2020.9.30:CIMdata、”エンタープライズアプリケーションアーキテクチャを変革する" 関する無償ウェビナーを主催


CIMdata to Host a Free Webinar on Transforming your Enterprise Application Architecture


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される無償の啓蒙・情報共有目的ウェビナー (free educational webinar) “Transforming your Enterprise Application Architecture (エンタープライズアプリケーションアーキテクチャを変革する) “ を発表します。このウェビナーは、2020年10月22日 木曜日の午前11時(EDT)に開催され、1時間の予定です。

 組織は、機能の観点からプロセスと機能要件を明らかにして特定し、固有のアプリケーション領域のドメインを配置するアプリケーションマップを展開する必要があります。CIMdataのEnterprise Application Architecture™モデルは、デジタルトランスフォーメーションをサポートするために組織の包括的なエンタープライズアプリケーションアーキテクチャを評価、定義、そして磨きをかけて改良する能力を提供します。エンタープライズアーキテクチャは、組織のビジネスならびにテクノロジープラットフォームによって定義および方向付けされる情報能力の観点から表現されています。このコンテキストでは、情報能力は、ビジネス機能を実行するために使用されるプロセスとテクノロジー (すなわち、機能的な能力) です。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します:

  • エンタープライズアプリケーションアーキテクチャがデジタルトランスフォーメーションを如何に定義して可能にするかを理解する
  • エンタープライズアプリケーションアーキテクチャのイニシアチブをどのように開始するかを理解する。
  • エンタープライズアプリケーションアーキテクチャを如何にロードマップ化し、ロードマップについて如何にエグゼクティブの "賛同" を得るかを学ぶ。
  • 社のプリケーションの成熟度の状態を見極めるためにエンタープライズアプリケーションアーキテクチャモデルを使用
  • 社の組織のデジタルトランスフォーメーションの次なる工程 (journey) へのサポートにエンタープライズアプリケーションアーキテクチャを如何に活用するかを認識する。

 CIMdataの社長兼CEOであり、このウェビナーの主催者でもあるピーター・ビレロ (Peter Bilello) によれば、"ほとんどの企業にとって、エンタープライズアーキテクチャは、数十年とまではいかなくても長年にわたって実行された複数の分断あるいは半接続状態のイニシアチブの結果であり、複数のパズルからの不一致部分の集まりを反映するエンタープライズおよびデスクトップアプリケーションのパッチワークの結果によるものです。今日のデジタルトランスフォーメーションのイニシアチブには、全体的でインテグレーションされたアプリケーションアプローチが必要であり、すなわち、事業の戦略的なビジネス目標をサポートし、投資収益率を最大化することです。CIMdataのEnterprise Architecture Application™は、この戦略的ニーズをサポートするために、長年にわたって開発および改良したものです。"

 本ウェビナーは、製品開発を担当するCIO、経営幹部、取締役、マネージャー;製造、品質、またはデータガバナンスに関与する皆さん;PLMチームリーダーとそのチームメンバー;プロダクトマネージャー、ITチーム、ソリューションプロバイダー、そしてエンタープライズアプリケーションアーキテクチャについて学びたい方誰でもを含む幅広いみなさんに有用です。

 ウェビナーの参加者は、議論されたトピックについて質問する機会があります。詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-transforming-your-enterprise-application-architecture
をご覧ください。このウェビナーの登録は、
https://register.gotowebinar.com/register/303461219541860622
にアクセスください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社