Agenda - CIMdata 2018 PLM Market & Industry Forum


日時:平成30年4月25日(水)午前9時45分から終日(受付開始9時30分)
場所:東京ガーデンパレス 東京都文京区湯島1-7-5

  • PLMの状況 - 現行市場並びに最新トレンド (State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
     デジタルエンタープライズとデジタルツインの実現、PLMソフトウェアやサービスプロバイダにとって重要な新興トレンドなど含め、トレンドと課題に重点を置いてPLM業界の現行状況をレビューします。CIMdataは、こうしたトレンド、課題が増しているこの市場での関係者への影響についての見解を提示します。進化・発展するPLMエコノミーとこそれらトレンドにどのようにCIMdataが取り組んでいるかを述べます。
    (A review of the current state of the PLM industry with emphasis on trends and issues, including enabling the digital enterprise and the digital twin, and other emerging trends that are critical to PLM software and service providers. CIMdata will present its views on these trends and the impact they have on participants in this increasingly challenging market. Find out how CIMdata is addressing the evolving PLM economy and these trends.)
  • 2017年度市場分析結果 (2017 Market Analysis Results)
     PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な識見を持つ最善な情報源として長期に渡って認められているCIMdata年次PLMグローバル市場の分析は、本PLM Market & Industry Forumでまず最初の公開となります。さらなる詳細はCIMdata PLM MAR seriesにレポートされます。
    (Recognized for many years as the best source of comprehensive and accurate insights into the evolution and direction of the PLM industry, CIMdata’s annual PLM Global Market Analysis is first revealed at this Market and Industry Forum. Further detail will be reported in the CIMdata PLM MAR series of reports.)
  • 2017年度 日本&AP市場分析結果 (Japan & AP - 2017 Market Analysis Results Japan & AP)
     本セッションは、日本市場の分析を中心に2017年度の状況、トレンド、課題について述べます。
    (This session describes results, trends and issues based on the analysis of mainly Japanese market on 2017.)
  • CIMdataのリサーチのアップデート (CIMdata’s Research Update)
     CIMdata社のコンサルティングの実践領域と2018年の弊社のPLM Knowledge Councilsとアクショングループのリサーチアジェンダに関連するいくつかのトピックについて議論を展開します。
    (ICIMdata will lead discussions on topics pertinent to our consulting practice areas and PLM Knowledge Councils' and Action Group's research agendas for 2018.)
    • インダストリー4.0 - リージョナルアップデート (Industry 4.0 - A Regional Update)
       CIMdataは、主要なソリューションプロバイダーおよび産業界の企業を調査して、早期の成功、重要な学習、および取り組まなければならない課題に焦点を当て、Industry 4.0の脈動を得ました。この情報は、参加者と共に、セッション後にさらなるの所見を集め、リポートのために活用されます。
      (CIMdata has researched the leading solution providers and industrial companies to take the pulse of Industry 4.0, focusing on early successes, key learnings, and issues that must be tackled. CIMdata will use this information to engage the audience, and gather and report additional information from the participants after the session.)
    • 組立世界の製造・生産 (Manufacturing in the Built World) 
       既存の製造業の企業に付加価値と投資収益率を提供して、モノのインターネット (IoT) 、Industry 4.0プラクティス、拡張現実&仮想現実などの新技術の採用が行われていますか? 本プレゼンテーションでは、新しいプロセス、それらの投資収益率、既存のPLM、MES (Manufacturing Execution System) 、およびMOM (Manufacturing Operations Management) 環境への統合について検討・議論します。
      (Is the adoption of Internet of things (IoT), Industry 4.0 practices, and new technologies, such as Augmented Reality & Virtual Reality, providing existing manufacturing companies added value and return on investment? This presentation will consider the new processes, their return on investment, and their integration into existing PLM, MES, and MOM environments.)
    • アディティブマニュファクチャリングの工業・産業化 (The Industrialization of Additive Manufacturing) AMマシン、デザイン&シミュレーションソフトウェアツール、AM素材などのアディティブマニュファクチャリング (AM) 機材の進歩は、最終用途、コンポーネント、さらには製品全体でも、工業的な品質を実現する見通しを得ています。このプレゼンテーションでは、AMを実務に導入する企業が検討しなければならない領域の概要を説明します 。
      (Advances in Additive Manufacturing (AM) equipment such as AM machines, design & simulation software tools, and AM materials offer the prospect of making industrial quality, for end-use, components and even whole products. This presentation will outline areas that must considered by companies implementing AM into production.)
