的な受け入れを促進するのに役立つモデルについて学ぶ。
  • 企業がデジタライゼーションやその他の取り組みをどのように最大限に活用するかをよりよく理解する。

 CIMdataの会長であり、このウェビナーの主催者であるジョン・マカレル (John MacKrell) は、次のように述べています。「現在、CIMdataが協力している多くの組織が、企業のデジタライゼーションのために新しいツールやプロセスを導入しています。しかし、こうした取り組みが持つ可能性を如何に最大限に引き出すかについて、明確な理解が得られていないことがよくあります。」

 マカレル氏は、20年以上のCIMdata在籍含め、エンジニアリングと製造向けへのコンピューターベースのソリューションの適用について40年以上の経験を有しています。氏は、製品管理、マーケティング、R&D、コンサルティングで上級職を歴任してきました。

 このウェビナーは、デジタライゼーションは、製品の設計、製造、サービス、およびその他の下流の製品プロセスと製品の運用に機能横断的な影響を与えるため、組織のあらゆる領域からの参加者に有用です。上級管理職や中間管理職、PLMチームの参加者、PLMユーザー (エンジニア、製造プランナー、設置およびサービスなどの専門家など) 、IT、および組織が新しいデジタルの取り組みが影響を受けるすべての人など、複数のレベルの人々が適切で価値のある情報を見つけることができます。

 ウェビナーの参加者は、議論されたトピックについて質問する機会があります。 詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-getting-people-to-care-the-case-for-organizational-change-to-support-digital-transformations
を参照ください。 このウェビナーの登録は、
https://register.gotowebinar.com/register/8752942008027542799
にアクセスください。

20220104 Free Webinar DT


全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社