2019.1.22:CIMdata、インダストリー4.0に関するホワイトペーパーを発表


CIMdata Releases White Paper on Industry 4.0


 CIMdata (大手グローバルなPLMの戦略的マネージメントコンサルティング&リサーチ企業) は、 世界各国で取り上げられているドイツで定義されたイニシアチブであるンダストリー4.0 (Industry 4.0) に焦点を当てたホワイトペーパーの発表を発表しました。

 インダストリー4.0のイニシアチブは2006年にハイテクドイツ戦略計画の最大 (10-point) の1つとして始まり、それ以来一貫してモノのインターネット (Internet of Things) とサービスを推進してきました。それらの努力は、製造業や世界的な商取引の将来にとって、ソーシャルプラットフォーム、モバイル、アナリティクス、クラウド、そしてモノのインターネット (IoT) の重要性を認識しました。インダストリー4.0のデザインの中核的原則は、相互運用性、情報の透明性 (デジタルツインの概念を含む) 、技術支援 (分析と物理的作業における人間の強化) 、そして分散型意思決定です。インダストリー4.0の情報技術 (IT) と運用技術 (OT) の融合としてのインダストリー4.0、インダストリアル IoT (IIoT) によって可能になるサイバーフィジカル生産システムを構築するためのデジタルと物理領域の橋渡しとしての話があります。

 インダストリー4.0のイニシアチブは2006年にハイテクドイツ戦略計画の最大 (10-point) の1つとして始まり、それ以来一貫してモノのインターネット (Internet of Things) とサービスを推進してきました。それらの努力は、製造業や世界的な商取引の将来にとって、ソーシャルプラットフォーム、モバイル、アナリティクス、クラウド、そしてモノのインターネット (IoT) の重要性を認識しました。インダストリー4.0のデザインの中核的原則は、相互運用性、情報の透明性 (デジタルツインの概念を含む) 、技術支援 (分析と物理的作業における人間の強化) 、そして分散型意思決定です。インダストリー4.0の情報技術 (IT) と運用技術 (OT) の融合としてのインダストリー4.0、インダストリアル IoT (IIoT) によって可能になるサイバーフィジカル生産システムを構築するためのデジタルと物理領域の橋渡しとしての話があります。

 世界中の国々がこのビジョンに応え、社会を発展させるための独自のプログラムを構築してきました。アメリカ、ドイツ、インド、中国、そして日本。 各国は、それぞれの状況に固有の戦略でインダストリー4.0のビジョンを追求しています。CIMdataは、ビジネスの広範囲に及ぶインダストリー4.0とデジタリゼーションのトレンドは、本当に表裏一体の関係にあると考えています。さらに、これらの戦略を追求している製造業の会社は、強力なPLMプラクティスを持ち、テクノロジーが1つの市場に利益をもたらすことを可能にする必要があります。私達の世界的なPLM市場調査で目の当たりにしたように、この波はPLMエコノミーに大きな機会を提供することができます。

 インダストリー4.0 (Industry 4.0) に関するCIMdataのホワイトペーパーは、
https://www.cimdata.com/en/resources/complimentary-reports-research/executive-summaries/item/11303-industry-4-0-a-regional-update で入手ください。 CIMdataのグローバルPLM市場調査レポートは、www.CIMdata.com でも入手できます。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社