2019.7.1:CIMdatai副社長、スタン・プルジビリンスキー (Stan Pryzybylinsk) がDigital Engineering誌の記事 “Is Digital Transformation Stuck in Neutral?” に引用される


CIMdata Vice President Stan Pryzybylinski Quoted in Digital Engineering Article, “Is Digital Transformation Stuck in Neutral?”, By Beth Stackpole


 自動車メーカーは、従来の製造プロセスの代わりに、3Dプリンティングのプロトタイプ部品とツーリングによって開発サイクルを加速しています。航空宇宙分野では、プレーヤーはモノのインターネット (IoT) を活用して膨大なセンサーデータを収集し、潜在的な部品の故障に積極的にフラグを立てるのを助けたり、エンジンの定期修理時期を判断します。造船のような動きの遅い業界でも、シミュレーションから拡張現実およびバーチャルリアリティ (AR/VR) までの3Dモデリング機能に目を向け、伝統的な開発手法を強化し近代化しています。

 ほぼすべての主要セクターの企業がデジタルトランフォーメーションに向けて道を歩んできましたが、まだ数え切れないほどの未開拓のルートと道のりがあります。現実には、マスコミ報道や著名なユーザーストーリーの鳴り物入りの宣伝にもかかわらず、エンジニアリングおよび製品開発プロセスの成功した全体的なトランフォーメーションは依然として例外であり、決まりではありません。新しいテクノロジーはさておき、ライフサイクルを通してエンジニアリングを関連する利害関係者と同期させるための何十年もの間のソフトウェアプラットフォームとビジネスプロセスアプローチである製品ライフサイクル管理 (PLM) もその完全なデジタルトランフォーメーションの可能性に応えていません。

 CIMdataの副社長を務めるスタン・プルジビリンスキー (Stan Przybylinski) 氏は、次のように述べています。 「貴社が製品会社であり、デジタリゼーションをしたいのであれば、貴社のPLMへの対処&対応 (PLM game) は首尾よくできている必要があり、しかしそれはほとんどの人がそうでないことです。」そして、「多くの企業が高い目標を掲げてこれらの中核となるデータおよびプロセス管理プラットフォームを採用し、PDM (製品データ管理) に固執しているのは驚くべきことです。ベンダーがこれらすべてに新機能を追加している間でも、大多数の企業は基本的な部分を進め取り組みを行っているだけです。」

 本記事全ては、https://www.digitalengineering247.com/article/stuck-in-neutral を訪問ください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社