2020.6.16:CIMdata、PLM業界レビュー&トレンドレポート (PLM Industry Review &Trends Report) を刊行


CIMdata Publishes PLM Trend Report 


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、 CIMdata 2020 PLM Market Analysis Report (MAR - CIMdata 2020年度 PLM市場分析レポート) シリーズの5分冊の第2分冊である CIMdata PLM Industry Review and Trends Report (CIMdata PLM業界レビュー&トレンドレポート) のリリースを発表しました。MARシリーズは、2019年の全世界のPLM市場の詳細な情報と綿密な分析を提供するものです。それには主要なトレンドと課題、リーディングPLMプロバイダーの収益、地理的地域、産業セクター (業種) に関する収益分析、市場成長についての過去のデータと予測されるデータの分析を含みます。

 2020年度のPLM Industry Review and Trends Reportは、"Products, Smartly Connected (つながるスマート製品) " に焦点を当てています。過去30年間でコンピュータは、処理能力が向上し続け、コストの低減で使用できるメモリーは増え続け、大きな進歩が見られます。組込型ソフトウェアを備えた初期の製品は、航空宇宙&防衛アプリケーション向けに開発され、通常は、専用ハードウェア上の専用アプリケーションとして提供されていました。安価なコンピューティング、センサー、そしてユビキタスネットワーキングの出現により、より多くのアプリケーションでスマートコネクティッド製品が経済的に実行可能になりました。現在、多くの製品では、顧客価値の大部分はソフトウェアを介して提供されます。最近のCIMdataのリサーチでは、スマートコネクティッド製品はさまざまな業界の製造業の成功にとってますます重要になっています。96%は、スマートコネクティッド製品が社の市場での成功にとって重要あるいは非常に重要であると述べています。

 これらの製品がスマート且つコネクテッドであるには、産業界の企業は、電気および電子設計 (場合によってはチップまで) およびソフトウェア開発を含むように、製品ライフサイクル管理の戦略及び実装を拡張する必要があります。これらの各分野には、異なったツール、開発および管理プロセス、そしてタイムスケールがあります。弊社のリサーチや業界でのコンサルティングの経験に基づいて、産業界のほとんどの企業はせいぜい、製品開発で事前に定義されたマイルストーンで必要な作業成果物の生成に、サイロ化された開発スレッドを細かく準備・調整しているに過ぎません。本当の意味での “真の単一情報源 (single source of truth) ” は、それぞれが各分野の独自のデータおよびプロセス管理のソリューションに引き込もり、ひいき目に見ても論理的に単一であるにすぎません。

 部品表 (BOM - The bill of material) は、製品データ管理が始まって以来その中核でした。製造BOMを作成するためにエンジニアリングBOMを変換する必要があり、つぎに、“as-“ BOMsに、つまり、as-manufactured BOM (製造した状態) 、 as-installed BOM (設置した状態) 、またas-maintained BOM (保守した状態) などに変換する必要があります。より多くの企業がサービスとしての製品 (product-as-a-service) 戦略を追求するにつれて、すでに定着しているBOMから始めて、as-maintained BOM (保守した状態) を管理することは、サービスレベル契約 (SLA) を実現するために不可欠です。ある種の企業は、進化・発展している製品でデジタルツインを展開し、シミュレーションを使用して障害そして適切な保守且つ/または改善のアクションの評価・判断にそれらを同期させようとしています。

 本レポートでCIMdataは、製品開発の初期段階から始めて、アイデアから製品ライフ全体の開発、製造、展開、そして保守の問題を探究し、PLMエコノミーがよりスマートでコネクテッドな未来へと移行するのに役立つ例とガイダンスを提供します。

 本PLM Industry Review and Trends Report (PLM業界レビュー&トレンドレポート) は、The CIMdata 2020 Market Analysis Report (MAR - CIMdata PLM市場分析レポート)シリーズの5つのモジュールの第二分冊となります。MARシリーズは、2019年度 (暦年) の全世界のPLM市場の詳細な情報と綿密な分析を提供するものです。それには主要なトレンドと課題、リーディングPLMプロバイダーの売上、地理的地域、産業セクター (業種) に関する収益分析、市場成長についての歴史的なデータと予測されるデータの分析を含みます。

 The CIMdata PLM Market Analysis Report (CIMdata PLM市場分析レポート)シリーズは、以下の5つのモジュールにてパッケージングされています:

  1. The CIMdata 2020 Executive PLM Market Report (CIMdata 2020年度 エグゼクティブ PLM市場レポート) は、CIMdataのグローバル分析の全体のオーバービューを提供するものです。2019年度に於けるPLM市場の投資の統計についての重要なるチャート、2020年から2024年までの投資予測、また2019年度のPLMソリューションプロバイダーの実績のサマリーを含みます。
  2. The CIMdata 2020 PLM Industry Review and Trends Report (CIMdata 2020年度 PLMインダストリー・レビュー&トレンド・レポート) は、内容は主に数値をベースにした (定性化) ものであり、ソリューション・プロバイダー及びエンドユーザー組織のグローバルなPLMエコシステム (販売の形態やチャネルなどの意) が直面している重要課題にフォーカスをしています。2019年に発生した変化を着目し、これら変化の短期あるいは中期での影響、また今後数年に関してハイライトします。
  3. The CIMdata 2020 PLM Market and Solution Supplier Provider Analysis Report (CIMdata 2020年度 PLM市場&ソリューション・プロバイダー分析レポート) は、ツール、cPDm、またデジタルマニファクチャリングを含み、2019年に於けるPLM市場全体とその重要なセグメントについての規模や予測を詳しく解説します。ツールセクションには、MCAD、NC、S&A、EDA、およびAECを含むサブセグメントの詳細な解説を含みます。さらに、2020年から2024年までのそれらセグメントとサブセグメントのPLMソリューションプロバイダーの収益についてのCIMdataの推定値を含みます。
  4. The CIMdata 2020 PLM Market Geographic Analysis Report(CIMdata 2020年度 PLM市場地域分析レポート) は、主要な地域での2019年度の市場の結果についてのさらなる見方を提供します。CIMdataのPLMならびに主要なPLM市場セグメントへの2019年度の概算と市場予測について、アメリカ、EMEA、そしてアジア太平洋地域に対して提供されます。さらに、レポートには、特定の欧州ならびにアジア太平洋地域の国々と地域の中のcPDmセグメントについての推定値と予測を含みます。
  5. The CIMdata 2020 PLM Market Industry Analysis Report(CIMdata 2020年度 PLM市場インダストリー分析レポート) は、2019年度の市場の業種別 (industry segmentation) の状況について提供します。CIMdataのPLMならびに主要なPLM市場セグメントへの2019年度の概算と市場予測について、8つの業種 (航空宇宙と防衛 (aerospace and defense) ;自動車と運輸関連 (automotive and other transportation) ;電子/通信 (electronics/telecommunications) ;組立 (fabrication and assembly) ;プロセス - 包装製品 (process - packaged goods);プロセス - 石油化学製品 (process - petrochemical) ;諸設備・施設 (utilities) ;また建設/インフラ/造船 (construction, infrastructure and shipbuilding) ) に対して提供されます。

 CIMdata PLM Market Analysis Report (CIMdata PLM市場分析レポート ) シリーズは、5分冊セット、あるいはそれぞれ単体で購入出来るようにしております。MARの一部は、CIMdata PLMコミュニティメンバーシップの一部として入手できます。レポートならびにより詳細な内容および価格情報とコミュニティ・メンバーシップ については、www.cimdata.com にて。(または、弊社まで

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社