2019.4.5:CIMdata、2019年度PLM北米市場&業界フォーラムの成功を発表&2018年PLM市場分析を発表


CIMdata Announces Successful 2019 PLM North American Market & Industry Forum and Releases Its 2018 PLM Market Analysis


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、2019年の北米PLM Market & Industry Forumの成功を発表しました。これはシリーズでの5地区でのグローバルイベントの最初のものです。今年の北米フォーラムは、2019年4月4日にミシガン州アナーバーで開催されました。世界の主要PLMソフトウェアおよびサービスプロバイダー20社を代表するPLM業界関係者36名が参加しました。

 CIMdataのPLM Market & Industry Forumは、PLMマーケットとその開発と成長に関する課題・問題に特にフォーカスし、ソフトウェアとサービスのプロバイダーにとって世界でもトップのイベントです。参加者は、CIMdataのPLM市場の状況と動向に関する見解、2018年のPLM市場の結果に関するCIMdataのリサーチおよび見解の詳細な議論を聞くために結集しました。CIMdataのPLM領域全体の広範な分析と見通し、産業、地域、大手PLMソフトウェアとサービスプロバイダーの業績 (収益と市場ショアの分析) が共有されました。2019年のテーマは、”拡張インテリジェンス:製品ライフサイクル全体にわたるアプリケーション” です。

 情勢や動向に加えて、以下のプレゼンテーションが含まれました:

  • 製品ライフサイクルイノベーションへのインテリジェンス
  • ジェネレーティブデザインの先には
  • 予知保全 – クロージング製品ライフサイクルループの利点
  • 目的の市場 (Markets of One, *.1) に向ける

 CIMdataの副社長 スタン・プラバンスキー (Stan Przybylinski) 氏は、次のように述べています、”CIMdataでの調査では、PLM市場は2018年に9.9%成長し、すべてのセグメントで成長し、7.0%の成長予測を大きく上回りました。Autodeskのライセンスモデルの移行が完了したことで、メカCAD (MCAD) および建築、エンジニアリング、建設 (AEC) の各セグメントにおける平均成長率を大幅に上回りました。ほとんどの年に5〜7%の範囲で成長するCAMもまた、平均を上回る9.5%の成長を見ました。Simulation&Analysisは、非常に好調な年を迎え、年間で12.8%の成長を遂げました。スマートコネクテッド製品とIndustry 4.0への取り組みにより、システムインテグレーセグメントとソフトウェア開発ツールは予想以上の成長を遂げました。また、EDAセグメントでも成長が見られ、セグメントリーダーであるCadence、Synopsys、Siemens PLM SoftwareのMentorユニットはすべて力強く成長しています。デジタルトランスフォーメーションはIndustry 4.0と密接に関連しており、複数の産業に広がっています。これらの変更を変化は、強力なPLMプロセスとそれを可能にする環境が引き続き必要とされ、今後数年間でPLM市場全体の成長を牽引するでしょう。”

 北米のPLM Market & Industry PLM Market & Industry Forumはグローバルシリーズの最初のもので、次は4月11日にドイツのフランクフルトで予定されています。 さらなるフォーラムセッションが4月15日にインドのプネー、4月19日に北京、4月24日に東京で開催されます。

 PLM Market & Industry PLM Market & Industry Forumでは、CIMdataのPLM市場の見通しの最初の公開となります。完全なる分析は、CIMdata CIMdata PLM Market Analysis Report Series でリリースされます。 詳しくは、www.CIMdata.comをご覧ください。

*.1:ご参考 - Definition: Market of One https://www.mbaskool.com
抄訳 - 顧客が企業からあたかも独占的に扱われているか、あるいは優先権を与えられているかのように顧客に感じさせるカスタマイズや顧客サービスのレベルを “Market of One” と呼ばれる。スマートフォンや高速インターネットなどの最新技術の出現、そしてソーシャルメディアの利用のさらなる増加に伴い、企業は現在、自社の顧客についてより多くの情報を得ることができるようになっている。この情報を使用することで、企業はユーザーの好みやニーズに応じてサービスや製品をカスタマイズできる。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社