CIMdata 2016 PLM Market & Industry Forum


“PLM:デジタリゼーションへのキーイネーブラー”
 (PLM: A Key Enabler for Digitalization)


“素材の世界:あらゆるモノ・コトを変える”

“It’s a Material(s) World: This Changes Everything”

 歴史的に画期的で新しい出来事が、多くの場合、その時代の支配的な素材・材料に対して命名されています。例えば、石器時代は、金属加工の登場まで約340万年続きました。青銅器時代は、古代人が純粋な金属を用いるよりも合金の方が彼らの金属へのニーズを満たすことを何らかの方法で突き止めていることで興味深いものです。鍛造などの方法を取り入れる新しい金属加工技術は、青銅器時代に使用された鋳造を超えるために発生したものです。素材・材料の配合に何かを追加すること (このケースでは鉄に炭素を加える) は、鉄に代わって合金を社会にもたらしました。各変化に伴い、仕事の仕方や構築の方法は、学習されていない新しいモノ・コトをしかるべくできるようするにはいくつもの変更必要でした。さらに重要なことは、それぞれの画期的で新しい出来事と素材・材料は、前の世代の素材・材料を使って考えることが出来なかったモノ・コトを行って構築することを人類に可能にしました。

 ある種のグループは、自分たちは情報化時代におり、広範な製品レンジについて定義、設計、エンジニアリング、生産、そしてサポートをする方法を支援する製品ライサイクルマネージントでのツール、手法、またプロセスをもたらしたと主張しています。エンジニアはモノ・コトが如何に高い精度で実世界で機能・動作するかを予測することができるアナリティクス・プログラムでの数学と物理学を表現する方法を学びました。素材・材料ハンドブックはこの情報を要約しており、エンジニアや設計者は、信頼度の高い素材・材料を選ぶことができ、コンポーネントが予測通りに機能するよう設計できます。プラスチック、セラミックス、複合材料などの “新しい” 素材・材料の出現は、現行または新しいアプリケーションで必要に応じて、これらの素材・材料が機能できることを確実にするための新しい方法、アナリティクス、テスト、またその他の技術の開発が必要でした。複合材料工学の専門家であるVistagy社とMagestic Systems社は、社が持つ専門知識を持って、それぞれSiemens PLM Software社とAutodeskに買収されました。同様に、シミュレーションと解析の企業は、新な素材・材料と製造プロセスに焦点をあてているニッチなアナリティクス企業に素早く目をつけています。 

 一般的に広く3Dプリント (3DP) と参照される積層造形は数十年の実績であるものの、あらゆるモノ・コトを変える可能性がある素材・材料と製造機能・能力のルネッサンスを引き起こしています。新しい素材・材料は、3DPを用いて製造するための新しい応用方法に供するための特異な特性をもってエンジニアリングされています。しかし、これらは所望の特性を持っているのでしょうか? 以前同様、製造業者が望ましい結果を得ることを確実にするために、新しい方法、アナリティクス、またテストが必要となります。これはまた、素材・材料自体がエンジニアリング出来かつ検証の必要があるという新なレベルの “システムズエンジニアリング を必要とします。多くの企業はこのアプローチを取ることを望むでしょうが、例えそれを得てもそうするための社内のリソース不足で新たなアプローチを必要とします。クラウドソーシングやオープンイノベーションのような技術は、素材・材料のイノベーションに於いて大きな成功をしており、革新的な企業のイノベーション管理ソリューションによってますます推進されています。PLMソリューションプロバイダは、この変化のパワーを支援するために素材・材料のイノベーションと分子モデリング (構築) に於いて本質的な投資 (organic investments) やパートナーシップで対応しています。これはまた、循環経済 (Circular Economy) やコンプライアンスに関連するものです。企業は、よりコンプライスに適合し、よりリサイクル可能で、より再利用可能な新しい素材・材料を作るために、自社製品の問題ある要素を置き換えるために新しい素材・材料をデザインすることができます。新しい素材・材料やプロセスは、製造プロセスの定義や費用/収益性分析に於いて相当量の作業を必要とします。これはまた、すべてのモノ・コトを変化させるものであり、PLMエコノミーは、産業界の企業が新しい素材・材料およびそれらに関連する設計、製造、およびサポートのプロセスの採用と使用を最適化するために支援し対応する必要があります。

