CIMdata 2015 PLM Market & Industry Forum


イノベーションのためのプラットフォーム:PLMの次なる進化のステップ
(Platforms for Innovation: PLM’s Next Evolutionary Step)


 PLMのプラットフォーム化についての詳細情報は、CIMdataのWEBページ、PLM Platformization (PLMのプラットフォーム化) に関する関係書類集 (Dossier) を参照ください。

 従来の一般の通念によれば、会社はイノベーションで繁栄します。共通なプラクティスは、使命 (mission) に対するビジョンから戦略へと落とし込むために戦略的な計画プロセスを使用することです。アプローチは 業界により異なります。焦点は、新製品、サービス、またはプロセスであるかも知れません;あるいは、考えうるそれぞれの代替え手段に対して目論んだリターンを持った戦略なイニシアチブの組合せ。企業は、社の業務の全ての範囲にわたってイノベーションする必要があります。いくつかのケースでは、新たなビジネスモデルは、新しいイノベーションに対しての市場を最適に攻略・獲得する必要がおそらくあります。

 それらビジネス領域全体に及ぶイノベーションは、会社の目標を達成したり、または超えるために必須である売上や利益 (the top- and bottom-line ) をコラボレーティブにもたらす必要があります。必要となるイノベーションは明確にして定義されると、以下のProject Management Instituteからの図に示すように、“manage on-going operations (進行中の事業・業務をマネージメントする) ” と “manage authorized programs and projects (認証・権限を受けたプログラムやプロジェクトをマネージメントする) ” を手助けするために多くの事業戦略 (enterprise strategies ) やシステムがあります。

 このピラミッド全体にわたり、組織は、自身の確固たる取組・努力を支援するために必要なデータ、プロセス、また機能的な能力を明確にして定義します。このデータ - プロセス - 機能・能力の組み合わせは、CIMdataのプラットフォームの定義の中核となります。プラットフォームは、ITで可能なもの (IT enabled) であるかも、またはそうでないかもしれません。ビジョンと使命 (mission) を明確して定義するために使用されるプロセスは、多くの場合、ポストイットやMicrosoft Officeツールでサポートされて、グループ・コラボレーションに媒介されます。ある種のツールはIT集約的 (IT intensive) なものです。例えば、上記の図の左側に、企業は、生産のためのリソースを最適に割り当てるためにERP (企業資源計画、エンタープライズ・リソース・プランニング) を使用しています。CRM (顧客関係管理) ソリューションはまさにそのようであり、つまり製品とサービスの販売とプロビジョニングをマネージメントするために、企業に社の顧客との関わりを助けるものです。製品ライフサイクル (PLM) は、製品とプロセスの開発・展開を支援するために、ソフトウェア、テクノロジー、及びサービスによって可能にした戦略的ビジネスアプローチとして現れました。CIMdataのPLMの定義は、製品アイデアからライフサイクルの終焉 (end-of-life) に渡るもので、よってPLMは、プロセスに関連する製品、プロセス、またサービスとイノベーションに於いて果たすべき多大な役割を持っています。

 過去数年に経て、アイディエーションのプロセスがソーシャル・テクノロジーによって見事に可能になっています。 このケースに一つに、新しいアイデアを活かすことに興味を持っているコミュニティを活用するプラットフォームとしてKickstarter (キックスターター) を考えるみることです。多くの産業企多くの産業企業は、これを実現するために選択された個人またはコミュニティの独自のプラットフォームを創り、それら人々やコミュニティでのオープンイノベーションに依存しています。実際、いくつかのPLMシステムインテグレータは、自社の大きな効果のためにこのアプローチを使用しています。一流企業 (Leading companies) は、それらアイディエーション/アイデアマネージメントのプラットフォームをERPやPLMのような社の異なったエンタープライズのプラットフォームと如何にベストに接続するかの解決に取組んでいます。

 シミュレーション&解析(S&A)セグメントの非常に大きな成長の理由の一つは、製品ライフサイクルの初期のコンセプト段階の裏側でS&Aの使用が増加していることです。企業がスケッチやクレイモデルを作るために使っていた部分は、今では0-1-2-3Dモデルのシステムで作成しています。このアプローチをサポートするための既存のプラットフォームは適切でしょうか?または新しいものを必要としているでしょうか?新しいアプローチで成功するためにシステムインテグレータやリセータ/VARは顧客の能力・力量を高める (empower) ために各社はどのような新しいスキル、ソリューション、またサービスを開発・展開する必要があるでしょうか?