  • ホットトピックス解説 (Short Takes on Hot Topics)
     ソリューションプロバイダとその顧客は、導入の成功を完全に支援するために、理解する必要があるインダストリー4.0をサポートするためのいくつかの実現化テクノロジがあります。以下のセッションには、これらのトピックに関するCIMdataの最初の調査が含まれており、参加者のみなさんにこれら主要ば洞察を提供できることを期待します。
    (There are a number of enabling technologies that support Industry 4.0 that solution providers and their customers must understand fully to support their successful adoption. These sessions include CIMdata’s initial research on these topics and look for the audience to engage to provide their key insights.)
    • ライフサイクル管理サービス:新しい機能と新しいビジネスモデルの提供にIoT / IIoTを活用する (Service Lifecycle Management: Leveraging IoT/IIoT to Deliver New Capabilities and Business Models)
       サービスライフサイクル管理 (SLM) は、PLMの重要な要素となり続けています。本セッションでは、企業が製品やシステムの稼働中のステータスに関する情報を取得し管理すために、如何にIoT / IIoTを活用するかを述べます。この情報により、顧客に対してより良い対応が可能になり、製品ではなくむしろサービス、例えばパワーの時間使用量 (power by the hour.) などに焦点を当てたサービスなど、新しいビジネスモデルを創ることができます。
      (Service Lifecycle Management (SLM) continues to become a more important part of PLM. This session will describe SLM and how companies are leveraging IoT/IIoT to capture and manage more information about the in-service use and status of products and systems. This information is enabling them to provide better response to their customers and create new business models in which service rather than the product is the focus, e.g., power by the hour.)
    • PLMでのビッグデータの閉ループ化 (Closing the Big Data Loop in PLM)
       ビッグデータは、産業界の企業から多くの注目を集め続けています。企業にとってデータの破片・がれき (data debris) を採掘して実用的で洞察力のあるデータを分離することが重要です。PLMにとって、IoT、IIoT、およびその他のソースからのビッグデータのフィードバックループ (closing the loop) が不可欠です。本セッションでは、ビッグデータからの価値を管理することと抽出することに於ける拡大しているPLMの役割について説明します。
      (Data continues to garner a lot of attention from industrial companies. It is critical for enterprises to be able to mine data to separate actionable and insightful data from the data debris. For PLM, it is essential to enable closing the loop for big data from IoT, IIoT, and other sources. This session will discuss PLM’s expanding role in managing and extracting value from Big Data.)
    • 仮想現実/拡張現実:どこからやってきたのか?どこに向かっているのか? (Virtual/Augmented Reality: Where Did It Come From and Where Is It Going?)
       拡張現実(AR)と仮想現実(VR)は、新しいトピックスではなく、3Dプリンティングのような数十年の歴史を持っています。しかしそれは (成功への) 深い溝 (Crossing the Chasm) を乗り越えたでしょう?数十年にわたるARとVRの簡単な歴史を見直します。現在の技術水準の長所と短所が明らかになるでしょう。次の2~5年でARとVRがどこに向かうのかを明らかにするために、標準や消費者の展開を含む今後の展開を評価します。
      (Augmented Reality (AR) and Virtual Reality (VR) are not new topics, they have around for decades just like 3D printing. Has it finally crossed the chasm? A brief history of AR and VR through the decades will be reviewed. Pros and cons of the current state of the art will be identified. Upcoming developments, including standards and consumer developments, will be assessed to tease out where AR and VR is likely to go in the next 2- to 5-years.)
  • ネットワーキング・レセプション (Networking Reception)
  • 担当:
    • ピーター・ビレロ、CIMdata 社長 (Peter Bilello, President)
    • スタン・プランスキー、CIMdata リサーチVP (Stan Przybylinski, Vice President of Research)
    • 江澤 智、CIMdata日本代表/メタリンク (Satoshi Ezawa, A Japan Representative of CIMdata / MetaLinc)
全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社