2019.5.6:CIMdata社長、ピーター・ビレロ、CATIA Communityに掲載 - PLM View:デジタルツインがデジタルスレッドを必要とする理由 


CIMdata President Peter Bilello Published in CATIA Community - PLM View: Why Digital Twins Require Digital Threads


 デジタルツインとデジタルスレッドの概念は何十年も前から存在しています。業界関係者は、それらの価値を最大化し、それらの現状を保つための努力を正当化するために、つなぎ合わせる必要があることに大体は同意しています。たとえば明確で、簡素で、そして根拠をもってです。それでも、それらのギャップは縮まってはないようです。

 この早い段階で記事の中に定義を書き入れることはやはり厄介なものです。デジタルツインとデジタルスレッドに関する誤った情報が ”そこ以外に (out there) ” あることを考えると、なぜそれはつなぎ合わせる必要があるのか、なぜそうすることは永続的な課題なのかです。

 デジタルツインは、企業の製品、または製造設備などのあらゆる物理的資産、例えば、製造装置、それぞれの固有の物理的製品に対して1つのツイン、そしてそれを定義するすべてのものの仮装表現です。デジタルツインは、特定の時点で、またそれ以降の資産のライフサイクルの終わりまでの製品を表現するものです。

 デジタルスレッドは、継続的なデータフローと資産のデジタルツインの一体化されたビュー (integrated views) を可能にするコミュニケーションフレームワークです。デジタルスレッドは、デジタルツインの不可欠な部分として、資産または製品の構成に関する情報を集め、保護、および維持します。デジタルスレッドがデジタルツインの一部になるべきであるのはこのためであり、したがって、デジタルツインが常に正確であることを確実にします。

 デジタルスレッドのライフサイクルは、それに付随するデジタルツインが構想されたときに始まり、その製品の使用可能寿命の終わりまで続きます。

 デジタルツインとデジタルスレッドの両方の情報は全体的なものであり、すなわち、それ自体の中でエンドツーエンドであり、工場や他のセンサーネットワーク、モノのインターネット (IoT) を介して製品の環境につながっているということです。

 デジタルツインはどこにでも存在します。どんな名前でも (あるいは名前がなくても) 、各ビジネスユニットには何千という名前があります。中小企業でさえ、おそらく何万ものがあります。LNS Researchが最近述べたように、デジタルツインは、”デザイン・設計とエンジニアリングから運用まで、そして需要予測から計画とスケジューリング、そして流通までのバリューチェーン全体にわたって、資産のライフサイクル全体にわたって見られます。”

 デジタルツインとそれが表す物理的な製品の両方が、デザイン・設計の検証、多少の修正・変更、直前の変更、材料の置換、保証契約の変更、規制改正などの影響を直接受け、それはデジタルスレッドでトラッキングされ、デジタルツインで見えるようにすることができます。

 デジタルツインとデジタルスレッドの詳細は、もちろん大きく異なりますが、それらの根本的な考慮すべき事項の多くは似たものであり、特にPLMが有効になっている場合は、どちらも同じ情報フローの多くを育んでいます。

 デジタルスレッドをもたないデジタルツインは、それに影響を与える決定やプロセスから切り離された孤児のようなものです。製品がドリルビットであろうと旅客機であろうと、その仮想表現は間違いなくデジタルスレッドなしで完成するのに苦労するでしょう。両者間の情報の流れが同期化され、さえぎるものがない場合、すべてのビジネスユニットは利益を得るでしょう…

 記事の残りの部分を読むには、以下をクリックしてください (英文) :
http://www.catiacommunity.com/feature_full.php?cpfeatureid=119633

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社