PLM Road Map™


PLM Road Map 2019 and PDT 2019

PLM for Professionals Product Lifecycle Innovation


PLM Road MapとPDTは、
世界のPLM業界にとって興味深いユニークなイベントを
2つの地域で提供します。


 PLMがその適用範囲を拡大し続けるにつれて、製品ライフサイクル全体にわたって多くのイノベーションの機会があります。PLMのプロフェッショナルとして、皆さんは複雑なPLMの遺産を管理する立場にいなければならず、また、PLM周辺内外の新機能が私たちを導き、どうなるかを理解する必要があります。

 PLM Road Map 2019 & PDT 2019は、皆さんのようなPLMプロフェッショナルにとって最高の出会いの場です - 業界のリーダーがともに二つの局面を報告、すわわち、古典的なPLMと今後のPLMイネーブラ、簡単に言えば、問題点とトレンド ( pain points and trends) となります!

 古典的なPLMでは、MBOM、EBOM、そしてSBOMの間の境界を理解して決めなければならないという問題 ( pain points) を味わっています - まだ境界が存在するのであればです!コンフィグレーションマネージッメントとコラボレーションは、イノベーションが依然として大きな恩恵を提供できるかなり前からあった新たな分野です。新しいビジネスモデルには再考が必要です。最先端 (the state of the art) はもはや存在しません。

 PLMのプロフェッショナルは、モデリング&シミュレーション、モデルベースシステムエンジニアリング、予知保全、アディティブマニュファクチャリング、拡張現実、そしてクラウドの採用・導入と民主化の管理と計画に備えることが必要です。投資およびトレーニング/教育は、最良の成果を得られるところに持ってゆくことが必要ですが、PLMのプロフェッショナルは、最近の有望な技術がPLMソリューション全体にシームレスにインテグレーションされていることを確認する必要があります。正しいレベルでの標準化は、変革したデジタルネットワークにおけるすべての便益のために新旧が共存する可能性があるアーキテクチャを可能にします。

 今日、PLMは最近の急増しているVCへの投資、ならびに多数のM&A (mergers and acquisitions) のリストから、これまでにない熱い話題になっています。PLMは組織のデジタル変革戦略の主要な部分でなければなりません。

 2019年に米国のワシントンDCあるいはフランスのパリで開催されるPLM Road Map & PDTに参加し、PLMリーダーからの意見を聞き、成功とトレンドについて学び、PLMのプロフェッショナルとしての次のステップを踏み出すことをご計画ください。



PLM Road Map & PDT, offers two locations for a unique event that will be of interest to the global PLM industry.


As PLM continues to expand its coverage there are plenty of opportunities for innovation across a product’s entire lifecycle. As a PLM professional you need to be in a position to manage the complex PLM legacy, as well as understand where the new capabilities in and around PLM can and will most likely take us.

PLM Road Map 2019 & PDT 2019 is the premier meeting place for PLM professionals like you—one where industry leaders will report on two fronts—the classics of PLM and the upcoming PLM enablers. Simply put: pain points and trends!

In classic PLM we experience the pain points of understanding and having to decide on the borders between MBOM, EBOM, and SBOM—that is if the borders still exist! Configuration Management and Collaboration are additional areas that have been around a while, where innovation can still provide significant advantages. New business models require rethinking. What was the state of the art isn’t anymore.

The PLM professional also needs to be equipped to manage and plan for the introduction and democratization of Modeling & Simulation, Model-Based Systems Engineering, Predictive Maintenance, Additive Manufacturing, Augmented Reality, and Cloud. Investment and training/education need to go where the best pay-off is, but PLM professionals must make sure that recent and promising technologies are seamlessly integrated into the total PLM solution. Standardization at the right level can enable an architecture where old and new may co-exist for the benefit of all in transformed digital networks.

Today, PLM is a topic that is hotter than ever given the recent flurry of VC investments, as well as a long list of mergers and acquisitions. PLM must be a major part of an organization’s Digital Transformation strategy.

Plan to attend PLM Road Map & PDT in Washington D.C. or Paris in 2019 to hear from PLM leaders, learn about success and trends, and take the next step in your journey as a PLM professional.

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社