2019.7.2:CIMdataのフェロー&エグゼクティブコンサルタントであるキース・ミエンテス (Keith Meintjes) がDigital Engineering誌の記事 “What’s Wrong with Product Design and Development?” に引用される


CIMdata Fellow and Executive Consultant Keith Meintjes Quoted in Digital Engineering Article, “What’s Wrong with Product Design and Development?”
By Kenneth Wong


 CIMdataのフェロー兼エグゼクティブコンサルタントであるキース・ミエンテス (Keith Meintjes) 氏は、自動車業界のベテランです。コンサルタント&業界アナリストになる前は、シミュレーションマネージャとして30年間GMに勤務し、その後自動車メーカーのグローバルCAEITインフラストラクチャを管理しました。氏にとって、大々的に報じられた製品の災害の多くは、失敗モードを識別することの失敗として要約することができます。

 「私たちはまた、システムズエンジニアリングの約束事を果たせることに失敗しています」と、ミエンテス氏は言っています。「適切なシステムズエンジニアリングによって、これらの障害モードの多くを特定して回避できるようになったと思います。」

 システムズエンジニアリングでは、システムレベルで含まれるすべての異種コンポーネントを使用して製品のシミュレーションとテストを行います。つまり、テストは機械的、電気的、ソフトウェアのすべてのコンポーネントで情報を与え続け実行されることを意味します。後の2つの要素、エレクトロニクスとソフトウェアは、チップとプロセッサを搭載した機能をトリガーし実行するためのセンサーとソフトウェアに依存し、モノのインターネット (IoT) デバイスがますます依存するにつれて、より重要な役割を果たすようになりました。いくつかの故障モードは個々のコンポーネントのテスト中に発見されないかもしれません、なぜならそれはエレメカ部品と制御ソフトウェアの相互作用によって引き起こされるからです。システムレベルのシミュレーションとテストは、そのような故障モードを明らかにする可能性があります…

 概念としてのシステズムエンジニアリングはかなり前から存在していましたが、プロセスをサポートするソフトウェアのほとんどは約20年前に登場し始めたのです。エンジニアリング業界と製造業界では関心が高まっていますが、ツールを広く受け入れていません。

 理由は? 「これはツールの複雑さです」とミエンテス氏は言います。「SysML(システムをモデル化するためのオープンソース環境)のようなツールは実行可能ではなく、非常に使いにくく、それを理解するにはエンドユーザー企業の多数の人々が必要です。」

 本記事全ては、 https://www.digitalengineering247.com/article/whats-wrong を訪問ください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社