Agenda - CIMdata 2020 PLM Market & Industry Forum


ご注意:コロナビールス (CoV) 対策のためにフォーラムにデリバリー手法について変更があります。


バーチャルイベント – バーチャルセッション

日時:2020年4月14日(火)午前9時00分〜11時50分


  • PLMの状況 - 現行市場並びに最新トレンド (State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
     このセッションではPLMソフトウェアとサービスプロバイダーにとって重大である、スマートコネクティッド製品 (smart, connected products)、それ以外の進みつつあるトレンドや必須事項を含み、特定のトレンドと課題に重点を置いてPLM業界の現行状況をレビューします。CIMdataは、これらのトレンドと、ますます厳しさが増すこの市場について参加者への影響の見解を説明します。さらに、ビレロ氏は、進化するPLMエコノミーとこれらのトレンドに対してCIMdataがどのように対処しているかについての最新情報を提供します。
         This session will review the current state of the PLM industry with particular emphasis on trends and issues, including how smart, connected products, and other emerging trends and necessities that are critical to PLM software and service providers. CIMdata will present its views on these trends and the impact they have on participants in this increasingly challenging market. In addition, Mr. Bilello will provide an update on how CIMdata is addressing the evolving PLM economy and these trends.
  • 2019年度市場分析結果 (2019 Market Analysis Results)
     PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な識見を持つ最善な情報源として長期に渡って認められているCIMdata年次PLMグローバル市場の分析は、本PLM Market & Industry Forumでまず最初の公開となります。さらなる詳細はCIMdata PLM MAR seriesにレポートされます。
         Recognized for many years as the best source of comprehensive and accurate insights into the evolution and direction of the PLM industry, CIMdata’s annual PLM Global Market Analysis is first revealed at this PLM Market & Industry Forum that will be further detailed and reported in the CIMdata PLM MAR series reports.
  • 2019年度 日本&AP市場分析結果 (Japan & AP - 2019 Market Analysis Results Japan & AP)
     本セッションは、日本市場の分析を中心に2019年度の状況、トレンド、課題について述べます。
         This session describes results, trends and issues based on the analysis of mainly Japanese market on 2019.
  • Q&A (q&A)

