2020.5.27:CIMdata、デジタルスキルのトランスフォーメーションに関する無償ウェビナー開催


CIMdata to Host Free Webinar on Digital Skills Transformation 


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される無償の教育ウェビナー "Digital Skills Transformation: Assessing, Defining & Enabling the Workforce of the Future" を発表します。このウェビナーは、2020年6月25日木曜日の午前11時 (EDT - 米国東部時間) に開催され、1時間の予定です。

 企業の従業員は最も重要な資産です。多くの組織がデジタルトランスフォーメーションイニシアチブに着手していますが、多くは労働力の技能再教育には不十分であり、彼らのスキルの向上はトランスフォーメーションプロセスの一部ではありません。このウェビナーでは、従業員のデジタルスキルの評価 (アセスメント) 、定義、実装、継続的な改善を通じて、CIMdataの35年以上にわたる指導的組織から学ぶ機会を参加者の皆さんに提供します。これらのスキルと反復可能な標準の制作に重点を置くことにより、企業は成長に向けてより良いポジションにあり、従業員の離職率を減らし、テクノロジーとプロセスの変化にうまく対処することができます。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します:

  • 会社固有のデジタルスキルのトランスフォーメーションのフレームワークの要素を理解する。
  • 会社の目標と目的、評価戦略の開発・展開と実行、関連するツールなどの役割含み、デジタルスキル評価 (アセスメント) の必要性と仕組みについて学ぶ。
  • 会社固有のデジタルスキルのトランスフォーメーションの実装ロードマップの重要な要素を理解する。

 CIMdataの社長兼CEOであり、このウェビナーの主催者であるピーター・ビレロ (Peter Bilello) は、"明確に定義されたデジタルスキルのトランスフォーメーションのプログラムは多面的であり、通常、組織的、プロセス、テクノロジー、およびコンテンツに関する考慮すべき事項が含まれます。結果として生じる教育とトレーニングのフレームワーク、実装、およびサポートの仕組みは、通常、いくつかの異なる組織的なプロセスとサポートテクノロジープラットフォームをカバーし、その規模や複雑さに関係なく、企業全体で異なる経験とスキルレベルを適用可能な1つの反復可能な標準に組み込むことです。"と述べ、"このような仕組みが整っていることで、企業は成長を積極的に進め、従業員の離職率を削減し、今日の急速に進化するデジタルの世界で遭遇するテクノロジー的なおよびプロセスの変化にうまく対処できます。" と続けました。

 ビレロ氏は、世界中のリサーチ、エンジニアリング、製造業の組織向けにビジネス対応ITソリューションの開発で30年以上の経験を持っています。氏はPLMの分析、選択、実装、およびトレーニング;CAD / CAM / CAE / CIMの実装と管理;同期およびリーン製造のコンサルティング;ソフトウェアエンジニアリング; 一般的なデータ管理戦略の開発とサポートに関与しています。 彼は、PLM、デジタルトランスフォーメーション、および関連トピックに関する多数の論文と研究レポートを執筆しており、彼の記事、解説、および展望は、南北アメリカ、ヨーロッパ、およびアジアの出版物に掲載されています。

 本ウェビナーは、CDO (最高デジタル責任者)、ビジネストランフォーメンショーンのリード、人事、トレーニング、開発のリード、PLMプログラムマネージャー、デジタルプロセスのオーナー、デジタルツールのオーナー、ソリューションプロバイダー、および本トピックについて詳細に知りたい人を含む幅広い皆さまに役立ちます。

詳細については、
https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/digital-skills-transformation-assessing-defining-enabling-the-workforce-of-the-future
 
にアクセスしてください。 

このウェビナーに登録するには、
https://register.gotowebinar.com/register/4348436952567307275
にアクセスしてください。

お知らせ:ウェビナーは米国時間東部時間帯で開催されます。日本では深夜の時間帯になります。しかし、ご登録いただくことで終了後もお好きな時間にレコーディングを視聴可能です。ぜひ、日本国内の皆さまにおかれてもうまくご活用されることお奨めします。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社