2019.6.11:CIMdata、PLM業界レビュー&トレンドレポート (PLM Industry Review &Trends Report) を刊行


CIMdata Publishes PLM Trends Market Report


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、 CIMdata 2019 PLM Market Analysis Report (MAR - CIMdata 21017年度 PLM市場分析レポート) シリーズの5分冊の第2分冊である CIMdata PLM Industry Review and Trends Report (CIMdata PLM業界レビュー&トレンドレポート) のリリースを発表しました。MARシリーズは、2018年の全世界のPLM市場の詳細な情報と綿密な分析を提供するものです。それには主要なトレンドと課題、リーディングPLMプロバイダーの収益、地理的地域、産業セクター (業種) に関する収益分析、市場成長についての歴史的なデータと予測されるデータの分析を含みます。

 2019 PLM Industry Review and Trends Reportは、「拡張インテリジェンス:ライフサイクル全体のアプリケーション」に焦点を当てています。人工知能のアイデアは、少なくとも1872年のサミュエルバトラー (Samuel Butler) のユートピア小説エレホン (Erewhon) にまでさかのぼります。彼のビジョンは、後に登場した多くのフィクションのように、人類が自己複製マシンに取って代わられる危険にさらされているというものでした。現実はそれほど印象的ではありませんが、多くの点で潜在的に同じくらい影響力があります。

 ムーアの法則は、単価あたりのコンピューティング、ストレージ、およびネットワーキング機能を向上させ続け、これらのスマートアプリケーションを可能にしつつ、理解し始めたばかりの方法でそれらを相互接続することを容易にする贈り物です。1980年代の期待・望みは、人間が情報をどのように処理しアクセスするかを学ぶことや機械にそのプロセスを再現させることに焦点をあてた研究での一般的な知能・インテリジェンスでした。自然言語処理と知識表現においてある種の著しい進歩をもたらしましたが、一般的な知能・インテリジェンスは私たちの手の範疇を超えていました。IBMによるチェスのディープ・ブルー (Deep Blue) やテレビ番組のジェパディ (Jeopardy) でのワトソン (Watson) での成功は、特化した仕事ではコンピュータが最高の人手であることを示しました。Googleは、よく知られている複雑なボードゲームの碁においてアルファ碁 (AlphaGo) の人間のチャンピオンより一枚上手あること示しました。興味深いことに、アルファ碁は、人間によって作成されたデータベースを使用して伝統的な方法で訓練されるものでなく、その代わりに機械学習とツリー検索のテクニックを使用していました。しかし、インテリジェントなアプリケーションはより広く普及しています。私たちのほとんどは、電話でSiriやGoogleと共に歩き回ったり、あるいはAlexaやGoogleが居間で誘いを待っています。

 製品ライフサイクルにおけるスマートで繋がるアプリケーションについてはいかがでしょうか?実際、さまざまな形態の人工知能あるいは機械学習を使用した場合にのみ可能な多くのユースケースがあります。IBMは、製品開発で定義されている要件の正確性と完全性の評価を支援するなど、さまざまなビジネスアプリケーションでWatsonを推進しています。それらはまた、企業が季節性、天候、在庫状況に合わせて製品を簡単に調整できるような支援にも使用されています。機械学習のアルゴリズムは、写真を寸法的に正確な3D表現にうまくまとめるのに役立っています。画像検索は、Googleの画像検索を使用して見つけた画像、あるいはデータ管理システムで使用した3Dデザインなど、あらゆるグラフィック要素の異なるインスタンスを見つけるのに役立っています。一部のプロバイダーは過去のジェネレーティブデザインを取り上げており、境界条件に対応し、サブシステムのジェネレーティブエンジニアリングに対応する新しいジオメトリを作成します。これまでで最も実りの多いアプリケーションはメンテナンスの分野であり、急増する使用中のデータは、障害の予測をして保守計画の策定に役立ち、今やさらに重要なことは、企業はサービスとしての製品 (product as a service) に利益を賭けていることです。

 本レポートでCIMdataは、製品ライフサイクル全体にわたる拡張インテリジェンスの利用・応用を探求します。CIMdataは、これまで可能であった仕事の見かけには影響 (scratches the surface) を与えないと考えています。人間は置き換えられないかもしれませんが、CIMdataはこのマシンインテリジェンスが私たちを置き換えることはないという多くの大手ソリューションプロバイダーのアプローチに同意するものの、可能な限り最善の決断を下すのを助け、私たちを補うものです。

