2018.12.7:ムーアの法則 - もう一つの観点 (CIMdata Blog)


Moore’s Law – Another Perspective (CIMdata Blog)


 ムーアの法則の影響は、CIMdataのエグゼクティブ・コンサルタントであるKeith Meintjes博士が本当に話したいことです。 彼の最近のブログ掲載では、氏が最近購入したRaspberry Piにコンテクストを見ています。

 氏自身の経験は彼の主張を実証するために共有されます:

 ”1980年代初めにGM研究所に入社したとき、私たちは約4000万ドルでCray-1スーパーコンピュータを購入しました。2.5倍のインフレ率 (1983  -  2018) を掛け合わせて含めると、Raspberry Piは1980年代に約20億ドル (今日の) の費用がかかると思われるリソースです。”

 キース・ミエンテス (Keith Meintjes) 

 氏のブログで詳細を:
https://www.cimdata.com/en/resources/cimdata-blog/item/11137-moore-s-law-another-perspective

 みなさんのお仲間と共有することを忘れずに、またみなさんのお考えをキースさんに伝えましょう


 以下に抄訳:

Tuesday, December 04, 2018
ムーアの法則 - もう一つの観点 - Moore’s Law – Another Perspective
Written by  Keith Meintjes

20181207 Keith Moor Law

 私を知っている皆さんは、私がムーアの法則 (Moore’s Law) の著しい影響について話すのが好きだということを知っていると思います。 Intel社のDon Tappanの言葉を借りると、コンピューティングは無限に高速になり、そしてとてつもなく安価になることです。

 50年以上前、ゴードン・ムーア (Gordon Moore) が言ったことは、集積回路に多くのトランジスタを配置すると、トランジスタあたりのコストが下がるということです。しかし、製造歩留まりもそうでした。そのため、トランジスタあたりの製造コストを最小限に抑えるスイートスポットがあります。ムーアは、技術の進歩で、トランジスタが増えるにつれてその最適化が促進されると予想しています。ここにその議論とオリジナル論文へのリンクがあります:https://en.wikipedia.org/wiki/Moore%27s_law

 ムーアを含む人々が計算能力に時間スケール、あるいは倍増時間を適用しようとしたのは、後になってです。テクニカルコンピューティングの場合、ここ55年間、コンピューティング機能は18か月ごとに倍増しました。加えて、ムーアの技術的声明はビジネス上の必須事項となりました。私たちが現在 “ムーアの法則” と呼んでいることを可能にするために、コンピュータメーカーはトランジスタの密度だけでなくいくつかの技術を使用しました。

 その影響は非常に大きなものでした。私たちは今、アポロ計画の月への有人宇宙を計画 (Apollo moon program) している人々が1,700年以上かけてやるべきことを1秒で計算することができます!

 これには別の見方があります:
私はちょうどクレジットカードのサイズの回路基板のコンピュータであるRaspberry Piを購入しました。USBポートやその他の接続がある小さなケースでは、 全部でカードのの大きさです。 価格は35ドルです。

 私が1980年代初めにGMの研究所にいたとき、私たちはCray-1スーパーコンピュータを約4000万ドルで購入しました。このRaspberry Piは、そのCray-1の約20倍の能力があります。それを掛け合わせて、2.5のインフレ率 (1983  -  2018) を含めると、Raspberry Piは1980年代に約20億ドル (今日の) の費用がかかると思われるリソースです。

 そういう訳で、コンピューティングは50年前よりも、今や何十億倍も速く、何十億倍も安いのです。

 Keith

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社