2020.7.1:CIMdata、PIMを活用してリモート作業をサポートに関する無償ウェビナーを開催


CIMdata to Host a Free Webinar on Using PLM to Support Remote Working


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される無償の啓蒙・情報共有目的ウェビナー "Managing Disruption: Using PLM to Support Working from Home (混乱・分断 (Disruption) への対処:PLMを活用した在宅勤務サポート) " を発表します。このウェビナーは、2020年7月23日木曜日の午前11時 (EDT - 米国東部時間) に開催され、1時間の予定です。

 2020年はこれまでのところ困難な年となりました。COVID-19のパンデミックの直接的な影響は、重要ではないビジネスを停止・閉鎖し、現場にいなくても、自宅からおおよそはリモートで作業する働き手を必要とすることでした。製品のライフサイクル関連の活動には常に人、プロセス、そしてテクノロジーの諸課題がありますが、多くの場合、COVID-19のシャットダウンによって引き起こされる混乱・分断 (Disruption) は極端なものでした。

 CIMdataを含む多くのアナリストは、リモート作業をサポートし、職場の混乱・分断 (Disruption) の影響を最小限に抑える他の形態の柔軟性を可能にするその能力により、デジタライゼーションデジタルトランスフォーメーションの優先順位を高くすると予測しています。本ウェビナーでは、CIMdataが、ソリューションプロバイダーや産業界の企業から、各社が対処しなければならない課題のいくつかについて聞いたことや各社が前に進むために何をしているのかについて議論します。また、危機を利用してPLM関連の変更に対する幹部からのサポートを如何に得るかについても説明します。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します:

  • 混乱・分断 (Disruption) が発生した場合の成功戦略について学ぶ。
  • リモート作業が産業界の企業にどのように影響するか、企業が課題を如何にして軽減するかを学ぶ。
  • ソリューションプロバイダーがリモートでの作業に対処するために行っている変化について聞く。
  • 今後1〜3年間で予想されるPLM対応テクノロジーの変化についてさらに学ぶ。
  • 必要な変化へのサポートを得るために危機を利用するためのいくつかの戦術を学ぶ。

 CIMdataのPLM Enterprise Value and Integrationのプラクティスマネージャーであり、このウェビナーの主催者であるトム・ギル (Tom Gill) によれば、"私たちは興味深い時代に生きています。2020年の順調とはいえないスタートでしたが、少なくともしばらくの間、企業の運営方法に大きな構造的な変化が進むようです。堅実なPLM戦略は、混乱・分断 (Disruption) への対処に役立ちます。2020年にこれまでに何が起こったかに関する知識を利用することで、必要とするPLM戦略とロードマップの変更を明確にし、それらのサポートを得ることができます。”

 トム・ギル (Tom Gill) は、エンジニアリングと製造に関するコンピューターベースのソリューションの適用に25年以上の経験を有しています。CIMdataに入社する前は、大規模の製造企業で20年以上勤務した後、独立したPLMコンサルタントとして働いていました。ギル氏は、製造&組立て、食品&飲料、防衛、化学、医療機器など、さまざまな業界のプロジェクトに携わってきました。氏は、PLM戦略プロジェクト、ソリューション評価や選択プロジェクト、導入計画、および産業界企業のクライアント向けのトレーニング開発を実施してきました。

 本ウェビナーは、製品の開発、製造、品質、およびサービスを担当する方を対象としています;PLMチームリーダーとチームメンバー。 製品マネージャー、ITリーダー、スタッフ。 ソリューションプロバイダー;disruptionが発生した際にPLMを如何に管理するかについて学びたい人どなたにでも。

詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-managing-disruption-using-plm-to-support-working-from-home
をご覧ください。
このウェビナーに登録するには、
https://register.gotowebinar.com/register/9024792946405621771
にアクセスしてください。

お知らせ:ウェビナーは米国時間東部時間帯で開催されます。日本では深夜の時間帯になります。しかし、ご登録いただくことで終了後もお好きな時間にレコーディングを視聴可能です。ぜひ、日本国内の皆さまにおかれてもうまくご活用されることお奨めします。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社