2021.9.21:CIMdata、航空宇宙OEMとそのサプライチェーン間のコラボレーションに関する無償ウェビナー主催


Free Webinar on Collaboration Between Aerospace OEM’s and their Supply Chain


20211014 webinar AD PAG

 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される啓蒙・情報共有目的の無償ウェビナー (free educational webinar) “Aerospace OEM to Supplier Collaboration: A Look Inside their Future Vision (航空宇宙メーカーとサプライヤーのコラボレーション:その将来像を探る) " を発表します。このウェビナーは、2021年10月14日 木曜日の午前11時(EST:米国東部時間)に開催され、1時間の予定です。

 CIMdataがアドミニを担当しているAerospace&Defense PLM Action Group (AD PAG) は、2017年からグローバルコラボレーションのトピックを調査しています。初期のリサーチでは、製品開発中に改善された場合に、最高のROIを提供するコラボレーションの領域を特定することにフォーカスしました。AD PAGのGlobal Collaboration workgroupは現在、OEMとそのサプライヤ間のデータ交換メカニズムがどのように機能すべきかについての将来のビジョンを策定しています。

 このウェビナーでは、彼らが克服したいと考えている問題点や将来に向けて進化しているアイデアについて探求します。独自の広範なサプライチェーンに対処しなければならない自動車や重機など、航空宇宙以外の業界も、学んだ教訓や大規模な航空宇宙プレーヤーの将来のビジョンから恩恵を受けるでしょう。

 本ウェビナーの参加者は:

  • 今日の航空宇宙業界で使用されているさまざまなコラボレーションメカニズムとその問題について学ぶ。
  • それらの学びが貴社と皆さんのサプライチェーンとの取引にどのように適用できるかを学ぶ。
  • 航空宇宙エンジニアがコラボレーションに向けて持っている先見性のある考えを理解する。
  • 彼らが推奨するステップバイステップのコラボレーションプロセスについて学ぶ。

 CIMdataのエグゼクティブコンサルタントであり、このウェビナーの主催者でもあるケン・バースプリル博士 (Dr. Ken Versprille) によれば、"CIMdataは、この1年でコラボレーションソリューションで大きな成長を遂げました。AD PAGのGlobal Collaborationに関するタスクフォースは、将来に向けてのコラボレーションに関する業界の要件リストに対する集合的な対応策を確立するための瀬戸際に立っています。”

 バースプリル博士は、エンジニアリングと製造向けのコンピューターベースのソリューションの適用において40年以上の経験があります。氏のリサーチは、ジオメトリデザイン、デザインコラボレーションと自動化、PLM標準とオープン性、PLMアプリケーション全体でのCADインテグレーションに及びます。バースプリル博士は、Mathematical Curve-and-Surface FormulationであるNURBSの最初の記述を進め発表、現在これは、CADとコンピューターグラフィックスの国際標準です。2005年には、CADソサエティ (The CAD Society.) から生涯功労賞 (Lifetime Achievement Award) を受賞しました。

 製品プランナーとマネージャー、MCADチームリーダー、サプライチェーンマネージャー、シニアレベルのMCADユーザー、製品マネージャー、調達スタッフ、あるいはOEMとそのサプライチェーン間のコラボレーションについて学びたいどなたでも、このプレゼンテーションが興味深いものになるでしょう。

 ウェビナーの参加者は、議論されたトピックについて質問する機会があります。詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-aerospace-oem-to-supplier-collaboration-a-look-inside-their-future-vision
を参照、このウェビナーの登録は、
https://register.gotowebinar.com/register/2883410281525056784
にアクセスください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社