2021.2.11:航空宇宙CADのマイルストーン:A&D PLM Action Groupが3Dモデルベースの型式認証の新しい標準を開発 (By Verdi Ogwell)


A Milestone in Aerospace CAD: A&D PLM Action Group Develops New Standard for 3D Model-Based Type Certification, By Verdi Ogwell


 航空宇宙産業では、3Dモデルベース定義 (MBD) に関連して、大きなことが静かに起こっています。私たちは、航空宇宙&防衛産業が紙ベースの製品開発のドキュメントから3Dモデルベースのドキュメントに移行する際に何が重要なステップになるかについて話し合っています。たとえば、現在のように、当局関連の認証は主に紙のドキュメントに基づいていますが、航空宇宙産業は長い間、内部的にはデジタル3Dモデルで仕事をするように切り替えてきました。これは理想的な関係ではありません。 

 今日、この不一致はいくつかの興味深いリサーチによって遭遇しました。最近のレポートで、Aerospace & Defense PLM Action Group (A&D PAG) は、必要最小限のデータ項目の詳細な要件のリストを含む、型式デザイン認定 (Type Design Certification) のための3Dモデルベース定義ソリューションを開発しました。 

 ”図面ベースの概念を廃止するという目標に向かって前進する時が来ました” と、Boeing Enterprise EngineeringのBrandon Sapp氏は言います。彼はまた、過去1年間、A&D MBD ワーキンググループのプロジェクトマネージャーを務めています。 

 この重要なグループをアドミにするCIMdataのエグゼクティブコンサルタントであるケン・バースプリル博士 (Dr. Ken Versprille) も同意しています。"これらの詳細な要件は、CADの転機となるマイルストーン (watershed milestone) を表しています" と、氏は言いっています。"我々は、合意された詳細なMBD要件をまとめて文書化した業界を他に知りえません。この取り組み (effort) は、標準化団体とソリューションプロバイダーの両方に、データ交換における将来の取り組み (efforts) のロードマップを提供するものです。"

 "このレポートのリサーチは、紙の作図ベースの概念を廃止することを目的として、その情報のセマンティック要件を定義するための最初のステップです。" と、BoeingのBrandon Sapp氏は、A&D PAG reportについて述べています。

 全文を読むには、
https://www.engineering.com/story/a-milestone-in-aerospace-cad-ad-plm-action-group-develops-new-standard-for-3d-model-based-type-certi
をクリックください。

 型式デザイン認定 (Type Design Certification) のフルポジションペーパー、MinimumModel-Based Definition (MBD) は、AD PAG Webサイトからダウンロードできます。
https://www.cimdata.com/en/aerospace-and-defense/publications/mbd-bom

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社