CIMdata 2014 PLM Market & Industry Forum


“循環経済に向かって:新たな試練が新たなチャンスをもたらす”
(Moving Toward a Circular Economy: New Challenges Offer New Opportunities)


 市場で提供する製品やサービスは、広範囲な要件を同時に満たしている必要があります。もちろん、顧客は常に第一でありますが、対処する必要があるさらなる利害関係者がおります。満足させるためのさらなる判断基準として、可能な限り開発プロセスの早い時期にそれらを検討することは理にかなうものです。1980年代に出現したコンカレント・エンジニアリングの考えは、これらのニーズに対処するもので、その時代、一般的に開発に使われていたウォーターフォール・アプローチとは極めて対照的なものです。

 製品ライフサイクルマネージメント(PLM)は、ソフトウェア・テクノロジーならびにサービスによって可能と成り、製品とプロセスの開発をサポートするための戦略として登場しました。理想的には、企業は、社のPLM戦略の一環として、コンセプトから廃棄(Retirement)まで製品を管理します。製品の生産ならびにその利用・使用をするいずれにも於いて製品の環境負荷を低減することを目指し、サステナビリティが製造業者への共通のスローガンとなっています。しかしながら、製品の廃棄(Retirement)には、多くの地域で、廃棄場所の容量、環境中の有毒物質、また再利用やリサイクル出来ないものが製品に埋め込まれるという究極の天然資源の無駄などに対処しなければなりません。

 それは人によって、より優れた方法があると信じています。私たちは多くの一般的な製品に於いて、材料の解体、リサイクル、また再利用に向けて、設計に大きな進歩を遂げてきました。PLM戦略とその有効なるソリューションは、これまで成功するために重要な役割を果たしてきました。しかし、我々がもしゼロ・インパクトを可能にしたらどうなるでしょうか?我々が大地から取り出した、あるいは創られたすべてが、無限に再利用したり再目的に供するできればどうなるでしょうか?しかし、これは、我々は何をし、構築して、利用についての大部分への考え方を根本的に新しくするアプローチ、“循環経済circular economy)” の1つの考えに過ぎません。このより厳しいニーズを満たすには、企業の適用を支援するために、PLMが実現する新しいソリューションとサービスが必要になります。サステナビリティを可能にすることにすでにフォーカスしているソリューションとサービスのプロバイダーは、強みを持つことになるでしょうが、おそらく新規の市場参入もあるでしょう。

 本質的には、この新しいアプローチは、本当に全体論的な方法で製品を見るシステム思考を必要とします。システムズ・エンジニアリング(SE)は、この広いビューを採択するためのフレームワークを提供しており、より拡充したツールの組合せは、必要としている企画と開発のトレードオフをナビゲートするのに役立ちます。採用・適用する人々は、このアプローチにフォーカスするサービス・プロバイダの専門家からのサービスが必要になります。

 循環経済circular economy)は、シミュレーション&解析(S&A)に新たな要件を課します。繰り返して材料を再利用することは、利用者のプロパティを変えることになります。利用者は何度もの再利用に耐えるでしょうか?我々は製品ライフサイクルの初期段階でより頻繁にS&Aを適用する有益性を見いだせますが、これらソリューションは計算集約型です。我々は、より循環型に相応しい方法でシミュレーションを行えるでしょうか?大手S&A企業のほとんどは、広範なサービスを提供していますが、新たのチャンスはあるのでしょうか?

 製品データ管理(PDM)ソリューションは、しばしばPLM戦略の中核であります。航空宇宙&防衛(A&D)分野に関する最近のCIMdataの調査では、大手企業は、単なるデータとプロセス管理を超え、その先に向かおうとしていることを呈示しました。私どもの業界向けのコンサルタントは、その他の産業での同様の現象を明らかにしています。これはこの新しい考え方が求める広範な適用・導入と実装を支援するために必要する対象物への専門知識を提供できる専門的なプロバイダーとサービス組織に新たなチャンスを創り出すものです。

 組織(ユーザー)はすでにオンプレミスなPLMで実現するツールに多大なリソースを費やしています。ここ数年、クラウド提供で可能になるソリューションがますます多くなってきました。何が利用可能なのか、何が起こるのか、また他に必要なものは何かということについて理解することが、ITユーティライザーションに対する循環アプローチへの円滑な道筋を支援します。これらツールの多くはモバイル・プラットフォーム上に、“ディスクレス”への機能をもたらし、リモート・ユーザーにデリバリーを拡大しています。モバイルとクラウドは、ソリューション・プロバイダとSI/再販業者/VAR間の関係を変化させています。皆さんは準備ができているでしょうか?

