Blog_2022


2022.6.14:PTC、新ソリューション Digital Performance Management 国内提供開始 プレスミーティング

Screen Shot 2022-06-22 at 16.18.14

 昨秋、発表されたDPM (Digital Performance Management) 、日本でもリリースが開始されました。

 最近、DX絡みでよく登場する言葉;クローズドループを支援する能力・機能を提供するものです。昨今、IoT/IIoTなどの理解・浸透により、情報のフィードバックを活用し、積極的に現場の問題・課題を迅速且つ正確に収集し解決する、あるいは製品設計への使用現場の状況をリンクすることでより良い製品を設計するなど不可欠な能力・機能です。

 PTC社は、今回提供するDPMについて、生産に関しての経営のKPI、運用コスト削減、売上成長支援、設備効率改善 (OEE - Overall Equipment Effectivenes) などを強調していました。特に、それは継続的な改善であり、そのためのクローズドループであります。

 おそらくエンタープライズあるいは拡張エンタープライズでのクローズドループから利益を得るのは、このDPMソリューションと複数のシステム (PLM/MES/ERP/SCMほか) との繋ぎ (情報&プロセス) が不可欠と考えます。まずはそのための一歩になると考えます。ぜひエンドユーザー、プロバイダー (ソフトウェア&サービス) ともにホリスティックな考えをもって進められることを望むものです。


お断り:本ブログは内容は以下を基準で記述しております:

◎個人名称を除いて敬称は略しています。
◎特定の企業、製品、サービスを宣伝するものでありません。
◎コンテンツは現場で得た情報に加えて、国内外の確かな情報、そして当サイトオーナーの意見を含まれます。

2022.6.13:東京都葛飾区の補助金申請用Excelシートの問題 - ITガバナンスの欠如か?

 ここのところ、報道を通して伝えられている東京都葛飾区が区内の私立認可保育園に対し、補助金を過大に支払っていた問題です。

 この原因が区の担当者がよかれ (と思う) で制作したデータ入力用Excelフォームの中の関数の設定に不備があったと報道されています。

 この話を耳にして、まず最初に頭をよぎったのは我々の業界 (PLM、ひいてはIT業界) は大丈夫かということです。と、いうのは昨今、ローコード、ノーコードがBuzz Wordsの如くもてはやされています。つまり、ITプロフェショナルではない現場の専門家がアプリケーションを開発できることです。

 それはそれで素晴らしいことです。しかし、ローコード/ノーコードというもののそれなりのITガバナンスが求められるということです。そのアプリケーションが正しく動作するのかは、規模に関係なくそれなりのVeeのもとで判断されるべきものと考えます。これは単なる担当者の問題 (あるいはミス) ではなく区あるいは行政という組織レベルに根付いたものと考えるべきです。

 今回の葛飾区の問題は、昨今のローコード/ノーコードへの問題提起をしていただいたと考えます。ローコード/ノーコードの正常進化を望むものです。

2022.6.1:シーメンス社のDXの取り組み&DEX Tokyo開設 プレスミーティング

20220602 Siemens DEX Tokyo

 シーメンス株式会社、DEX Tokyo (Digital Enterprise Experience Center) が6月1日に開設 (東京、大崎、シーメンス 本社内) を機に同社のDXの取組とセンターの機能について紹介・解説がありました。

 DEX Tokyoでは、顧客がDX化を進めるために、製品開発と生産計画から実際の生産とデジタルサービスまで、一般のSI専業サービスでは難しいバリューチェーン全体のデジタル化ソリューションをワンストップで体験でき、デジタルツイン、バーチャルコミッショニングなどのさまざまなソリューション、そしてロボットまで、また顧客にソリューションを提供するためのハイレベルからのコンサルテーションサービスを提供、さらに日本側では解決できないものもこのDEX Tokyoを窓口に世界のサービスが得られるそうです。

