Blog_2021


2021.4.8:CIMdata PLM Market & Industry Forum 2021 開幕!

20210408 PMIF Open w500y

 今年度のCIMdata PLM Market & Industry Forum 2021は今日から北米からスタートします。ゴールは約3週間後の4月27日の日本となります。

 ご多分にもれず本イベントもCOVID-19の影響で昨年からバーチャルに移行しております。結果的にそれなりに大きな進歩をし、今年のプログラムは3部作 (4/6/9月に開催) となり、新鮮な情報をよりきめ細かくデリバリーするようになりました。これも非常時に置ける革新という変化の典型的な恩恵と感じます。

 詳細な内容は以下を参照ください:

2021.3.20:2021年度 PLM市場&業界フォーラム - CIMdata PLM Market & Industry Forum ご案内完了

20210319 PMIF

 1997年のPDMの時代に開始したベンダーフォーラムの日本版、2007年からはグローバル統一プログラムに発展、数えれば今年て25回目となります。

 ここ何年か3月半ばの19日に申し込みのアナウンスをしています。もちろん、内容などの案内は1月から本サイトにアップしております。

 昨年に引き続き、今年もバーチャルライブでの開催としました。

 タイトルは、"Resilience in the Face of Crisis: Bouncing Forward (危機に直面した際のレジリエンス:より望ましい方向に立ち直る)" です。例年の4月に加えて6月ろ9月のアップデートでの3セッション構成となりました。バーチャルが故の柔軟性ある進化したスタイルです。

 内容は恒例のPLM市場のトレント&状況2020年度の市場調査の結果、これは最初の公開となります。そしてタイトルが示す様にCOVID-19の結果のこの業界の対応&進化について我々のインサイトを披露します。

 ぜひ多くの皆さんのご出席を期待します。(参照:CIMdata 2021 PLM Market & Industry Forum)

2021.2.17:SAPジャパン 2021年ビジネス戦略

20210217 SAP

 毎年、この時期に恒例となっている、SAP社の社長会見と2021年度のビジネス戦略の説明会です (バーチャルライブ) 。

 2020年の日本での成長は前年比増11%と2015年以降大きな成長を示しているようです (参考:1143億0600万円(2017年12月31日時点)wiki)。

 重点領域は、ナショルアジェンダ、デジタルエコシステム、日本型インダストリー 4.0、クラウド、そして日本型マネジメントの5項目、画像を参照ください。

 そして注目すべきは4月に予定されている事務所の移転&集約です。面積にして55%の削減だそうです。これがどうして実現したかに興味があります。最近の社内の調査 (2020.8) で、COVID-19以降の在宅勤務の結果社員の50%が週に1~2回の出社、フルリモート、すなわちオフイスに行かないが42%だったそうです。

 そこでこの事務所移転を決定、そのポイントは、「社員の就業スペース」から「コラボレーションの場」としてことで、それはさらに顧客やパートナーとのコラボレーションの場でのあるそうです。なるほど、これは働き方の新しい実現方法を示したもので感動するものです、またこの方法を顧客に影響を与えるべくものと考えます。


お断り:本ブログは内容は以下を基準で記述しております:

◎個人名称を除いて敬称は略しています。
◎特定の企業、製品、サービスを宣伝するものでありません。
◎コンテンツは現場で得た情報に加えて、国内外の確かな情報、そして当サイトオーナーの意見を含まれます。

2021.2.4:ダッソーシステムズ、2020 Q4 & 通年の業績プレゼン

20210304 DS

 Dassault Systèmes Q4 & 2020 Earnings Presentationです。アナリスト向けのライブイベントですが後日レコーディンで拝聴しました。

 昨年来、From Things to Life と銘打って、1981年に始まる3D Design、3D DMU (1989) 、3D PLMheto (1999) 、そして3DEXPERIENCE® platform (2012) がVirtual Twin Experience of Humansへて進展しています。

 ”Game-changing Foundations” としてFrom THINGS to LIFEFrom CONNECTIONS to RELATIONSHIPSFrom MAKING to GROWINGFrom SOCIAL to HUMANと明確且つシンプルに表現いただきました。

