2021.3.16:CIMdata、データガバナンスに関するを無償ウェビナー主催


CIMdata to Host a Free Webinar on Data Governance


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される啓蒙・情報共有目的の無償ウェビナー (free educational webinar) “Data Governance: Avoiding Detours on your Digital Transformation Roadmap (データガバナンス:デジタルトランスフォーメーションのロードマップで回り道を回避する) “ を発表します。このウェビナーは、2021年4月22日 木曜日の午前11時(EST:米国東部時間)に開催され、1時間の予定です。

 どのようなデジタルトランスフォーメーションイニシアチブでも成功は、重要な課題に対処することにかかっています。その中で最も重要なのは、企業のデータモデルの堅牢性データガバナンスが果たす役割です。今日のデジタル時代において、組織は、データがデジタルトランスフォーメションのバックボーンを形成する重要なビジネス資産であることを認識しなければなりません。デジタルトランスフォーメーションを後押しする経営幹部は、人、プロセス、そして組織要素への投資の成功は、長期的な成功に向けて位置付ける堅牢なデータガバナンス戦略に大きく依存していることを理解した上でそうする必要があります。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します:

  • データガバナンスがデジタルトランスフォーメーションをどのように可能にするかを学ぶ。
  • データガバナンスを進める行程 (data governance journey) を始める方法を理解する。
  • 知的財産などの重要なデータ要素に継続的に価値を付加するようにガバナンスフレームワークを管理。
  • ロードマップを使用して、ガバナンスのないデータ資産からガバナンスのあるデータ資産に如何に転換するかを学ぶ。
  • データガバナンスを推進する主要な要素に優先順位を付ける。
  • データガバナンスのエグゼクティブの “お墨付き (buy-in) ” を獲得する。
  • データガバナンスからどのような価値がもたらされるかを如何に判断するかを理解する。

 ウェビナーのホストである ジャニー・ガーリー (Janie Gurley) 、CIMdataのデータガバナンスのプラクティスマネージャーによると、”デジタルトランスフォーメーションがビジネス全体に広がるにつれて、効果的なデータガバナンスの必要性が重要性を増しており、信頼できるデータが欠かせないすべてのタスクとプロセスに便益をもたらしています。今日、デジタルトランスフォーメーションは、データガバナンスへの必要性の主要な要因の一つです。それでも、製品がどのように計画、開発、販売、そしてサービスされるかについての根本的な変化を含め、多くの変化が今日の成功した企業を通して押し寄せています。本ウェビナーは、この重要なトピックに関する有用なガイダンスを提供します。"

 ガーリー (Ms. Gurley) は、製造業における製品開発ソリューションの幅広い専門知識を備えた戦略的ビジネスの実行を理解とサポートに28年以上の経験を有します。ガーリーは、CIMdataのデータガバナンスプラクティスマネージャーとしての責任に加えて、CIMdataのコミュニティと関連するソリューションプロバイダーの戦略的マネージメントコンサルティング活動のコーディネーションと実行が含み、PLMソリューションプロバイダーに提供されるCIMdataのサービスの管理と実行にも責任を負っています。

 本ウェビナーは、データガバナンスの知識をさらに深めたいと考えている皆さんどなたでも興味があることと思います。

 ウェビナーの参加者は、議論されたトピックについて質問する機会があります。 詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-data-governance-avoiding-detours-on-your-digital-transformation-roadmap-1
を参照ください。 このウェビナーの登録は、
https://register.gotowebinar.com/register/341959522664846352
にアクセスください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社