 お話の内容では、日本顧客へのサービスの拠点と受け止めました。しかし、このようなグローバルチャネルを活かし、日本の特徴あるソリューションもこのような窓口を通して世界に発信いただければと思いました。今後に期待申し上げます。


お断り:本ブログは内容は以下を基準で記述しております:

◎個人名称を除いて敬称は略しています。
◎特定の企業、製品、サービスを宣伝するものでありません。
◎コンテンツは現場で得た情報に加えて、国内外の確かな情報、そして当サイトオーナーの意見を含まれます。

2022.3.6:グローバルPLMプロバイダーのウクライナへのアクション

 毎週末、ルーチンですが、その週のPLM関連のグローバルイベントを整理しています。その中で目を引いたのはPLMプロバイダーのウクライナへのロシアの侵攻に対するアクションです。各社の対応は素早く、アナウンスメントを要約すると以下のような状況です:

PTC - ウクライナ側に立ち、ロシアでの事業を中止
この重大な瞬間に、この悲劇の人的影響を前面に出す必要がある。ウクライナの人々の人道的取り組みを支援するために100万ドルを寄付..。(2022.3.3)
https://www.ptc.com/en/news/2022/ptc-stands-with-ukraine

Accenture - ロシアでの事業を中止
ウクライナで事業を行ってないが、世界中でアクセンチュアとその拡大家族で働くウクライナ人の同僚を支援するための努力を続け、 ウクライナの人々に遠隔医療を提供し、ウクライナを離れる家族の再定住を支援。(2022.3.3)

https://newsroom.accenture.com/news/accenture-to-discontinue-business-in-russia.htm

AUTODESKウクライナの危機への対応

ウクライナで起こっている危機にショックを受けて悲しみ、ロシアによる不当で非人道的な侵略を最も強い言葉で非難。 私たちの心と思いはウクライナの人々にある...この紛争に反対し、平和を求めるために私たちに加わっている。...ロシアでの事業を直ちに停止し、現在実施されているすべての制裁を引き続き完全に遵守。制裁が拡大した場合、また状況が進展するにつれて、この地域での事業に対するさらなる制限を検討する。(2022.3.3)
https://adsknews.autodesk.com/views/crisis-in-ukraine

SAPとOracleはロシアでの事業を停止 (ComputerWorld誌)
Twitterで両社に書いた手紙を投稿したウクライナのミハイロフョードロフ副首相からの要請を受けて行われた。オラクルはツイートに返信し、ウクライナの人々とその選出された政府を代表して、同社は「ロシア連邦でのすべての業務を停止した」と述べた。SAPはまた、CEOのChristian Kleinによる「Standing in Solidarity」というタイトルのブログ投稿を公開、公に応答。 「世界の他の地域と同様に、私たちはウクライナでの戦争を恐怖で見守っており、可能な限り強力な言葉で侵略を非難している」とKleinは書いた。SAPは、世界的な制裁措置に合わせてロシアでの事業を停止し、国内でのSAPサービスと製品のすべての販売を一時停止していると述べている。(2022.3.3)
https://www.computerworld.com/article/3652508/sap-and-oracle-suspend-business-in-russia.html

などなど、引き続き、注視しましょう。

2022.1.27:日産自動車 ALLIANCE 2030 グローバルプレスカンファレンス

 昨年来、日産自動車の全個体バッテリー (Solid-state battery) のEV車量産の戦略がALLIANCE 2030として報道されています。この日は、新たにグローバルレベルのALLIANCE 2030のプレスカンファレンスが開催されました。フランスのルノー、日本の日産自動車、三菱自動車のアライアンスと今後の戦略が三社のCEOからそのロードマップが説明されました。

ロードマップの焦点は、まず、すでに発表の全個体バッテリーの管理システムを含む量産化、それおベースにする三社の新しいプラットフォーム (CMF-AEV、CMF-BEV、CMF-EVなど) 、車両全てを管理するソフトウェアプラットフォームとハードウエアプラットフォームを切り離し (UNBULDED) ソフトウェアを共通化する、と理解しました。

