2020.8.25:CIMdata、製造業のコラボレーションのモデルとしての航空&防衛 PLM Action Groupの活用を無償ウェビナー主催


CIMdata to Host a Free Webinar on Using the Aerospace & Defense PLM Action Group as a Model for Industry Collaboration


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される無償の啓蒙・情報共有目的ウェビナー (free educational webinar) “The Aerospace & Defense PLM Action Group as a Model for Industry Collaboration (製造業のコラボレーションのモデルとしてのAerospace&Defense PLM Action Group) ” を発表します。このウェビナーは、2020年9月24日木曜日の午前11時(EDT)に開催され、1時間の予定です。

 主要な航空宇宙および防衛 (A&D) 企業は、数十年に及ぶ個別の行動を経て、共通のPLMの悩みは共同した行動を通じて改善するのが最善であると判断しました。これらの企業が集まり、A&D PLM Action Groupを構成しました。参加者 (社) の目的は、競争とイノベーションを抑圧することではなく、一般的な問題への不要な支出を減らすことにより、イノベーションに利用できるリソースを増やして、支出の内容を変えることです。そして、声と一つにしてPLMソリューションプロバイダーに問いかける力を発揮するためのものです。

 長年にわたり、A&D PLM Action Groupは複数のプロジェクトにリサーチレポート、方向性に関する声明文 (direction statements) 、ポジションペーパーの発行に資金を提供し、スタッフを配置してきました。これらの出版物は一般に公開されており、グループのウェブサイト ad-pag.com を通じて数千もの人々がダウンロードしています。プロジェクトの例には、陳腐化管理 (obsolescence management) 、デザインチェーンとサプライチェーンのコラボレーション、開発から製造、サービスまでのデジタル製品定義のフロー、製品コンフィグレーションのマルチビューの管理などがあります。

 このウェビナーの前提は、他の業界のPLMユーザー企業が同様のフラストレーションを経験しているかどうかを認識し、もしそうであれば、これらのA&D企業が採用した強調的アプローチ (cooperative approach) は適切な救済策になるのではないでしょうか?このウェビナーでは、まずA&D PLM Action Groupのミッションと運用モデルをレビューします。その後、グループのプロジェクトワークストリームの進化をたどり、これまでに達成された成果をレビューし、将来に目を向けます。最後に、同様の協調的アプローチが業界で機能するかどうかを自己評価するためのガイドと、興味がある場合の推奨手順を示します。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します:

  • 継続しているPLMの悩みの改善のペースが遅いことへの不満が業界横断で共有されていることを理解する。
  • PLMの持続性に対する持続的な問題点とバランスの取れていない支出がイノベーションの損失になり、少なくとも1つの主要業界でのコラボレーションにより、うまく対処されていることを理解する。
  • PLM関連のコラボレーションが皆さんの業界で適切なアプローチであるかどうか、そしてそうである場合に進めるステップなど、見極めに向けてその特徴を学ぶ

 CIMdataのAerospace&Defense Practiceのディレクターであり、このウェビナーの主催者であるジェームス・ロシェ (James Roche) によると、”創設以来、グループの使命はほとんど変わっていませんが、メンバーの目標は年々成熟し、進化してきました。1年目は、一般的な共通な悩みのリサーチに重点が置かれました。2年目に、メンバーは同僚としてソリューションプロバイダーを招待し、コンテンツを提供してプロジェクトの作業成果物をレビューしました。この取り組みは、デジタルスレッドやOEMのサプライチェーン内の知的財産の保護などの戦略的トピックスについて話し合うための年次ジョイントセッションへと発展しました。その後の数年間、メンバーはマルチビューの部品表などのトピックスについて、ジョイントワークショップを含むプロジェクトチームのフルメンバーとして参加するよう、選ばれたTier 1サプライヤーを招待しました。メンバー間のコラボレーションは印象的であり、メンバーとPLMソリューションプロバイダー、さらにはPLMエコシステム全体に多大な便益をもたらしています。"

 ロシュ (Roche) 氏は、製品開発および製造プロセスのトランスフォーメーションとITイネーブルメント において35年以上の経験を有しています。CIMdataに入社する前は、 CSC Consultingや A.T. Kearney.のPLMプラクティスマネージャーをしておりました。私はまた、EDSに在籍し、General Motorsのglobal engineering systemsのチーフアーキテクトおよび戦略的サプライヤー契約のヘッドテクニカルネゴシエーターを務めました。

 本ウェビナーは、PLMプログラムとプロジェクトマネージャー、PLMプログラムプランナー、製品エンジニアリングプロセスとツールの意思決定者、製造エンジニアリングプロセスとツールの意思決定者、サービスエンジニアリングプロセスとツールの意思決定者、企業の戦略プランナー、企業のITプランナー、PLMソフトウェアとサービスプロバイダー、および本トピックスを学びたい学びたい皆さんに有用です。

 ウェビナーの参加者は、議論されたトピックについて質問する機会があります。詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-the-aerospace-defense-plm-action-group-as-a-model-for-industry-collaboration
を参照、このウェビナーの登録は、
https://register.gotowebinar.com/register/629001323756947726
にアクセスください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社