2020.4.1:CIMdata、資本財プロジェクトおよび資本財資産ライフサイク管理 (Capital Project and Capital Asset Lifecycle Management) に関する無償ウェビナーを主催


CIMdata to Host a Free Webinar on Capital Project and Capital Asset Lifecycle Management 


 CIMdata (グローバルなPLMの戦略的マネージメントに関する大手コンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される無償の啓蒙・情報共有目的ウェビナー "Managing the Lifecycles of Large Capital Projects and their Assets" を発表します。このウェビナーは、2020年4月23日木曜日の午前11時 (EDT - 米国東部時間) に開催され、1時間の予定です。

 大規模なプロジェクトベースの製造業者、資源開発業者、施設オーナー/オペレーターは、プロジェクトと資産のライフサイクルスキーマに基づいて、社のオペレーションをデジタルで記述、整理、インスタンス化、そして管理しようとしています。自社の価値創造を行うために これ柔軟にマッピングし、将来的には、"デジタルトランスフォーメーション" イニシアチブでの最も重要な柱になるはずです。

 このウェビナーでは、現在の業界動向の概要を説明し、CIMdataが石油の試掘&生産業界を例に用いて、この進化についてどのように考えているかを共有します。大規模な資本プロジェクトとその下にあるすべての資産を管理することにより、社の事業のデジタルトランスフォーメーションをサポートを模索している石油ならび類似の業界 (ユーティリティ、大量輸送、エンジニアリング/調達/建設、資源抽出) のチームメンバーにとって有意義な時間になると考えます。

 このウェビナーは参加者に以下を支援します:

  • プログラム、プロジェクト、そして資産ライフサイクル管理のベストプラクティスで対応可能であるビジネス上の課題に対する可能性あるソリューションについて学ぶ。
  • 資本プロジェクトのライフサイクル管理と資本財資産のライフサイクル管理が直面する同様のビジネス課題に対する業界横断的なソリューションを紹介。
  • 他社が何をしているか、"私は自分のイニシアチブで目標を達成しているか、それはデジタルトランスフォーメーションにとってどれほど重要か?" の問いについてどのように答えるか、判断する能力を身に付ける。
  • 総合的なデジタルトランスフォーメーションプログラムに影響を与える可能性のある新しいテクノロジーについて学ぶ。

 CIMdataの社長兼CEOであり、このウェビナーの主催者であるピーター・ビレロ (Peter Bilello) によれば、"資産集約型産業は、どの組織も資産を完全にエンドツーエンドのコントロールできない複雑なバリューチェーンに長い間苦闘してきました。これは往々にして資産の開発、利用、保守が不十分であることの結果です。今日のライフサイクル管理ソリューションは、資新しい方法でプロジェクトを実行する古い方法から脱却して、バリューチェーン全体 (すなわちコンセプトから、設計、建設、運用と保守、そして最終的には解体・廃棄まで。) を最適化しようとするより効率的で効果的な方法を産集約的な組織に可能にします。"

 このウェビナーは、ユーティリティ、大量輸送、エンジニアリング/調達/建設、および資源抽出;これらの業界でデジタルトランスフォーメーションイニシアチブを推進する上級IT担当者;探査、開発、エンジニアリング、設備、財務、研究開発、コンプライアンスなどのプロジェクトの実行に直接関与する上級LOBやエンタープライズ部門の担当者;大規模な資本財プロジェクトのライフサイクル管理について学びたい方は誰でもを含む石油および類似の業界の企業プログラムマネージャーおよび関係者を対象としています。

 詳細については、https;//www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-managing-the-lifecycles-of-large-capital-projects-and-their-assets をご覧ください。 

 このウェビナーに登録するには、以下にアクセスしてください。
https://register.gotowebinar.com/register/2025532819985775361

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社