2020.10.6:CIMdata、Advanced Machine Engineeringに関するペーパーを刊行


CIMdata Publishes Advanced Machine Engineering papers


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、 “Advanced Machine Engineering Transforming the Machine Building Industry (機械メーカーを革新するAdvanced Machine Engineering) ” というタイトルのホワイトペーパーと3つの関連する解説 (“Multi-Disciplinary Design: Capturing and Managing All Design Disciplines Holistically” 、 “Configuration Management: Configuration Integrity is a Core Driver for Business Success” 、 “Virtual Commissioning: Achieving a Flawless Launch" ) の刊行を発表しました。

 機械 (Machines) が複雑になるにつれ、機械および機器の製造業者は、顧客が要求するコスト、品質、タイミング、および機能要件を満たすのに苦労することがよくあります。マシンアプリケーションは、工作機械や工業生産設備から食品加工、材料加工および取扱い、ロボット工学など含みすべての業界を網羅しています。機械装置 (Machinery) の複雑さは、これらの複雑になったデバイスを設計するために必要となる幅広いドメインによって増加しています:すなわち、機械・機構的、油圧、空気圧、電気、電子、およびソフトウェアなど;そしてドメイン間の相互作用;顧客のニーズをクリアするために機械メーカーが採用しているさまざまなビジネスモデル;見込生産 (BTS - Build-to-Stock) 、受注仕様生産 (CTO - Configure-to-Order) 、および注受注設計生産 (ETO - Engineer-to-Order) を含みます。

 それらの製品のライフサイクル全体を完全にサポートするには、コンセプトから役目を終える(retirement) までのライフサイクル全体でデータをつなぐデジタルスレッドが必要です。これは複雑さが増すにつれて特に当てはまります;すなわち、データが適切で間違いなく構成され、その整合性が保証されていることを確実になっていることです。明確で簡潔で妥当性あるデータ (clear, concise, and valid data) により、製品シミュレーションや仮想試運転などのような高度なビジネスプロセスは、物理的な試運転中のコストとリスクを軽減し、機械メーカーと顧客の収益性を向上しながら、製造前に製品の妥当性の確認をできます。

 これらのペーパーでは、複数領域での設計、コンフィグレーションマネージメント、および仮想試運転をサポートすることにより、機械メーカーがその有効性を向上させるのに役立つソリューションスイートの必要性と特徴についてを定義しています。Siemensは、高度なマシンテクノロジーの大手プロバイダーであり、また主要なユーザーでもあります。同社の高度な機械工学ソリューションは、機械製造業界が直面する問題の解決策として紹

 CIMdataの会長であるジョン・マックレル (JohnMacKrell) は、“CIMdataは、Mechatronics Concept Designerを使用して設計を迅速に開発し、包括的なデジタルツインを介して仮想試運転をサポートする能力を備えたSiemens Advanced Machine Engineeringソリューションが、機械メーカーの製品ライフサイクルに大きなプラスの影響 (つまり、品質、収益性、および市場投入までの時間を改善する) を与える可能性があると考えています。 機械メーカーのサポートに加えて、Siemens Xceleratorポートフォリオは、完全なバリューチェーンのエンドツーエンド統合へのサポートを提供するために活用できます。” と述べています。

 Advanced Machine Engineeringの詳細とペーパーのダウンロードは、
https://www.plm.automation.siemens.com/global/en/resource/paradigm-shift-advanced-machine-design/88134
にアクセスください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社