2019.5.14:PLM Market & Industry Forum 2019 (その10)

2019 Market Analysis Results - Japanから

20190514 MandIF JP 10

 日本のCPDmに関するエンドユーザー投資の業種別の特徴を分析してみます。

 右のグラフは日本をベースとするcPDmのソフトウェア&サービスプロバイダ (20社+) の収益総額の業種別分類の分布 (赤) とグローバルベースでの総量の分布 (青) を表したものです。

 これから見えることは、日本の輸出型産業構造そのものかのようであり、特徴は自動車関連はダントツ、電機、そして機械はグローバルに比べるとかなり多いことが明らかです。ただ、電機関連はここ何年も分布比率が低下傾向にあります。

 またグローバルにくらべて低い、しかし今後の期待と思えるのはリテール、石油化学、建設&インフラなどと思います。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社