オンサイトイベント – オンサイトセッション

日時:2020年10月15日(木)午前10時30分〜18時30分

東京ガーデンパレス 〒113-0034 東京都文京区湯島1-7-5


  • アップデート:以下の3つの2020上半期のアップデート
    • PLMの状況 - 現行市場並びに最新トレンド(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
    • 2019年度市場分析結果 (2019 Market Analysis Results)
    • 2019年度 日本&AP市場分析結果 (Japan & AP - 2019 Market Analysis Results Japan & AP)
  • 製品、スマートにつながる” に焦点を当てる (Focus on “Products, Smartly Connected)
     今日、製造されたほとんどの製品は、そうであるべきかどうかにかかわらず、スマートでありつながっています。この午後のセッションでは、このような製品を開発する企業が直面する問題に焦点を当て、これらの進化する要件を満たすために、業界が開発&ライフサイクル管理プロセスを改善する方法についていくつかの洞察を提供します。
         Today most manufactured products are smart and connected, whether they should be or not. This afternoon session focuses issues faced by companies developing such products and offers some insights into how industry might improve their development and lifecycle management processes to meet these evolving requirements.
    • サイロ化された開発の同期 (Synching Siloed Development)
       成功しているエンジニアリング/製品企業でのプラクティスでは、エンジニアや技術者のチームが主要なマイルストーンで、量産に向けて進捗と準備状況を評価して活動・作業 (efforts) を同期させて行うコンカレントエンジニアリングを使用しています。同期の本来の動機は、アディティブマニュファクチャリングやアジャイル開発などの新しいテクノロジーやプロセスに困難なものにしています。新しいツールやアナリティクスは、製品ライフサイクル全体に役立つものです。このセッションでは、今日の製品ライフサイクルの課題に対処するために、サイロ化された開発をどのように進化させれば良いかに焦点を当てます。
           The practice at successful engineering/product companies uses concurrent engineering performed by teams of engineers and technicians synchronizing their efforts at key milestones to assess progress and readiness for mass production. The original motivations for synchronization are being challenged by new technologies and processes like additive manufacturing and agile development. New tools and analytics can help across the product lifecycle. This session will focus on how siloed development must evolve to meet today’s product lifecycle challenges. 
    • ライフサイクル全体にわたるxBOM管理 (xBOM Management Across the Lifecycle) 
       電子部品・コンポーネントの陳腐化は、スマートコネクティッド製品、特に長寿命の製品では重大な問題です。デジタルツインは、このビジネス上の問題に効果的に対処するための最良のアプローチです。本プレゼンテーションでは、産業界の企業が直面する問題と、異なるBOM間にまたがるデータをつなぐ適切に実装されたデジタルツインが、部品・コンポーネントの陳腐化の影響を如何に低減できるか述べます。
           Electronic component obsolescence is a critical issue with smart connected products, especially those with long lifespans. Digital twins are the best approach to effectively address this business problem. This presentation will describe the issues faced by industrial companies and how a properly implemented digital twin that connects data across different BOMs can reduce the impact of component obsolescence.
    • クローズドループ製品開発(Closed-Loop Product Development) 
       スマートコネクティッド製品の約束の1つは、IoTを使用して製品のパフォーマンスデータを取得し、このデータを活用して製品およびその他の関連するライフサイクルプロセスを改善できることです。しかし、如何にしてこれを正確に行ったらよいでしょうか? 一つ、答えとして言えることは、ソリューションプロバイダーごとに異なることです。 本セッションでは、人々がこの問題にどのように取り組んでいるかに焦点を当てます。
           One of the promises of smart connected products is being able to capture product performance data using the IoT and to leverage this data to improve the product and other associated lifecycle processes. But how is this done exactly? The answer one gets is different for each solution provider. This session will focus on how people are addressing this issue. 
  • トレンド – ホットトピックス (Short Takes on Hot Topics)
     このセッションでは、全体的なテーマとPLMエコノミー全般に関連するトピックの最新情報を提供します。
         These sessions will provide updates on topics relevant to our overall theme and the PLM Economy at large.
    • A&D Action Group のリサーチ (A&D Action Group Research)
       CIMdataは、主要なA&D OEMおよび主要なサプライヤーに代わって、航空宇宙および防衛 (A&D) PLMアクショングループをアドミニしています。このセッションでは、グループに代わって進行中のリサーチに関する最新情報を提供します。
           CIMdata administers the Aerospace & Defense (A&D) PLM Action Group on behalf of the leading A&D OEMs and leading suppliers. In this session we will provide an update on on-going research being conducted on behalf of the group.
    • アジャイル手法&PLM (Agile Methodologies & PLM)
       アジャイルはソフトウェア開発を引き継いでおり、主要なPLM展開方法論へと大きく進出しています。エンタープライズへの展開には、アジャイルと対立するいくつかの固有の要件があります。本プレゼンテーションでは、アジャイルを使用して企業内のPLMソリューションの展開に関連する問題と解決策 (remedies) のいくつかについて述べます。
           Agile has taken over software development and is making significant inroads into becoming the dominant PLM deployment methodology. Enterprise deployments have some unique requirements that conflict with agile. This presentation will describe some of the issues and remedies associated with using agile to deploy PLM solutions within the enterprise.
    • IoTとスマートでつながるライフサイクルループを結ぶ
      (Closing the Smart, Connected Lifecycle Loop with IoT)
       いくつかのスマートコネクティッド製品 (エレベーターなど) は数十年前から存在していましたが、IoTと比較的安価なセンサーの出現により、スマートコネクティッド製品が一般的になりました。本プレゼンテーションでは、スマートでつながるライフサイクルループをクローズするために使用されているIoT関連テクノロジーの現在状況を簡単に紹介し、この急速に進化するテクノロジースペースに影響を与えると予想されるテクノロジーの兆しがどんなものであるかを紹介します。
           While some smart, connected products (e.g., elevators) have been around for a few decades, the advent of the IoT and relatively inexpensive sensors have made smart, connected products common place. This presentation will briefly take a look at the current state of IoT related technologies being used to close the smart, connected lifecycle loop and what technologies are on the horizon that are expected to make an impact on this rapidly evolving technology space.
  • ネットワーキング・レセプション (Networking Reception)
  • 担当:
    • ピーター・ビレロ、CIMdata 社長&CEO (Peter Bilello, President & CEO)
    • スタン・プルジビリンスキー、CIMdata VP (Stan Przybylinski, Vice President)
    • 江澤 智、CIMdata日本代表/メタリンク (Satoshi Ezawa, A Japan Representative of CIMdata / MetaLinc)

CIMdataのPLM Market & Industry Forumとは?
詳細 (開催場所、時間割など) については、資料一式 (PDF) をダウンロード下さい。
参加お申込について詳細&参加要項をお読みいただき添付の申込書をご利用ください。

(2020.1.27 Created)
(2020.3.17 Updated)
(2020.3.27 Updated)
(2020..4.1 Updated)

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社