2020.2.25:PLMはなぜそれほど難しいのか? Simple is Best - A CIMdata Position Paper


Why is PLM Often so Hard? Simple is Best – A CIMdata Position Paper


 本ペーパーは、PLMイニシアチブが難しいと見なされ、本来のように実装および使用するのが直感的でない理由のいくつかについて解説するものです。これは何故なのか? それは過剰なエンジニアリングのケースであり、物事を必要以上に複雑にしてないでしょうか? 本ペーパーで、CIMdataはこのトピックを取り上げ、"Simple is Best”である理由を考察します。

 CIMdataの日本の同僚は、"Simple is Best" と言っています。貴方がそれについて考えるとき、どちらかと言えば控えめな発言であるものの、かなり奥の深いものです。それでは、なぜ私たちは必要以上に複雑になる傾向があるのでしょうか?なぜ私たちは常に物事を過度にエンジニアリングする傾向があるのでしょうか?おそらく私たちの生まれ方や教育の受けた方でしょう。あるいは、如何に私たちが賢いかを示す必要性を感じているのかも知れません。理由は何であれ、SIMPLE IS BESTを思い起こす必要があります。

 1998年の Business Week誌へのインタビューで、スティーブジョブズ (Steve Jobs) 氏は、次のように述べています。"それは私のマントラ (真言) の1つであり、つまりフォーカスすることとシンプルであること。シンプルなものは複雑なものよりも難しい場合がある、すなわちシンプルにするには、考えを整理するための努力が必要。しかし、いったんそこに達すれば、山を動かすことができるので、結局それは価値がある”。Appleの速修は氏の要点を証明するもので、つまり、社の成功はしばしば複雑であったものをシンプルな (例えば、直感的にアクセス可能) ものにした結果でした。

 スポーツの世界では、成功したコーチはファンダメンタルズである原理・原則・基本 (つまり、シンプルなコトや基礎) を強調しています。彼らの考えは、もし貴方が無意識に基本をうまくやることができれば、残りは強固な基礎の上に構築されると言うことです。しかし、貴方がファンダメンタルズを考える必要がある場合、あるいはそれらを一貫して実行できない場合、状況がより複雑になったり、ストレスがたまったりしたときは、幸運を祈るのみです。これを考えると、基本をうまく行うことが習慣になっているならば、貴方は複雑さが発生したときにその解決に集中できることです。それでは、PLMのアーキテクトや実装について、なぜ複雑なものを単純にすることが優先事項ではないことが多いのでしょうか?

過剰なPLMのエンジニアリング (The Over-Engineering of PLM) 

 ここからは、“simple is best” が自明である根拠を容易に示すことができます。それでは、なぜPLMは一般的に非常に困難であり、多くの場合、実装および利活用することが本来あるべきほど直感的ではないのは何故でしょう。

フルバージョンのダウンロード
オリジナル英語版:Download Full Position Paper Here (CIMdataサイト)
日本語抄訳版:こちらから必要事項をご記入ください

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社