2021.6.18:CIMdata PLM Market & Industry Forum 2021 より(2)

 State of PLM: Today’s Market & Leading Trendsにセッションでは、ルーチンとして本年度のCIMdata PLM Status & Trends Surveyについて解説しました。

 画像はそのサマリーです。ここで興味深い点は、「実装のほとんどは、依然としてPLMの “伝統的な”PDMの側面に焦点を合わせている」です。何十項目のPLM機能の設問で30%以上の回答を得たのは以下の5つです:

  • エンジニアリングリリース/設変管理 (Eng. release / change mgt.) ->  63%
  • エンジニアリングデータ管理 (Endg. data mgt.,..) ->  60% 
  • 構成管理 (Configuration mgt.) -> 49%
  • 製品エンジニアリング (開発管理) 、プロセス管理 (Product Eng. process mgt.) ->  42%
  • グローバルエンジニアリング、コラボレーション (Global Eng. collaboration) -> 35%

 正にトップ4は数十年に渡るPDM機能であります。多くの企業ではDX含めてもろもろの進展している機能、能力を期待、あるいは理解を示されていることは間違いありません。ただ、現場の使い道はここの数年のリサーチで変わることなくこれらが占めているます。

 今後のリサーチでは、PLMの正常進化の結果が現れてくるものと考えています。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社