2022.1.4:CIMdata、2022年度のPLM Market & Industry Forumシリーズを発表


CIMdata Announces its 2022 PLM Market & Industry Forum Series


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、2022年度のPLM Market & Industry Forumのスケジュールとテーマを発表しました。

 2022年のテーマは、“Sustainability: PLM Essential to Facing this Global Challenge (意訳:持続可能性:このグローバルな課題に立ち向かうために不可欠なPLM) ” です。持続可能性は、企業の社会的責任 (CSR - corporate social responsibility) プログラムの多くのトピックの1つからグローバルな必須事項へと変化しており、PLMはシステム的な対応に不可欠なものです。主要なPLMソフトウェアおよびサービスプロバイダーは、産業界のクライアント向けに必要となるメトリクス、メジャメントアプローチ、および実現をするテクノロジーを定義しています。これら顧客は、CSRの取り組みを人々地球、そして利潤への影響に基づいて評価する「トリプルボトムライン (triple bottom line) 」の推進を図っています。本フォーラムに於いて、CIMdataは、課題に焦点を当て、グローバルPLMエコノミーがどのように対応しているか、また産業界のクライアントが持続可能性の目標をどの程度達成しているかにフォーカスします。

 2022年には、4本のフォーラムを開催する予定です。 1つは、米国ミシガン州アナーバーで3月末に行われる1日の対面イベントです。このイベントに続いて、4月上旬に、EMEA、中国、そして日本の地域をカバーする3つのバーチャルライブイベントを開催します。

 CIMdataの副社長であるスタン・プルジビリンスキー (Stan Przybylinski) は、次のように述べています。「持続可能性は、企業の企業の社会的責任 (CSR) プログラムの中のごく一部であったものから戦略的な必須事項に変化しました。持続可能性の目標は非常に広範囲に及ぶ可能性がありますが、PLMエコノミーとそれが提供できる製品とサービスは、今日、産業界の企業が直面しているほとんどの側面に対してて重要なものです。今年のフォーラムは、持続可能性の絶対的な必要性と、企業がこの新しい常識にどのように適応しているかに焦点を当てています。」

 弊社は次のようなトピックをカバーする所存です:

  • PLMの現状 - 市場トレンドと主要なトレンド
  • 2021暦年のPLMグローバル市場分析
  • 持続可能性の必須事項
  • 持続可能性とPLM
  • PLMエコノミーでの持続可能性の実現

 アジェンダでは、以下のもを含み、インダストリー4.0をサポートするいくつかの重要な実現テクノロジーについても考えております:

  • マルチビューBOM
  • エンタープライズアプリケーションアーキテクチャ

 アジェンダについては、次のURLにアクセスしてください:
https://www.cimdata.com/en/education/plm-market-industry-forums/north-american-plm-market-industry-forum-agenda

 参加者は、現行と新たに展開・発展するPLM市場、そのダイナミックな影響、継続的な市場の進展への期待についてしっかりと理解することができます。出席者はまた、今後1年間にPLMエコノミーをナビゲートするために利活用できる機会とアプローチについてさらに学びます。

 2022 PLM Market&Industry Forumイベントの登録については、次のURLにアクセスしてください:
https://cimdata.com/en/education/plm-market-industry-forums


本内容は2021年12月17日発表の英語版の抄訳です。)


全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社