Agenda - CIMdata 2019 PLM Market & Industry Forum


日時:平成31年4月24日(水)午前9時45分から終日
(受付開始:9時30分、開始:
9時45分、終了:18時30分
場所:東京ガーデンパレス 東京都文京区湯島1-7-5

  • PLMの状況 - 現行市場並びに最新トレンド (State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
     このセッションではPLMソフトウェアとサービスプロバイダーにとって重大である、拡張知能・インテリジェンス ( augmented intelligence *.1) 、それ以外の進みつつあるトレンドや必須事項を含み、特定のトレンドと課題に重点を置いてPLM業界の現行状況をレビューします。CIMdataは、これらのトレンドと、ますます厳しさが増すこの市場について参加者への影響の見解を説明します。さらに、ビレロ氏は、進化するPLMエコノミーとこれらのトレンドに対してCIMdataがどのように対処しているかについての最新情報を提供します。
         This session will review the current state of the PLM industry with particular emphasis on trends and issues, including augmented intelligence, and other emerging trends and necessities that are critical to PLM software and service providers. CIMdata will present its views on these trends and the impact they have on participants in this increasingly challenging market. In addition, Mr. Bilello will provide an update on how CIMdata is addressing the evolving PLM economy and these trends.
  • 2018年度市場分析結果 (2018 Market Analysis Results)
     PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な識見を持つ最善な情報源として長期に渡って認められているCIMdata年次PLMグローバル市場の分析は、本PLM Market & Industry Forumでまず最初の公開となります。さらなる詳細はCIMdata PLM MAR seriesにレポートされます。
         Recognized for many years as the best source of comprehensive and accurate insights into the evolution and direction of the PLM industry, CIMdata’s annual PLM Global Market Analysis is first revealed at this PLM Market & Industry Forum that will be further detailed and reported in the CIMdata PLM MAR series reports.
  • 2018年度 日本&AP市場分析結果 (Japan & AP - 2018 Market Analysis Results Japan & AP)
     本セッションは、日本市場の分析を中心に2017年度の状況、トレンド、課題について述べます。
         This session describes results, trends and issues based on the analysis of mainly Japanese market on 2018.
  • 拡張知能・インテリジェンス (Augmented Intelligence) にフォーカス 
    (Focus on Augmented Intelligence)
     データ駆動型インテリジェンスは、製品および製品とサービスの組み合わせ、それらの製品の開発を支援するエンタープライズソリューションにおける人間のイノベーションを強化することができます。本セッションでは、これらのトピックの推進に役立つ可能性のあるCIMdataのKnowledge CouncilsおよびAction Groupsでの作業を含み、CIMdataはフォーラムのテーマを発展させる議論を導きます。
         Data-driven intelligence can augment human innovation in products and product-service combinations as well as in enterprise solutions that help develop those products. In this session, CIMdata will lead discussions that expand on the Forum theme, including any work by CIMdata’s Knowledge Councils and Action Groups that may help advance these topics.
    • 製品ライフサイクルイノベーションへのインテリジェンス
      (Intelligence for Product Lifecycle Innovation)
       企業データに隠されているインテリジェンスを活用することで、より迅速に、より良い、より安価な製品と製品とサービスの組み合わせを市場に投入するという競争が続いています。本セッションでは、CIMdataがPLM関連のデータを活用するために最先端の人工知能がどのように適用されているか、隣接するエンタープライズシステム間でデータがどのように流れるかについて紹介します。セッションには、今後10年間におけるPLM関連のインテリジェンスの将来の可能性と成熟レベルについての議論も含みます。
           The competition is on to bring better and cheaper product and product-service combinations to the market faster by leveraging intelligence hidden in enterprise data. In this session, CIMdata will describe how state-of-the-art of artificial intelligence is being applied to leverage PLM-related data and how data flows between its adjacent enterprise systems. The session will also include discussion about the future potential and maturity levels of PLM-related intelligence over the next decade.
    • ジェネレーティブデザインの先には (Beyond Generative Design) 
       トポロジの最適化を含むジェネレーティブデザインのアイデアは、1980年代に開発されましたが、完全には根付きませんでした。アディティブマニュファクチャリングの進化は、ユーザーが伝統的な方法では製造できないモノを産み出すことを助け、新しい関心を呼び起こしました。私たちは、製品エンジニアリング&開発のみでなく、PLMが監督・監視するライフサイクル全体に革命をもたらす環境を作り上げるためにコンピュータ&ソフトウェアの能力の驚くべき進歩・改良を活用することによってジェネレーティブエンジニアリング (またはヒューマンアシストデザイン) へと進化させています。このセッションでは、ジェネレーティブデザイン、シミュレーション&解析、ビッグデータアナリティクス、先端素材、およびロバスト設計などのテクノロジーが、PLMライフサイクル全体にわたる製品開発に革命をもたらす拡張知能・インテリジェンス (Augmented Intelligence) 環境にどのように収束するかについてのビジョンを提供します。
