2021.2.11:CIMdata、実用的な製品ライフサイクル管理ロードマップの定義に関するを無償ウェビナー主催


CIMdata to Host a Free Webinar on Defining a Practical Product Lifecycle Management Roadmap


 この啓蒙・情報共有目的の無償ウェビナー (free educational webinar) では、PLM実装ロードマップを如何に作成して利活用するかについて説明します。 

 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される啓蒙・情報共有目的の無償ウェビナー (free educational webinar) “Defining a Practical Product Lifecycle Management (PLM) Roadmap (実用的な製品ライフサイクル管理(PLM)ロードマップを定義する) “ を発表します。このウェビナーは、2021年3月11日 木曜日の午前11時(EST:米国東部時間)に開催され、1時間の予定です。

 ITソリューション、特にPLMソリューションは、人、プロセス、そしてテクノロジーの複雑な組み合わせです。ビジネスの成果を最適化および改善するには、データを整理し管理する必要があります。PLMソリューションをビジョンから本番環境に移行して、必要かつ約束されたものを実現することは簡単ではなく、適切な計画あるいはロードマップが必要です。このウェビナーでは、CIMdataが、よく考えられたロードマップを持つことの便益と、そのようなロードマップを持つことがPLMの実装結果につながる理由について説明します。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します:

  • 大規模なPLMまたはデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを計画する際の成功のための戦略を学ぶ。
  • スコープクリープをどのように回避するかを理解する。
  • ロードマップを実装するためにソリューションプロバイダーを如何に関与させるかの最善の方法を見つける。
  • ロードマップがPLM実装計画全体にどのように適合するかを学ぶ。
  • PLMプロジェクトの承認にロードマップを如何に使用するかを学ぶ。
  • ロードマップを使用して、如何に貴社のPLMソリューションが期待に応えられるようにするかをよりよく理解する。
  • 現行のPLM計画とロードマップのギャップを特定して明らかにする。 

 CIMdataのPLM Enterprise Value and Integrationのプラクティスマネージャーであり、このウェビナーの主催者であるトム・ギル (Tom Gill) によれば、”ロードマップ無しでは、皆さんの必要な場所にたどり着くのは困難です。明確に定義されたロードマップは、実装チームに、できるだけ少ない迂回路で必要なソリューションを実装するための計画に役立ちます。ロードマップは、ソリューションの実装計画にとって重要な要素です。”

 トム・ギル (Tom Gill) は、エンジニアリングと製造に関するコンピューターベースのソリューションの適用に30年以上の経験を有しています。CIMdataに入社する前は、大規模の製造企業で20年以上勤務した後、独立したPLMコンサルタントとして働いていました。ギル氏は、製造&組立て、食品&飲料、防衛、化学、医療機器など、さまざまな業界のプロジェクトに携わってきました。氏は、PLM戦略プロジェクト、ソリューション評価や選択プロジェクト、導入計画、および産業界企業のクライアント向けのトレーニング開発を実施してきました。

 このウェビナーは、PLM実装ロードマップを如何に開発して利活用するかを学びたい皆さんを支援します。 

 ウェビナーの参加者は、議論されたトピックについて質問する機会があります。 詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-defining-a-practical-plm-roadmap 
を参照ください。 このウェビナーの登録は、
https://register.gotowebinar.com/register/4422735356504290320 
にアクセスください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社