 ここまでの議論に基づいて、循環型方式(circular fashion)の考え方は、考えの範疇の中に全くなかったのです。同様に、PLMは、何世代も変化のない “raw material(原材料)” のタイプ、すなわちファイルを作り、利用していました。その枠の外側を見るようにするにはPLMは何を得たら良いでしょうか?いくつかの新しいトレンドや一部大手企業の行動は、確実なプロセスとユースケースをサポートするために必要なだけのフィルを作り、オブジェクトとして情報を格納し、伝達するための新しい方法を示唆しています。PLMエコノミーへのこの変化の影響・結果はどうなるのでしょうか?

 CIMdataの2014 PLM Market & Industry Forum、PLMエコノミーのソリューションおよびサービス・プロバイダだけに向けたリーディング・イベントは、私たちのPLMコミュニティ・メンバーのための重要な成果物を呈示する場です。本年度のフォーラムは、現行の経済情勢とトレンドでの識見を提供し、関係者やその組織が持つ課題にフォーカスして、PLMエコノミーでの影響を検討します。CIMdataのPLM市場の現行状況と将来のトレンドについての視点が、CIMdataの2013年のPLM市場分析の最初のパブリック・リリースとして、詳細に呈示され、それにはPLM分野、産業別、地域別など全体の市場について広範な分析と予測、大手PLMソリューション・プロバイダ(収益と市場シェア)の実績などを含みます。CIMdataでは、PLMのコミュニティを満足させるためのソリューション・プロバイダーの要件についてより知るための場としてこれらセッションを見ています。

 CIMdataのPLM Market & Industry Forumの参加者は、現行のPLM市場の確かなる理解とそのダイナミックな影響について深め、継続的な市場の進展についての現実的な予測を展開することができるようになります。出席者は、自身が活用できるチャンス、また来る年へのPLM市場環境をナビゲートするために利用できるアプローチなどへの先見性を持った識見を高めることになります。このイベントはまた、競合相手・他社、協力者、また潜在的なパートナーを含み、PLMコミュニティに於ける専門家たちとのネットワークの機会も提供します。


 CIMdataのPLM Market & Industry Forumは、あらゆる規模のPLMソリューションやサービス・プロバイダーに向けて特別に企画された最高の年次業界イベントのシリーズです。

 CIMdataとフォーラムの出席者は、フォーラム・イベントを通して、PLM市場が直面している現行の課題を共にします。セッションは、現行の経済情勢や動向への識見、またPLMエコノミーでのそれらへの努力などについて、現行ならびに将来のPLM市場の状況とトレンド、CIMdataの前年のPLM市場の結果の分析の最初の公開 (PLM領域全体、産業・業種、地域、また大手ソリューション・プロバイダの業績 収益と市場占有率の分析についての詳細なプレゼンを進めます。

 さらにソリューション提供のための現行ならびに将来の業界共通な課題にフォーカスしたセッションを設けて議論をすすめております。2013年度はシステムズ・エンジニアリングに於ける異分野コラボレーション、CADに於ける変化する意思決定の発展、 “ビッグデータ” とPLM、ビジュアルな意思決定、そしてPLMに於けるモバイル・アプリケーションをカバーしております。

 また、ローカルな特徴として、日本では日本を中心としてAP市場にフォーカスしたセッションを提供しております。

 米国ではベンダーフォーラムとして始まり、およそ20年の歴史を持ったイベントです。日本では1997年より、ショートカット版を開催し、2000年以降はグローバル・イベントとして共通なプログラム(一日)となっております。

 CIMdataのPLM Market & Industry Forumの参加者は、現行ならびに進展しているPLM市場の状況の信頼出来うる理解、その影響のダイナミックさ、そしてその継続的進化への期待について確かなものにすることになります。出席者は、自身が現行、また来る年へのPLM市場環境をしっかりと進むために利用出来るアプローチと機会へのさらなるインサイトを高めることになります。CIMdataのPLM Market & Industry Forumは、競合相手、コラボレータ、また今後の潜在的なパートナーを含むPLMコミュニティに於ける他社のプロフェショナルとのネットワークへの機会も提供します。

 開催は、米国版(北米)、欧州版(EMEA)、日本版、そして2012年前より中国版を開催しております。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社