2021.6.24:CIMdata、PLM業界レビュー&トレンドレポート (PLM Industry Review &Trends Report) を刊行


CIMdata Publishes PLM Trends Market Report


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、 CIMdata 2021 PLM Market Analysis Report (MAR - CIMdata 2021年度 PLM市場分析レポート) シリーズの5分冊の第2分冊である CIMdata PLM Industry Review and Trends Report (CIMdata PLM業界レビュー&トレンドレポート) のリリースを発表しました。MARシリーズは、2020年の全世界のPLM市場の詳細な情報と綿密な分析を提供するものです。それには主要なトレンドと課題、リーディングPLMプロバイダーの収益、地理的地域、産業セクター (業種) に関する収益分析、市場成長についての過去のデータと予測されるデータの分析を含みます。

 2021年のPLM業界レビューおよびトレンドレポートは、“Resilience in the Face of Crisis: Bouncing Forward (危機に直面した際のレジリエンス:より望ましい方向に立ち直る)” に焦点を当てています。 2020年に向けて、PLMエコノミーはまたもや好調な年を迎えようとしていました。スマートコネクテッド製品のような包括的なトレンド、 デジタルトランスフォーメーション、またインダストリー4.0はなどは、今後5年間およびそれ以降の強力な見通しに貢献していました。

 その後、COVID-19パンデミックが世界を襲い支配しました。商取引活動は止まることはありませんでしたが、大きな変化となりました。航空会社やサービス業などの一部業界では、すぐに痛みが見られ、それは効果的なワクチンが広く利用できるようになるまで長引くでしょう。ライフサイエンスやヘルスケアは以前から重要で成長していましたが、COVID-19は、危機に対処するためにビジネスの変更をいつも通りに要求しました。案内標識やレーベルを制作する会社は、誰もが6フィート (または2メートル) の世界をナビゲートするための新しい標識・看板を制作するために急増しています。確かに、昨年のサプライチェーンのレジリエンスの欠如を考えると、今や世界中のより多くの人々が “サプライチェーン”  というフレーズを痛烈に理解しています。世界のより多くの人々は、 今では当たり前のことであり、企業は現在、主にリモートの働き手をサポートするためのテクノロジーとビジネスプロセスのインフラを提供することに躍起になっています。

 PLMエコノミーは、このシナリオの準備に過去20年以上の多くを費やしてきたという主張も成り立つものです。お題目 (mantra) は、遠く離れているバリューチェーン全体でシームレスなグローバルコラボレーションを可能にすることでした。今年のトレンドレポートの焦点は、PLMエコノミー (PLMのソフトウェアおよびサービス会社とそれらをサポートする投資会社) のレジリエンス、そしてパンデミックに直面した産業界のクライアントのレジリエンスです。例は、ソフトウェアおよびサービス会社や大手産業界の企業を対象とした主な調査から導き出されます。

 このPLM Industry Review and Trends Reportは、リリースされるCIMdata2021市場分析レポートシリーズの5つのモジュールの最初のものです。MARシリーズは、2020年の世界のPLM市場に関する詳細情報と詳細な分析を提供するものです。主要なPLMプロバイダーの収益、地理的地域、業種、および市場成長に関する履歴と予測データの収益分析など、主要なトレンドと課題の分析が含まれています。

 The CIMdata PLM Market Analysis Report (CIMdata PLM市場分析レポート)シリーズは、以下の5つのモジュールにてパッケージングされています:

  1. The CIMdata 2020 Executive PLM Market Report (CIMdata 2020年度 エグゼクティブ PLM市場レポート) は、CIMdataのグローバル分析の全体のオーバービューを提供するものです。これには、2020年度に於けるPLM市場の投資の統計、2021年から2025年までの投資予測、また2020年度のPLMソリューションプロバイダーの実績のサマリーを含みます。
  2. The CIMdata 2021 PLM Industry Review and Trends Report (CIMdata 2021年度 PLMインダストリー・レビュー&トレンド・レポート) は、主に数値をベースにした (定性化) ものであり、ソリューション・プロバイダー及びエンドユーザー組織のグローバルなPLMエコシステムが直面している重要課題にフォーカスをしています。2020年に発生した変化を着目し、これら変化の短期あるいは中期での影響、また今後数年に関してハイライトします。
  3. The CIMdata 2021 PLM Market and Solution Supplier Provider Analysis Report (CIMdata 2021年度 PLM市場&ソリューション・プロバイダー分析レポート) は、ツール、cPDm、またデジタルマニファクチャリングを含み、2020年に於けるPLM市場全体とその重要なセグメントについての規模や予測を詳しく解説します。ツールセクションには、MCAD、NC、S&A、EDA、AECなどを含むサブセグメントの詳細な解説を含みます。さらに、2021年から2025年までのそれらセグメントとサブセグメントのPLMソリューションプロバイダーの収益についてのCIMdataの推定値を含みます。
  4. The CIMdata 2021 PLM Market Geographic Analysis Report(CIMdata 2021年度 PLM市場地域分析レポート) は、主要な地域での2020年度の市場の結果についてのさらなるレビューを提供します。CIMdataの2021年のPLMおよび主要なPLM市場セグメントの推定値と市場予測は、南北アメリカ、EMEA、およびアジア太平洋地域向けに提供されています。さらに、レポートには、特定の欧州ならびにアジア太平洋地域の国々と地域の中のcPDmセグメントについての推定値と予測を含みます。
  5. The CIMdata 2021 PLM Market Industry Analysis Report(CIMdata 2021年度 PLM市場インダストリー分析レポート) は、2020年度の市場の業種別 (industry segmentation) の状況について提供します。CIMdataのPLMならびにPLM市場セグメントへの2020年の推定値と市場予測について、10の業種 (航空宇宙と防衛 (aerospace and defense) ;自動車と運輸関連 (automotive and other transportation) ;電子/通信 (electronics/telecommunications) ;組立 (fabrication and assembly) ;プロセス - 包装製品 (process - packaged goods);プロセス - 石油化学製品 (process - petrochemical) ;諸設備・施設 (utilities) ;また建設/インフラ/造船 (construction, infrastructure and shipbuilding) ) に対して提供されます。

 CIMdata PLM Market Analysis Report (CIMdata PLM市場分析レポート ) シリーズは、5分冊セット、あるいはそれぞれ単体で購入出来るようにしております。MARの一部は、CIMdata PLMコミュニティメンバーシップの一環として入手できます。レポートならびにより詳細な内容および価格情報とコミュニティ・メンバーシップ については、www.cimdata.com にて。(または、弊社まで)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社