 2020年度の収益は前年比10%増 (4,465€、Non - IFRS) 、欧州&アジアはそれぞれ2%&3%の伸長、中国がドライバー、アメリカは23%増でダントツ、数字をみるとライフサイエンスが倍増でそれは一昨年買収完了したMEDIDATAが大いに貢献しました。

 Game-changing Foundationsで紹介のあった新しいビデオ:Dassault Systèmes in People's Livesの締めが "Where you are, whatever you're doing, Dassault Systèmes is there with you."であり、正に社が変化をしていることを示すメッセージでした。またBernard Charlèsさんのスピーチに社のシステムでCRM機能も3DEXPERIENCE Platformで、またトヨタも我々無しでは生産ができないと社のソリューションに自信を伺わせものと受け取りました。


お断り:本ブログは内容は以下を基準で記述しております:

◎個人名称を除いて敬称は略しています。
◎特定の企業、製品、サービスを宣伝するものでありません。
◎コンテンツは現場で得た情報に加えて、国内外の確かな情報、そして当サイトオーナーの意見を含まれます。

2021.1.21:PTC、SaaS 型製品開発プラットフォーム「Onshape」 の本格販売に向け日本語版の提供開始のメディア向け説明会

Screen Shot 2021-01-26 at 20.48.52

 もう何年も前ですが、SolidWorksの生みの親のJon Hirschtickさん、Dassault Systèmes社への売却後は2011年まで継続してExecutiveをされてました。そして新会社を起こし、結果的にSaaS環境でのOnShape社として大成功をしました。

 OnShape社は、2019年、PTC社の業界No.1のSaaS企業になるという戦略に一翼を担うようになりました。今回は、日本版提供開始に伴うメディア向け説明会であります。

 私的な感想では、OnShapeは以前からウオッチ、おそらく重厚長大な大規模企業ではなく、スタートアップやある規模のデザインするエンジニアの環境では基本的な機能 (画像を参照) が手頃に且つそれが手元にすべてあるというようなものと感じます。

 これは何となくGoogleDocのような感じで、クリエーションをし、それをコラボして、修正もできる、そしてドキュメントの管理もできると、3D CADの世界もここまで来たのかと、でもそれはおそらく正常進化であり、当然の帰結なんでしょう。製品デザインが “何時でも、何処でも、そして誰とでも” がますますカジュアルな日常で可能になってきました。

 Jon Hirschtickさんの先見性と突き進むスピリットには感銘を受けるものです。またPTC社のJim Hepplemanさんの決断、これはもう一つPLM SaaSの先のArena社の買収もしかり、これら正に売る側、買う側、win-winのアメリカンドリームを感じるものです。

(本イベントはWeb会議で実施されました)


お断り:本ブログは内容は以下を基準で記述しております:

◎個人名称を除いて敬称は略しています。
◎特定の企業、製品、サービスを宣伝するものでありません。
◎コンテンツは現場で得た情報に加えて、国内外の確かな情報、そして当サイトオーナーの意見を含まれます。

2021.1.19:2021年度の CIMdata PLM市場&業界フォーラム

20190119 2021 PMIF Rel

 先週末、CIMdataでは本年度のPLM市場&業界フォーラム (PLM Market & Industry Forum) シリーズのプログラムを発表しました。

 昨年度はCOVID-19の影響で急遽、変更を行い、グローバルで足並みが揃わなかった開催形式 (北米&欧州は4月に一括開催、日本は4月と10月に開催) でしたが、今年はグローバルで統一した形式で開催する方向となりました。

 まず、4月に5つの時間帯で北米、欧州、そしてインド、中国、そして日本向けの開催となりました。プレスリリースはこちらをご参照ください。

 その後、6月と9月にアップデート版を実施となります。これは今までのオンサイトでの開催に比べて、内容的には大きな進展且つ実質的なものであります。バーチャル開催故の変更&進展であり、結果的に内容の濃いものになると思います。

 多くのPLMプロバイダーの皆さんの参加を期待するものです。プログラムの詳細は近々、アップいたします。


全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社