2020.4.23:2SAP HANA CloudS および SAP Data Warehouse Cloudの 日本におけるビジネス展開ついて

 案内によれば、”SAP HANA(R) Cloudは、インメモリーDBをクラウド環境で提供するDB as a Service (DBaaS) で、SAP HANAデータベースの処理能力とパフォーマンスをクラウド環境でも享受することを可能にしました。また、データの仮想化により、あらゆる種類のデータへの単一ゲートウェイとして機能し、分散データランドスケープでのデータ活用をスムーズにし、データ管理の柔軟性を向上します。” だそうです。

 これにより、企業の中のデータを単一アクセスポイントにして企業活動のアジャイルなアナリティスを実現、多種多様なデータの活用を促進させらる、ビジネスの成長に合わせデータ量などに対応し性能とコストの最適化ができるなどのメリットになるそうです。また、企業のIT部門が請け負って来た部分の負担が軽減を期待し、そのリソースをもっと生産的なところに向けられると解説がありました。

 ビジネスオペレーション中の諸々のデータを可能な限りリアルタイムの速度でアナリティスを繰り返し、最適な解、すなわち意思決定に貢献することと理解しました。いずれにせよ、しっかりした企業の経営戦略のもとにアナリティスが実行されることが肝と考えます。

(本イベントはWeb会議で実施されました)


お断り:本ブログは内容は以下を基準で記述しております:

◎個人名称を除いて敬称は略しています。
◎特定の企業、製品、サービスを宣伝するものでありません。
◎コンテンツは現場で得た情報に加えて、国内外の確かな情報、そして当サイトオーナーの意見を含まれます。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社