2020.12.24:The “M” in MBx - A Complimentary CIMdata Educational Webinar with John MacKrell, Chairman, CIMdata


開催:2021年1月14日 米国東部時間:午前11時
    (14 January 2021, 11:00 EST | 08:00  PST | 17:00 CET)

 次のステートメントは、あなたと貴社組織にどの程度馴染みがありますか?

  • “M” を3DCADモデルであると考えると、MBxの価値が人為的に制限されてしまうが、定義を拡張すると、システムズエンジニアリングでサポートされるモデルベースの戦略を実行する価値が高まる。
  • マルチドメインの問題は、製品がより複雑になるにつれて徐々に発展し、急速に増加している。
  • 多くの場合、人々は部分的なモデルや不完全なモデルのみで決定を下している。
  • 製品関連のモデルは、関連するビジネスモデルにつながっていない。

 多くの人は、“Model-Based everything (モデルベースのすべて) ” の “M” の意味を、3D製品設計モデル (つまり、メカCAD) ともっぱら同一視することによって人為的に制限しています。実際には、多くのモデルが、非常に低い忠実度 (0Dおよび1D) から非常に高い (3D&4D) まで、複数のドメイン(メカ、エレ、ソフトウェア、組込制御、物理学、運用、環境など)にわたるモデルベースのイニシアチブに貢献しています。これらの製品定義モデルに加えて、重要なリソースや規制 (例えば、バッテリー用のリチウム) の製品計画および意思決定支援モデルが、製品ライン全体に適用される場合があります。それは、組織が開発している製品の種類に関係なく、それぞれが適切なタイミングで適切なコンテキストで製品情報のデジタルスレッドに貢献することで、必要に応じて、連続体を形成していることが重要です。同様に重要なのは、企業の観点からMBxを検討する場合、モデルには、財務、製品ポートフォリオ、およびその他のビジネス構造を含めることもできることです。

 このウェビナーでは、マルチフィデリティ、マルチドメインモデルを検討することの重要性と、“M” をCADモデルのみに同一視する問題について説明します。

 学ぶ点は?

  • MBxのドライバーを明らかし、それらがモデルベースの製品開発プロセスおよび組織のエンドツーエンドの製品ライフサイクル管理戦略にとって何故重要であるかを学ぶ。
  • 皆さんの組織にMBxの広範なビューの価値を伝えることができる。
  • MBxとPLMの関係を理解し、これらが何故デジタルスレッドとデジタルツインに影響を与えるかを知る。
  • モデルベースのイニシアチブは、これら重要な市場ドライバーが新製品に確実に対応できるようにするために、フォーム、フィット、ファンクションの3つすべてを何故カバーする必要であるかを確かなものにする。
  • 製品定義のライフサイクル全体を通じて、MBxの価値を人々が如何に理解するかの理解を深める。
  • 図面や3Dモデルのトラッキングだけでなく、何がモデルベースのイニシアチブを構成するかを明確に把握する。
  • 貴社のビジネスが情報モデルでどのように運営されているかをよりよく理解するようにする。

 参加すべきは?

 モデルベースの適用過程のどの段階にいても、このウェビナーはタイムリーで有益なものになります。MBxの拡張ビューが、如何に組織とそれが開発する製品に大きなプラスの影響を与えるかの有用なガイダンスを提供します。参加者は組織の多くの様々な部門からと考えます。MBxは部門の枠を超えており、製品の設計、製造、サービス、その他の下流の製品プロセス、および製品の運用に影響を与えます。

 複数のレベルでの人々は、適切で価値のある情報を見つけることになるでしょう:上級&中間管理職、PLMチームの関係者、PLMユーザー (エンジニア、製造計画担当者、設置およびサービス担当者など) 、IT - 組織が製品ライフサイクル全体で製品定義を作成して伝達によって影響を受ける人々。

詳細情報:https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-the-m-in-mbx 
登録:https://register.gotowebinar.com/register/1618139579280128272 

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社