2021.1.26:CIMdata、システムモデリングとシミュレーションに関する無償ウェビナーを開催


CIMdata to Host Free Webinar on Systems Modeling and Simulation


 この無償の啓蒙・情報共有目的ウェビナー (free educational webinar) は、SMSトレーニングが組織のエンジニアリングの成熟度を向上させる上で果たす役割に焦点を当てています。 

 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される無償の啓蒙・情報共有目的ウェビナー (free educational webinar)  "Education: Driving Systems Modeling and Simulation Understanding & Adoption (教育:システムモデリングとシミュレーションの理解と採用が加速) " を発表します。このウェビナーは、2021年2月25日木曜日の午前11時 (EDT - 米国東部時間) に開催され、1時間の予定です。

 昨年7月のウェビナーで、私たちはシステムモデリングとシミュレーション (SMS) を紹介しました。提示されたアプローチは、便益、要件、プラットフォーム、プログラム、プロジェクト、システム定義、製品構造、ライフサイクル、および構成管理機能を包含した一般的なシステムズエンジニアリングおよび製品データモデル (Model-Centric Systems Engineering) を活用しました。これらは、成熟度レベルをモデル化するより高いシステムに到達するために必要な主要なイネーブラーであり、順序立てて、企業がサービスを提供する業界内で高い競争力ある地位に到達し、維持するのに役立ちます。 

 取り巻くエコシステムとその文化および習性・行動を活用し、適切にリンクする必要があることを認識することが重要です。SMSとその要素に関するナレッジは、ビジネス全体のデジタルトランスフォーメーショのイニシアチブの一環にするための鍵です。このウェビナーは、SMSの採用を加速し、その可能性を最大限に発揮しながら、組織のエンジニアリングの成熟度を向上させる上で、明確に定義され実行されたSMSトレーニングおよび認定プログラムが果たす役割に焦点を当てています。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します: 

  • シミュレーション主導のシステムエンジニアリング環境が引き起こす開発の課題を理解する。
  • 教育が組織のエンジニアリングの成熟度をどのように改善するかを理解する。
  • SMS教育がビジネス全体のデジタルトランスフォーメーションにどのように役立つかを理解する。
  • CIMdataおよびSMS_ThinkTankが提供するSMSトレーニングおよび認定プログラムについて学ぶ。

 SMS_ThinkTankのCEOであり、このウェビナーのホストの1人であるエド・ラジンスキー (Ed Ladzinski)によると、“多くの企業では、経営幹部、マネージャー、実務家は、今日のテクノロジーの急速なペースとそれが組織やプロセスに与える影響に圧倒されています。通常、企業は、社のデジタルトランスフォーメーションのニーズが特定して明確にする前に、ソリューションプロバイダーを調査することを決定し、その結果、‘出だしのつまずき (false starts)’ が発生します。私どもは、これらの課題に対処するためにこのSMSトレーニングと認定プログラムを提供し、切望されている変革を受け入れる努力を和らげます。”

 このウェビナーでは、SMSの教育を活用する方法について役立つガイダンスを提供します。 組織内の複数のレベルの人々は、適切で価値のある情報を手にするでしょう。エンジニアリングエグゼクティブ、シミュレーション主導プロジェクトを担当する上級管理職と中間管理職、CAEとシステムエンジニアリングの領域専門家 (SME) と実務家、エンジニアリング向けのITサポートアナリストなどが対象です。

 詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-education-driving-systems-modeling-and-simulation-understanding-adoption
をご覧ください。

 このウェビナーの登録は、
https://register.gotowebinar.com/register/3814466832320896016
にアクセスしてください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社