 本CIMdata PLM Industry Review and Trends Report (CIMdata PLM業界レビュー&トレンドレポート) は、The CIMdata 2019 Market Analysis Report t (MAR - CIMdata PLM市場分析レポート)シリーズの5つのモジュールの第二分冊です。MARシリーズは、2018年度 (暦年) の全世界のPLM市場の詳細な情報と綿密な分析を提供するものです。それには主要なトレンドと課題、リーディングPLMプロバイダーの売上、地理的地域、産業セクター (業種) に関する収益分析、市場成長についての歴史的なデータと予測されるデータの分析を含みます。

 The CIMdata PLM Market Analysis Report (CIMdata PLM市場分析レポート)シリーズは、以下の5つのモジュールにてパッケージングされています:

  1. The CIMdata 2019 Executive PLM Market Report (CIMdata 2019年度 エグゼクティブ PLM市場レポート) は、CIMdataのグローバル分析の全体のオーバービューを提供するものです。2018年度に於けるPLM市場の投資の統計についての重要なるチャート、2019年から2023年までの投資予測、また2018年度のPLMソリューションプロバイダーの実績のサマリーを含みます。
  2. The CIMdata 2019 PLM Industry Review and Trends Report (CIMdata 2019年度 PLMインダストリー・レビュー&トレンド・レポート) は、内容は主に数値をベースにした (定性化) ものであり、ソリューション・プロバイダー及びエンドユーザー組織のグローバルなPLMエコシステム (販売の形態やチャネルなどの意) が直面している重要課題にフォーカスをしています。2018年に発生した変化を着目し、これら変化の短期あるいは中期での影響、また今後数年に関してハイライトします。
  3. The CIMdata 2019 PLM Market and Solution Supplier Provider Analysis Report (CIMdata 2019年度 PLM市場&ソリューション・プロバイダー分析レポート) は、ツール、cPDm、またデジタルマニファクチャリングを含むPLM市場全体とその重要なセグメントについての規模や予測を詳しく解説します。ツールセクションには、MCAD、NC、S&A、EDA、およびAECを含むサブセグメントの詳細な解説を含みます。さらに、2019年から2023年までのそれらセグメントとサブセグメントのPLMソリューションプロバイダーの収益についてのCIMdataの推定値を含みます。
  4. The CIMdata 2019 PLM Market Geographic Analysis Report(CIMdata 2019年度 PLM市場地域分析レポート) は、主要な地域での2018年度の市場の結果についてのさらなる見方を提供します。CIMdataのPLMならびに主要なPLM市場セグメントへの2018年度の推定と予測について、アメリカ、EMEA、そしてアジア太平洋地域に対して提供されます。さらに、レポートには、特定の欧州ならびにアジア太平洋地域の国々と地域の中のcPDmセグメントについての推定値と予測を含みます。
  5. The CIMdata 2019 PLM Market Industry Analysis Report(CIMdata 2019年度 PLM市場インダストリー分析レポート) は、2018年度の市場の業種別 (industry segmentation) の状況について提供します。CIMdataのPLMならびに主要なPLM市場セグメントへの2019年度の推定と予測について、8つの業種 (航空宇宙と防衛 (aerospace and defense) ;自動車と運輸関連 (automotive and other transportation) ;電子/通信 (electronics/telecommunications) ;組立 (fabrication and assembly) ;プロセス - 包装製品 (process - packaged goods);プロセス - 石油化学製品 (process - petrochemical) ;諸設備・施設 (utilities) ;また建設/インフラ/造船 (construction, infrastructure and shipbuilding) ) に対して提供されます。

 CIMdata PLM Market Analysis Report (CIMdata PLM産業分析レポート)シリーズは、5分冊セット、あるいはそれぞれ単体で購入出来るようにしております。また、CIMdata PLM Community Gold Membership(PLMコミュニティ・ゴールド会員:メンバーシップ)の一部として提供されます。レポートおよびさらなる詳細な内容および価格情報とコミュニティ・メンバーシップ については、www.cimdata.com にて。(または、弊社まで

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社