2021.11.17:PLM Road Map & PDT 秋季 2021年 2日目のサマリー (日本語抄訳)


Summary of the Second Day of PLM Road Map & PDT Fall 2021


文責:ケン・ヴェスプリール (Ken Versprille)

 PLM Road Map & PDT Fall 2021、バーチャルカンファレンスの秋季の2日目は、本日、2021年11月17日、「Disruption―the PLM Professionals’ Exploration of Emerging Technologies that Will Reshape the PLM Value Equation (ディスラップション - PLMの価値方程式を再構築するPLMプロフェッショナルによる新興テクノロジーの探求) 」というタイトルで開催されました。CIMdataの社長兼CEOであるピーター・ビレロ (Peter Bilello) と、EurostepのマーケティングディレクターであるHåkan Kårdénは、再度、参加者の皆さんを歓迎しました。Håkan Kårdénは、IS4CEInternational Society for the Circular Economy - 抄訳:国際循環経済協会) のディレクターであるケンウェブスター (Ken Webster) 氏を紹介し、基調講演は「In the future, you will own nothing, and you will be happy (将来、あなたは何も所有せず、幸せになる) 」と題しました。

 循環経済のパイオニアとして、ウェブスター氏は、製品が企業によって製造され、ユーザーによって購入され、最終的に廃棄されると言う生物圏について話しました。その後、氏はそれをテクノスフィア (Technosphere) とリンクさせ、テクノスフィアでは、企業は製品を製造するものの、ユーザーはそれらの使用にサブスライブしていることです。

 氏は、気候変動は排出物だけでなく、物質に焦点を当てる必要があると述べました。ウェブスター氏は、PaaS (サービスとしての製品) のビジネスモデルが製品のオーバースペックを回避するという興味深い点を指摘しました。 

 続いて、BAE SystemsのMaritime and Land Sectorのデータ責任者であるロブ・クリフォード (Rob Clifford) 氏による、「Digital Disruption in Maritime (海事におけるデジタルディスラプション) 」というタイトルのプレゼンテーションが行われました。氏はイノベーションを囲い込む必要性について話し、BAEのPropheSEA digital asset managementソリューションのアーキテクチャについて説明しました。アーキテクチャは、製品個々の段階ではなく、企業に焦点を合わせたものです。氏のプレゼンテーションでは、デジタルフットプリントとデジタルスレッド、エンタープライズマーケットツイン、そしてデータアナリティクスなどの便益など、さまざまな側面に纏め合わせていました。氏は、BAEは、メンテナンスツイン (maintenance twin) で即座にインパクトを与えることが重要であることを認識していると述べました。

 次に、CumminsのPLM - Components Business Unitのディレクターであるロドニー・ユーイング (Rodney Ewing) 博士は、「A Balanced Strategy to Reap Continuous Business Value from Digital PLM (デジタルPLMから継続的なビジネス価値を獲得するためのバランスの取れた戦略) 」をプレゼンテーションしました。

 Cumminsは、成熟度のレベルがそれぞれ異なる5つのビジネスユニットを持っており、TCS (Tata Consultancy Services) と提携して、将来の能力・機能に焦点を当てた共通の基盤に複数のプロセストラックを実装しました。

 同社の開発作業では、製品のライフサイクル全体のバックボーンとしてデジタルスレッドを使用し、その付加価値を誰もがすぐに理解できるようにすることが優先されました。同社は、企業レベルに焦点を当てたPLMの主要なビルディングブロックを使用しました。氏は多くのプロジェクトについて説明し、同社は新しいツールについてユーザーをトレーニングすることに注意を払っていると述べました。Q&Aの中で、氏はPLMチャンピオンの必要性とKPIとメトリックへの注意について話しました。

 その後、 Oakland Universityの非常勤教授であるパトリック・ヒルバーグ (Patrick Hillberg) 博士、engineering managementの大学院コースを教鞭をとられている博士はお話しをしました。博士は、システム思考の必要性を強調しましたが、システムのタイプに応じて起こりうるシステムに起因する問題 (possible systematic problems) について警告しました。博士は、命が失われ、数百万ドルが無駄になったいくつかの例を挙げました。

 カンファレンスは、「ラウンドテーブル・ディスカッション」で締めくくられ、タイトルは、「State of the Industry—a Fireside chat with industry leaders (業界の現状 - 業界リーダーとの炉辺談話) 」。 ケン・ヴェスプリール (Ken Versprille) 博士は、3人 (CIMdataの社長兼CEOであるピーター・ビレロ (Peter Bilello) 、Oakland Universityの教授であるPパトリック・ヒルバーグ (Patrick Hillberg) 博士、およびEurostepの共同創設者であるTorbjörn Holm氏) のパネリストに一連の質問を投げかけました。

それらは:

  • 製品開発の3つの柱、すなわち、デザイン・設計、製造、サービスについてよく語れます。3つのそれぞれの中で最も影響力のあるものとして、現在、あなたの意見ではどのような革新的なテクノロジー (disruptive technology) が現れているのか考えられますか?
  • あなたを驚かせたスピードで採用され商業化された革新的なテクノロジー (disruptive technology) の例とそれが何故かをお教えいただけますか?
  • テクノロジーの爆発的な進展に伴い、実際に使用されているものと有望な新しいテクノロジーとのギャップは年々拡大しています。A&Dや自動車などの大企業がこれを混乱の一部としてマネージメントし、外力による混乱を回避することをどのように見ていますか? 成功するか、または少なくとも部分的に「トップ」に留まるためのパターンはありますか?  (スカンクワークス、テックフェロー、ファントムワークスインキュベーター、その他) 
20211116 17 PLM RM Summary


全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社