2021.11.16:PLM Road Map & PDT 秋季 2021年 第1日目のサマリー (日本語抄訳)


2021.11.16:Summary of the First Day of PLM Road Map & PDT Fall 2021


文責:ケン・ヴェスプリール (Ken Versprille)

 PLM Road Map & PDT Fall 2021、バーチャルカンファレンスの秋季の1日目は、本日、2021年11月16日、「Disruption―the PLM Professionals’ Exploration of Emerging Technologies that Will Reshape the PLM Value Equation (ディスラップション - PLMの価値方程式を再構築するPLMプロフェッショナルによる新興テクノロジーの探求) 」というタイトルで開催されました。CIMdataの社長兼CEOであるピーター・ビレロ (Peter Bilello) と、EurostepのマーケティングディレクターであるHåkan Kårdénは、150人を超える参加者を歓迎しました。簡単な紹介の後、両氏はスピーカーセッションを司会したCIMdataのエグゼクティブコンサルタントであるケン・ヴェスプリール (Ken Versprille) 博士にバトンを渡しました。

 ピーター・ビレロ (Peter Bilello) は基調講演で、「The Critical Dozen: 12 familiar evolving trends and enablers of digital transformation that you cannot or should not live without (12の重要項目:12の馴染みのある進化しているトレンドとデジタルトランスフォーメーションの実現要因であり、それ無しでは生きられない、あるいは生かざるべく) 」について講演しました。

 ビレロは、CIMdataがプロセスをデジタル化し、自動化するために業界で見た変化のスピードアップについて話しました。

 氏は、データの抽出、サプライチェーンの混乱、製品開発におけるエレクトロニクスの増大・普及、新しい製造技術、そして新しい材料など含め、絡み合って変化を強いている要因に注目し、話しました。氏の12のトレンドとイネーブラーのリストは次のとおりです:

  • End-to-End Connectivity (エンドツーエンドコネクティビティ)
  • Data & Process Management (データ&プロセス管理)
  • Ensure All Data is Under Configuration Management Control
  • (すべてのデータが構成管理のコントール下にあることが確実である)
  • Bill Of Information (製品関連情報の包括的なデータモデル)
  • Model-Based Structures (モデルベースの構成・構造)
  • Digital Thread (デジタルスレッド)
  • Digital Twin (デジタルツイン)
  • IoT & Product Lifecycle Management (IoT&製品ライフサイクル管理)
  • A Changed View on “Product” (“製品” に対する見方の変化)
  • Big Data & Analytics (ビッグデータ&アナリティクス)
  • Data Governance (データガバナンス)
  • Digital Skills Transformation (デジタルスキルの変革)

 産業界企業への氏の纏めのメッセージは、企業が成功するためにはすべての要素に対処しなければならないということでした。

 次は、Boeing Commercial AirplanesのArchitecture Integration & Interoperability Standardsのシニアマネージャーであるケニー・スウォープ (Mr. Kenny Swope) 氏と、Airbusのdata and process standards担当であるJean-Yves Delaunay (ジャン・イヴ・ドローネ) 氏による、「The Business Value of Standards-based Information Interoperability for Aerospace & Defense (航空宇宙&防衛向けの標準ベースの情報相互運用性のビジネス価値) 」と題したデータおよびプロセス標準に関する共同プレゼンテーションでした。プレゼンテーションでは、航空宇宙企業がデータと適切なソリューションのビジネス価値に関して抱えている相互運用性の問題について詳しく説明しました。

 両氏は、「Quadran (クワドラント) 」と呼ばれる基準には、専門家であるユーザーが標準の必要性を定義すること、ソリューションプロバイダーが標準を組み込むこと、航空宇宙産業のサプライチェーンが標準を使用すること、そして業界が標準を全面的に採用することが含まれていると述べました。次に、CIMdataがアドミにしているA&D PLM Action Groupがさまざまなワークグループが使用を推奨しているる具体的なの標準 (その多くはISO承認済み) をリストしました。

 少休憩の後、Eurostepの創設者であるTorbjörn Holm氏は標準に関するトピックを続けました。は、標準の必要性について歴史の中での例を挙げました。 氏は、ベンダーロックインの回避や長期のライフサイクルで製品を管理する必要性について、業界の要件を強調しました。氏の意見では、ほとんどの技術的な進展 (technical leaps) には標準が含まれており、氏は最高の標準はユーザー主導であると提案しました。

 Gulfstream AerospaceのCorporate PLMのディレクターであるグレッグウィーバー (Greg Weaver) 氏が次のようなプレゼンテーションを行いました。キャッチフレーズのタイトルは「Indexing Content – Finding Your Needle in the Haystack (コンテンツのインデックス作成 – 干し草の山で針を見つける) 」でした。氏は、3Dモデルベースの定義が設計の頂点であったと提案しました。氏はrhetorical question (答えを必要としない問いかけ) として、「at what level do you drive your MBD requirements into the supply chain?  (MBD要件をサプライチェーンにどのレベルで推進させる?) 」をしました。ウィーバー氏は、デジタルモデルと紙の世界は共存していると述べました。氏は、Gulfstreamが過去35年間のドキュメントにインデックスを付けるために、Dassault SystèmesのExalead検索エンジンをどのように展開したかを詳しく説明しました。現在、Gulfstreamのユーザーは、ドキュメント情報を数分で検索および取得できます。

 ASMLのBusiness Architect Enterprise Configuration Management (エンタープライズ構成管理のビジネスアーキテクト) のMartijn Dullaart氏は、「The Next disruption please …」というタイトルの構成管理に関する快活なプレゼンテーションで1日を締めくくりました。氏は、モデルベースが構成管理に与えるインパクトを強調しました。氏はまた、デジタルスレッドは、よりネットワークに近いという考えにもふれました (allude) 。最後に、氏は、構成管理に重点を置くことは、迅速な変化をサポートし、適応性があり、変化に適応し、それに留まらず自動化を可能にするデジタルである必要性と述べました。

20211116 17 PLM RM Summary
全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社