 現行のPLMが可能にするプラットフォーム (PLM-enabling platforms ) は進化・発展しています。何社かの主要なPLMソリューションプロバイダは、たった一つの一枚岩の製品提供 (one monolithic offering) から中核ソリューション及びユビキタススマートフォンのような関連したアプリ (Apps) へと進展しています。これはITコンシューマリゼーションがPLMに打撃を与えているのでしょうか?それは、ユーザーにとって、ソリューションプロバイダにとって、どのような意味をもつのでしょうか?特に、CIMdataがリサーチに取組んでいるPLMの持続可能性 (PLM sustainability) に非常に大きな影響を持つものです。3Dプリントやモノのインターネット (the Internet of Things) のような他の進展中のテクノロジーは、多くの産業セグメントで新たなイノベーションの機会を創生しています。今年のフォーラムで、CIMdataのチームは、これらの問題・課題とPLMエコノミーへの影響を探求して行きます。

 リーディング・イベントであるCIMdataの2015年度の2015 PLM Market & Industry Forumは、PLMエコノミーに於けるソリューションプロバイダとサービスプロバイダ向けに特にデザインされたものであり、弊社のPLMコミュニティメンバーのために価値ある重要な成果物を提供するものです。

企業は、イノベーションで栄える

 企業は、社の運用のあらゆる場面・場所でイノベーションイノベーションすることが必要である
。会社の目標を達成したり、または超えるために必須である売上や利益をもたらす必要がある
イノベーションは、企業の持続可能性への鍵である。
 PLMの次の進化の一歩を踏み出す方法を共に見出そう!
 PLMのプラットフォーム化についての詳細情報は、CIMdataのWEBページ、PLM Platformization (PLMのプラットフォーム化) に関する関連書類集 (Dossier) を参照ください。     

 製品ライフサイクル管理 (PLM: Product Lifecycle Management) は、製品とプロセスの開発・展開を支援するために、ソフトウェア、テクノロジー、またサービスで可能になるようにした戦略的なビジネスアプローチとして出現しました。CIMdataのPLMの定義は、製品のアイデアから製品の終焉に至るまでをカバーし、製品、プロセス、プロセスに紐付いたサービス、またイノベーションでの役割を大きく持っています。 


 過去数年にわたり、アイディエーションのプロセスがソーシャル・テクノロジーによって見事に可能になって来ています。多くの産業企業は、オープンイノベーションを実現するために選ばれた個人またはコミュニティの独自のプラットフォームを創り、それら個人やコミュニティでのオープンイノベーションに依存しています。

我々が問うねばならない難しい事柄 (hard questions) は何か?

  • 既存のプラットフォームは、このアプローチをサポートするために十分なものか?
  • 新しいプラットフォームが必要とされているか?
  • システムインテグレータや再販業者/VARの顧客に新しいアプローチで成功するために、どのような新しいスキル、ソリューション、またサービスが必要とされているか?
  • ITコンシューマライゼーションがPLMに打撃を与えているのか?
  • ソリューションプロバイダにとって、ユーザーの幅広いPLMコミュニティに対してそれはどのような意味をもつのか?
  • PLMのサステナビリティにどの様な影響を及ぼすか?

 2015年のフォーラムイベントのいずれかの開催場所のPLMコミュニティにて皆さんの仲間と親交を深め、業界を形成・適切な形にする重要な場としてご計画下さい。これはPLM-as-a-Platform (プラットフォームとしてのPLM) がPLMエコノミーにどのような影響を与えるかの今後の姿について手助けするための皆さんの格好な機会となります。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社