2019.11.7:CIMdata、PLMエコノミーの現状に関するウェビナー (無償) を開催


CIMdata to Host Free Webinar on The State of the PLM Economy


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、近々開催される無償教育セミナー ”The State of the PLM Economy. (PLMエコノミーの現状) ” を発表しました。ウェビナーは2019年12月12日 (木曜日) 午前11:00(EDT、米国東部標準時)に開催、1時間を予定します。

 ”PLMエコノミー” 、つまり、企業がPLM戦略を追求する際に役立つソフトウェアおよびサービスプロバイダーをまとめたひな形があれば、それは決して退屈な話ではありません。このウェビナーでは、CIMdataの副社長であるスタン・プルジビリンスキー (Stan Przybylinski) が2019年のPLMエコノミーの主要なイベントをレビューし、2020年以降に期待されることについて論じます。

 このウェビナーは出席者に以下について支援します:

  • 2019年暦年のイベントと、それらが市場にどのように影響しているかについての理解を深める。
  • 将来の行動を示唆する可能性のある市場の動きの重要な側面を確認する。
  • PLM市場と主要なPLMソリューションプロバイダーの競争力について理解を深める。
  • CIMdataの支援なしで文書化したり理解するのに何時間もかかる市場の変化に関するクイックアップデートを得る。
  • 社内の意見を補足するために、CIMdataが持つ市場行動を得る。

 ウェビナーホストのスタン・プルジビリンスキーによると、”PLMエコノミーは予想よりも2018年に急速に成長し、2019年まで市場は堅調に推移しました。合併と買収 (M&A) のペースは継続しています。人々がこのダイナミックな市場に対するCIMdataの仕事と意見を高く評価するようになった理由の1つは、それ追随するのがが難しい場合があることです。 このウェビナーは、2019年暦年のPLM市場についての情報を提供する “ワンストップショップ” を提供します。

 プルジビリンスキー氏は、世界中のリサーチ、エンジニアリング、製造業の組織向けにビジネス対応ITソリューションの開発で30年以上の経験を持っています。  氏はフォーチュン100企業と小規模組織の両方でR&D、マーケティング、およびコミュニケーションに携わってきました。 スタンは、CIMdata PLM Market Analysis Report シリーズなど、CIMdataのリサーチ課題を担当しています。氏は、大規模なPLMソリューションの選択、コンサルティング、統合、および実装に直接関与し、PLMソリューションプロバイダーと自動車、航空宇宙、消費財、ハイテクのエンドユーザー、および医療機器産業の組織の両方のプロジェクトに携わってきました。氏は、ヨーロッパ、北米、およびアジアでPLM関連のトピックについて講演してきました。

 このウェビナーは、製品プランナーとマネージャー、製品ポートフォリオマネージャー、PLMチームリーダーとチームメンバー、PLMユーザー、PLMエコノミーに関する最新情報を迅速に入手することに関心のあるエグゼクティブ、製品マネージャー、ITリーダー、ソリューションプロバイダー、財務アナリスト、そして2019年にPLMがどのように進歩し、2020年以降にPLMがどのように進むかについて学びたい人誰でもにも有用です。

 ウェビナーの参加者は、議論されたトピックについて質問する機会があります。 詳細については、https://www.cimdata.com/en/education/educational-webinars/webinar-the-state-of-the-plm-economy-2019にアクセスしてください。 このウェビナーに登録するには、次をご覧ください;
https://register.gotowebinar.com/register/608969308515222275

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社