新しい年を迎えて思う - Simple is Best!

 最近、日本語資料:PLM はなぜそれほど難しいのか? (Why is PLM Often so Hard?) について問い合わせをいただきました。

 年始年末で時間的余裕があり、もう一度、ゆっくりと "Simple (単純さ) " というものを考えてみました。

 資料に中では、Apple社のスティーブジョブズの "それは私のマントラ (真言) の1つであり、つまりフォーカスすることとシンプルであることです。シンプルなものは複雑なものよりも難しい場合があり、すなわちシンプルにするには、考えを整理するための努力が必要です。しかし、いったんそこに達すれば、山を動かすことができるので、結局それは価値があるのです”、そして、イタリアの博識家、レオナルド・ダ・ヴィンチは "Simplicity is the ultimate sophistication (シンプルさこそが究極の洗練である)" など引き合いに出しました。

 これらは常態でもある複雑さを克服した結果としてそのような言葉になったものと同感するものです。そして、12月の暮れ、有名な音楽家のショパンも同様な言葉を残してることを学びました。それは、

 “Simplicity is the highest goal, achievable when you have overcome all difficulties. It is simplicity that emerges as the crowning reward of art.” 、意訳をすれば、「単純さは最も高い目標であり、すべての困難を克服したときに達成可能です。....

 おそらくこれは、例えば、ピアノなど練習に練習を重ねてすべてを学んだ結果なんだと理解します。競技スポーツ選手も同様であらゆる引き出しを持つために訓練に練習を重ね。本番勝負では、如何なる場面でも体が自動的に反応して、戦えることとなるようなコトだと思います。

 素晴らしいですね。人間、いつになっても、精進が必要だと、それも "Simple (単純さ) " を目指してと、自問自答をしております。

 しかし、最終的には、現実論として、理論物理学者のアルバート・アインシュタインは、"ものごとは出来得る限りシンプルにすべきだが、シンプルすぎてもいけない。" と最高の言葉を残しています。これには疑いの余地もありませんが、いずれせよ、シンプルなのが最善であります。

 参考までに、『日本語資料:PLM はなぜそれほど難しいのか? (Why is PLM Often so Hard?) 』、入手希望はこちらまで

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社