           Ideas for Generative Design, including topology optimization, were developed in the 1980s but did not fully take root. The evolution of additive manufacturing has sparked new interest, helping users to produce objects not manufacturable by traditional methods. We are evolving to Generative Engineering (or Human-Assisted Design) by leveraging the astounding improvements in computer and software capability to create an environment that will revolutionize not only product engineering and development, but the entire lifecycle that PLM oversees. This session will provide a vision for how technologies including Generative Design, Simulation & Analysis, Big Data Analytics, Advanced Materials, and Robust Design will converge to an Augmented Intelligence environment that will revolutionize product development over the PLM lifecycle. 
    • 予知保全 – クロージング製品ライフサイクルループの利点
      (Predictive Maintenance–Benefits of Closing the Product Lifecycle Loop)Manufacturing) 
       製品開発を改善し、利益率の高いアフターセールス収益を生み出すためのフィールドデータの利用は、PLMプログラムでよくある目的です。一流企業はこれらの目的を達成し、便益を実現し始めています。本セッションでは、製品、顧客との関係、売上、利益率を向上させるためにフィールドデータを成功裏に使用した戦略とテクノロジーに関するリサーチについて説明します。
           Using field data to improve product development and generate high margin aftersales revenue are common PLM program objectives. Leading companies are starting to achieve these objectives and realize the benefits. This session will present research on strategies and technologies that have successfully used field data to improve products, customer relationships, sales, and margins.
  • トレンド – ホットトピックス解説 (Short Takes on Hot Topics)
     インダストリー4.0をサポートするいくつかのイネーブリングテクノロジーがあり、ソリューションプロバイダーとその顧客は成功ある採用をサポートするために十分に理解しなければなりません。ここでのセッションでは、これらのトピックに関するCIMdataの初期調査を含み、参加者にとって需要な識見の提供を期待します。
         There are a number of enabling technologies that support Industry 4.0 that solution providers and their customers must understand fully to support their successful adoption. These sessions include CIMdata’s initial research on these topics and look for the audience to engage to provide their key insights.
    • 目的の市場 (Markets of One, *.2) に向ける (Getting to Markets of One)
       デジタリゼーションまたはIndustry 4.0の戦略を追求している多くの企業は、共通の目標を共有しています:つまり自社の製品とプロセスをより構成・設定可能 (configurable) にすることで、目的の市場 (Markets of One, *.2) で利益を上げるようにして提供することができます。本セッションでは、CIMdataが先進的なバリアント構成管理機能 (advanced variant configuration management capabilities) の重要性とPLM市場のリーダーがどのように対応しているかについて説明します。
           Many companies pursuing digitalization or Industry 4.0 strategies share a common goal: being able to profitably serve markets of one by making their products and processes more configurable. In this session, CIMdata will discuss the importance of advanced variant configuration management capabilities and how PLM market leaders are responding.
    • デジタリゼーションとMBSE:市場トレンド、課題と機会
      (Digitalization and MBSE: Market Trends, Challenges & Opportunities)
       今日のサイバーフィジカルシステムによってかつてないほど複雑化しているディスクリート製品の開発プロセスの広範なデジタリゼーションは、一般的にはPLMの範囲内で管理される初期の概念的なシステム設計からダウンストリーム機能まで、データとモデルのデジタルスレッドの接続と管理にますます焦点を当てる必要があります。CIMdataは、MBSEの主なトレンドについて述べ、実際の進歩がどこで行われているのかをハイライトを当て、まだ取り組むべき課題を明確にします。
          The widespread digitalization of discrete product development processes combined with the ever increasing complexity of today’s cyber-physical systems is increasing focus on connecting and managing the digital thread of data and models from the early conceptual systems design to the downstream functions more typically managed within the scope of PLM.  CIMdata will discuss the key trends in MBSE, highlight where real progress is being made, and identify the challenges still to be addressed..
  • ネットワーキング・レセプション (Networking Reception)
  • 担当:
    • ピーター・ビレロ、CIMdata 社長 (Peter Bilello, President)
    • スタン・プランスキー、CIMdata VP (Stan Przybylinski, Vice President of Research)
    • 江澤 智、CIMdata日本代表/メタリンク (Satoshi Ezawa, A Japan Representative of CIMdata / MetaLinc)

*.1: 正確に単には、”拡張知能” というよりは、”インテリジェンス強化” の方がベターと考える。すなわち”理解力・思考力&知能・知性を高めてモノゴトの判断を正しく行う” が本筋と考える。

*.2:ご参考 - Definition: Market of One - https://www.mbaskool.com/
抄訳 - 顧客が企業からあたかも独占的に扱われているか、あるいは優先権を与えられているかのように顧客に感じさせるカスタマイズや顧客サービスのレベルを “Market of One” と呼ばれる。スマートフォンや高速インターネットなどの最新技術の出現、そしてソーシャルメディアの利用のさらなる増加に伴い、企業は現在、自社の顧客についてより多くの情報を得ることができるようになっている。この情報を使用することで、企業はユーザーの好みやニーズに応じてサービスや製品をカスタマイズできる。


詳細 (開催場所、時間割など) については、資料一式 (PDF) をダウンロード下さい。
参加お申込について詳細&参加要項をお読みいただき添付の申込書をご利用ください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社