 CIMdataの2016 PLM Market & Industry Forum、PLMエコノミーのソリューションおよびサービスプロバイダに向けたリーディングイベントは、弊社のPLMコミュニティメンバーに対して重要な成果物を呈示する場です。本年度のフォーラムは、現行の経済情勢と動向の識見を提供し、上記の課題にフォーカスして、PLMエコノミーに於ける影響を検討します。CIMdataのPLM市場の現行状況と将来のトレンドについての視点が、CIMdataの2015年のPLM市場分析の最初のパブリックリリースとして詳細に呈示され、それにはPLM分野、産業別、地域別など全体の市場について広範な分析と予測、大手PLMソリューションプロバイダ(収益と市場シェア)の実績などを含みます。CIMdataでは、PLMのコミュニティを満足させるためのソリューションプロバイダーの要件についてより知るための場としてこれらセッションを見ています。

 CIMdataの PLM Market & Industry Forum イベントの参加者には、現行と新たに展開・発展するPLM市場、そのダイナミックな影響、継続的な市場の進展について確かなる理解を深めることを期待するものです。出席者は、自身が活用できるチャンス、また来る年へのPLM市場環境をナビゲートするために利用できるアプローチなどに対して先見性ある識見を高めることになります。CIMdataの PLM Market & Industry Forumはまた、競合相手・他社、コラボレータ・協力者、また潜在的なパートナーを含み、PLMコミュニティに於ける専門家たちとのネットワークの機会も提供します。

私たちが対処すべき重要なる問題は何か?

マテリアルミックスが進むことは変化・変革をもたらす。
変化・変革は、私たちに適応すること強制する。
新しいマテリアルはイノベーションをもたらし、
以前に想定されてなかったモノ・コトを構築するための能力につながる。
マテリアル主導製品開発は、イノベーションへのキーである。

積層造形または3Dプリンティングは、
すべてのモノ・コトを変える可能性を秘めるマテリアルと製造の
ルネサンスを引き起こしている。

 これはまた、すべてのモノ・コトを変化させるものであり、産業界の企業が新しい素材・材料およびそれらに関連する設計、製造、およびサポートのプロセスの採用と使用を最適化するために、PLMエコノミーは支援し対応する必要があります。

  • メーカーが所望の結果を手にすることを確実にするために、どのような新しい方法、アナリティクス、試験が必要とされているか?
  • デザイン・設計、分析、検証を含めて新マテリアル時代におけるマテリアル管理に、どのようなサポートが必要とされているか?
  • マテリアルをエンジニアリングできるようにして検証を必要とする新しいレベルに進む際、“システムズエンジニアリング”のインパクトは何か?
  • マテリアルイノベーションエコシステムを探し出し、構築し、管理することについて、どうやるか?
  • マテリアルのバーションに於けるクラウドソーシングやオープンイノベーションのようなテクニックの使うインパクトはどのようなものか?
  • これは循環経済、持続可能性、またコンプライアンスにどのように関連しているか?
  • 新しいマテリアルの導入の課題にメーカーとサプライチェーンはどのように対処すべきか?
  • 3Dプリンターは、PLMエコノミーのどのような影響を与えるか?
  • マテリアリングエンジニアリングに於ける進歩を考慮して将来の製品イノベーションプラットフォームに対する影響はどのようなものか?
  • PLMソリューションが過去サポートしなかった分野であるポートフォリオ&コスト管理の背景にある多くの機能的な拡大として、将来の収益性管理をサポートするために必要な機能・能力についての要件はどのようなものか?
  • PLMソリューションプロバイダは、この変化のパワーを支援するための対応に必要なものは?

 これはまた、すべてのモノ・コトを変化させるものであり、産業界の企業が新しい素材・材料およびそれらに関連する設計、製造、およびサポートのプロセスの採用と使用を最適化するために、PLMエコノミーは支援し対応する必要があります。

 弊社の2016年のフォーラムイベントの一つであるPLMコミュニティに皆さんの仲間は参加して対話を行い、業界を強化するこのイベントを重要なるものにご計画ください。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社