2021.5.19:CIMdata、ホワイトペーパーを刊行:アジャイル開発:航空宇宙を防衛産業のサポートする


CIMdata Publishes White Paper: “Agile Development: Supporting the Aerospace & Defense Industry”


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、航空宇宙&防衛 (A&D) 製品開発にアジャイルアプローチを適用することの理論的根拠、実現可能性、および潜在的な便益を説明する新しいホワイトペーパーの発刊を発表しました。このホワイトペーパーでは、A&D製品開発のドライビング特性、アジャイル製品開発アプローチの概要、ある企業がA&Dにアジャイル開発を適用した方法の実例、およびSiemens Digital Industry Softwareのテクノロジーとソリューションがこのアプローチをどうように可能にするかについて概説するものです。

 A&D製品とシステムは非常に複雑で、耐用年数が長く、過酷で要求の厳しいさまざまな環境で機能する必要があります。これらの製品とシステムは、一般に、材料、電子機器、ソフトウェア、機能、速度、流体の流れなどの分野で利用可能なテクノロジーとデザインの境界を拡大します。さらに、多くのA&D製品は高度に規制されており、あらゆるタイプの製品の故障が壊滅的な結果につながる可能性がある極端な動作条件にさらされることがよくあります。このような複雑さのために、A&Dの開発サイクルは規則に従った形式的 (たとえば、 ウォーターフォール型開発パラダイムにおける主要なステージゲートの使用) で長期的なものになっています。米国国防総省 (The United States DoD) は、加速的かつ段階的な開発および取得プロセスの必要性を認識しており、現在、これらの目標を達成するためのパラダイムシフトイニシアチブを実装しています。

 CIMdataのExecutive Consultantであるケン・アーマン (Ken Amann) は、次のように述べています。「開発プロセスを改善するために、A&D企業は、プロセスの定義、有効化、および実行においてデジタルトランスフォーメーションを成し遂げる必要があります。伝統的な製品開発パラダイムは、ミッションの範囲と市場の需要の変化に応じて、より高い柔軟性と応答性を提供するより現代的で機敏なアプローチに替わりつつあります。アジャイル開発は、変化に対応した反復的かつ漸進的なプロセスであり、開発の全体的なコストと期間を削減するようにデザインされています。SiemensのA&D向け製品設計およびエンジニアリングデジタルスレッドソリューションには、A&D企業がよりデジタル化されたプロセスに移行し、今日の複雑さと難しい課題に対処するためのより機敏な製品開発環境を確立するのを支援するために必要なツールとテクノロジーが含まれています。」

 ホワイトペーパーのダウンロード:https://www.cimdata.com/en/resources/complimentary-reports-research/white-papers

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社