2019.4.24:CIMdata、Phoenix Integrationのモデルベースエンジニアリングワークショップでプレゼン


CIMdata to present at Phoenix Integration’s Model-Based Engineering Workshop


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、CIMdataのExecutive Consultantであるキース・ミエンテス博士 (Dr. Keith Meintjes) が、4月25日に米国ミシガン州トロイで開催されるPhoenix Integrationのモデルベースエンジニアリングワークショップ (MBSE) でオープニングプレゼンテーションを行うことを発表しました。デジタルトランスフォーメーションとライフサイクルデジタルスレッドを実現するための最大の課題の1つは、堅牢なMBSEプロセススレッドを実現するために必要なシステムズエンジニアリングと物理ベースのモデリングおよびシミュレーションドメインの両方に存在する無数のエンジニアリングモデルとデータサイロを統合することです。

 氏のプレゼンテーション、”Model-Based Systems Engineering meets PLM: Market Trends and Opportunities” において、ミエンテス博士はこれまでほとんどがつながりのないこれらのドメインの統合において進行中の大きな変化に焦点をあてます。また、氏は、CIMdataが今日の複雑なサイバーフィジカルシステムの設計、開発、検証、製造、運用に必要なコラボレーションのレベルに最も強い影響を与えると確信していると考えている業界標準と新興テクノロジーについても詳しく説明します。

 キース・メンティス博士は、製品開発を変革するためのシミュレーションのツールとアプリケーションの開発に35年以上の経験を有しています。メンティス博士の業績には、燃焼シミュレーションの斬新な方法、エンジン設計の特許、世界最大の商用HPC施設の戦略計画などがあります。CIMdataに入社する前は、ゼネラルモーターズに30年近く従事し、GMのグローバルCAE ITインフラストラクチャのエンジニアリング要件を担当し、シニアテクニカルフェローに任命されました。

詳細について以下を参照はください:
https://www.cimdata.com/en/events/cimdata-supported-events/event/471-phoenix-integration-s-model-based-engineering-workshop

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社