特に三つ目のソフトウェアの切り離しに興味をいただきました。これからもウォッチしたいと思います。

Screen Shot 2022-02-13 at 14.56.01

2022.1.19:The State of the PLM Economy (2021年12月9日開催、CIMdata Education Webinar) から

 テーマは、PLM市場全体 (エンドユーザー&プロバイダー、すなわちPLMエコノミー) に於けるどのような状況にあり、トレンドについて、CIMdataの視点で議論がなされました。

 Industry 4.0、COVID-19によるクラウドの進展、デジタルツイン&デジタルスレッド、M&Aなどを中心にマーケットリーダーの状況含め、多くのトピックスがありました。

 その中で、Breadth of the Digital Thread (デジタルスレッドの広さ) - What types of software offerings are contributing to your digital thread today? In three years? (現行、どのような種類のソフトウェア製品がデジタルスレッドに貢献? 3年後では?) では、2021 CIMdata Cloud-SaaS PLM Researchの結果、興味深い結果がみることができます (資料参照) 。

 そのトップにあったのが、MCAD (ハイエンドではなく、多くはミッドレンジ?) とPDMであり、それは三年後も変わりなさそうです。やはり製品データをクリエーションする、その情報をライフサイクルに渡って首尾一貫して矛盾なくマネージメントすることが徹底されているようで、また将来も重要度は増加傾向であるということです。

 また、Status of Digital Twin Journey (デジタルツインの進展状況) については、現状、41% (11%の稼働中&30%のパイロット) が活用状況にあり、5年以内、70% (45%の稼働中&25%のパイロット) が活用状況にあると報告しています。(Altair-CIMdata Future Industry Research 2021より)

新しい年を迎えて思う - Simple is Best!

 最近、日本語資料:PLM はなぜそれほど難しいのか? (Why is PLM Often so Hard?) について問い合わせをいただきました。

 年始年末で時間的余裕があり、もう一度、ゆっくりと "Simple (単純さ) " というものを考えてみました。

 資料に中では、Apple社のスティーブジョブズの "それは私のマントラ (真言) の1つであり、つまりフォーカスすることとシンプルであることです。シンプルなものは複雑なものよりも難しい場合があり、すなわちシンプルにするには、考えを整理するための努力が必要です。しかし、いったんそこに達すれば、山を動かすことができるので、結局それは価値があるのです”、そして、イタリアの博識家、レオナルド・ダ・ヴィンチは "Simplicity is the ultimate sophistication (シンプルさこそが究極の洗練である)" など引き合いに出しました。

 これらは常態でもある複雑さを克服した結果としてそのような言葉になったものと同感するものです。そして、12月の暮れ、有名な音楽家のショパンも同様な言葉を残してることを学びました。それは、

 “Simplicity is the highest goal, achievable when you have overcome all difficulties. It is simplicity that emerges as the crowning reward of art.” 、意訳をすれば、「単純さは最も高い目標であり、すべての困難を克服したときに達成可能です。....

 おそらくこれは、例えば、ピアノなど練習に練習を重ねてすべてを学んだ結果なんだと理解します。競技スポーツ選手も同様であらゆる引き出しを持つために訓練に練習を重ね。本番勝負では、如何なる場面でも体が自動的に反応して、戦えることとなるようなコトだと思います。

 素晴らしいですね。人間、いつになっても、精進が必要だと、それも "Simple (単純さ) " を目指してと、自問自答をしております。

 しかし、最終的には、現実論として、理論物理学者のアルバート・アインシュタインは、"ものごとは出来得る限りシンプルにすべきだが、シンプルすぎてもいけない。" と最高の言葉を残しています。これには疑いの余地もありませんが、いずれせよ、シンプルなのが最善であります。

 参考までに、『日本語資料:PLM はなぜそれほど難しいのか? (Why is PLM Often so Hard?) 』、入手希望はこちらまで


全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社