2019.6.25:CIMdata、シミュレーション&解析市場分析レポート (Simulation and Analysis (S&A) Market Analysis Report ) を刊行


CIMdata Publishes Simulation and Analysis Market Report


 CIMdata (大手グローバルな製品ライフサイクル (PLM) 市場のリサーチとコンサルティング企業) は、CIMdata Simulation and Analysis (S&A) Market Analysis Report (2019 S&A MAR - CIMdata シミュレーション&解析市場分析レポート) の刊行を発表しました。本レポートは CIMdata 2019 PLM Market Analysis Report Serie (CIMdata 2019 PLM市場分析レポートシリーズ) の一部として行われたS&A市場の分析を深掘りするものです。よく知られているPLM MARシリーズは2018年 (暦年中) に世界中のPLM市場に関する詳細な情報と徹底的な分析を提供します。それは主要なトレンドと課題の分析を含み、つまり 大手PLMプロバイダーの収益、また地理的地域、業種別、および市場の成長に関する過去および将来のデータに関する収益分析などです。2019 S&A MARは、世界中のS&A市場の詳細を網羅した40の表とデータチャートを含む100ページにわたるレポートです。また、CIMdataのS&Aセグメンテーションに関する最新情報、S&A業界のトレンドに関するディスカッション、およびS&Aソリューションのトッププロバイダーに関する最新情報も含まれています。

 CIMdataのSimulation-Driven Systems Development (シミュレーション主導型システム開発) 担当プラクティスマネージャであるドン・トール (Don Tolle) 氏は、仮想プロトタイピングおよび検証/検証のための詳細な3Dモデリング、シミュレーション、および解析は、依然としてS&A市場セグメントの大部分を占めていますが、システムレベルの動作モデリング、シミュレーション、および解析は、物理ベースのデジタルツインを活用して製品開発、製造、およびインサービスライフサイクルオペレーションのデジタリゼーションを可能にするための必須のコアコンピテンシーとしてますます認識されています。今日のサイバーフィジカルシステムにおける高度なエレクトロニクスおよびソフトウェアコンテンツのために、製品はますます複雑になっています。3Dプリントやアディティブマニュファクチャリングなどの新機能も、ジェネレーティブデザインなどの革新的な新しいプロセスを可能にすることで、製品デザインや製造に大きな影響を与えています。IoT対応のスマートシステムからの物理ベースのデジタルツインとリアルタイムのデータ分析の出現は、今日の製品のエンドユーザーのみならずこれまでにない要求の厳しい顧客および規制要件を満たす革新的な新製品を開発しなければならないデザインエンジニアに製品性能のナレッジを提供することを約束します。

 「これらの業界の課題 (challenges) を解決するために、製品開発ライフサイクルを通して共有、継続的な改善、および管理が可能な、クロスドメインの『デジタルプロセススレッド (機械、電子、ソフトウェア、制御、化学、材料、その他の物理学を含む) 』を可能にするコラボレーティブな製品革新プラットフォームの創成に業界の強い関心が集まっています。主要なソフトウェアおよびサービスソリューションプロバイダーは、新しいモデル駆動型、統合MBSE (integrated MBS) 、PLM、およびS&Aの能力・機能を開発するために、さらに小規模で革新的なソリューションプロバイダーを買収または提携することで新しい最先端テクノロジーも含めて、研究開発に多大な投資を行っています。

 「将来を見据えて、オープンプラットフォーム、役割に特化したユーザーインターフェース、およびデータの相互運用性標準に基づくコラボレーションモデルベースのエンジニアリングアプローチの民主化により、製品のアイディエーションから詳細な開発、検証&妥当性確認、製造、インサービスまでの真のシステムエンジニアリングアプローチが可能になります。そして最終的には再利用、リサイクル、そして廃棄 (end of life) をサポートします。『拡張インテリジェンス (人工知能/機械学習/ディープラーニングを活用) 』の分野のテクノロジーは、シミュレーションエンジニアだけでなくすべてのエンジニアが、最も関連性の高い製品パフォーマンス情報に、すなわち適切なタイミングでユーザー固有の役割に照らして提示される適切なデータを使用してより良い設計トレードオフの決定を行えるようになります。その点で、CIMdataは、今日業界とPLMソリューションプロバイダーによって大きな進歩が遂げられている一方で、製品開発分野におけるデジタリゼーションの広く予測されているビジネス上の恩恵 (benefits) を達成するための道のりにはまだ比較的早い段階にあると考えます。」

 次の表に示すように、2018年のS&Aの収益は65億米ドル (約7,150億円、110円/US$換算) 近くに増え、2017年の57億米ドル (約6,270億円、110円/US$換算) から13.1%増加しました。CIMdataのリサーチ担当副社長、スタン・プルジビリンスキー (Stan Przybylinski) 氏によると、「S&Aセグメントは2010年以降、成長の観点からPLMの中心的存在となっていますが、2018年はこのセグメントにとって傑出した年でした。CIMdataは、S&Aが製品開発プロセス (つまり、システムズエンジニアリング “V” の『左側』) 、すなわち企業が複数の設計概念を評価して最終的なハードウェアとソフトウェアのデザインにコミットする前にパフォーマンスを最適化することを支援において『最前線』に向かい続けていると考えています。成長は広範囲にわたり、広く知られたS&Aソリューションプロバイダーは、ウォールストリートへの収益見通し (revenue guidance) に基づいて、2019年にはさらに強固な年になると予想しています。CIMdataは、S&Aが今後5年間PLMのツール部門で急成長する分野の1つであり続けると予測しており、この市場部門は11.1%のCAGRで、2023年には約110億米ドル ( (約1兆2,100億円、110円/US$換算) ) に達すると予測しています。2019年では、CIMdataはS&Aサブセクターは全体で11.6%成長し、収益は72億米ドル ( (約7,9200億円、110円/US$換算) ) 強になると予測しています。」

20190625 MAR S and A

S&A市場の履歴とCIMdataの推定成長

 2019 CIMdata S&A市場分析レポートは、以下のサイトでご購入いただけます:
https://www.cimdata.com/en/research/plm-market-analysis-report-series 
または、弊社まで (こちらから)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社