CIMdata 2013 PLM Market & Industry Forum


デシジョン!”(Decisions, Decisions


 製品ライフサイクルマネージメント (PLM - Product lifecycle management)は、常により良い意思決定のために関わってきました。そのルーツであるエンジニアリングデータマネージメントは、エンジニアや関係者が製品に関連するデータを検索し、管理することを支援し、利用可能な最新且つ最善の情報を得るためのエンジニアや関係者のプロセスを確実にすることにフォーカスしました。含まれるプロセスと拡大・発展した実現可能なソリューションの定義と組合せとともに、企業およびその関連企業 (所謂、extended enterprise) 全体から成るより多くの利害関係者が、異なるタイプの意思決定プロセスに関与するようになりました。

 主要なPLMソリューションプロバイダは、社のメッセージや提供製品に様々異なる拡大に対する意思決定というものにいずれもがフォーカスしています。このフォーカスをサポートするためのメッセージやソリューションを換えているものが、大きなエコノミーの中での変化により影響を受けている部分でもあります。昨年、CIMdataは、ほぼすべての業界の企業に対してある種の長期の恒久的変化をもたらした巨大な景気後退が創り出していてる “新しい基準・状態 (New Normal) ” について解説しました。労働力人口の配置の変化、そしてPLMソフトウェアのための新しい期待の変化、これらは自社の製品、メンテナンス、サービスの転換など、少なくともいくつかのPLMソリューションプロバイダに影響を与えました。これらの継続的な変化の認識をして、CIMdataの2013年度のPLM Market & Industry Forumは、この “New Normal Lens” を通して技術やソリューションの動向を見ていきます。例えば、シミュレーションと解析 (S&A) は、不況にもかかわらず、過去数年間の急成長しているPLM市場セグメントの一つとなっています。しかし、多くのソリューションプロバイダは、製品全体のライフサイクル全体の意思決定プロセスのダイナミクスを変えるためにS&Aを利用することを模索しています。

 過去数年間にわたり、大手PLMソリューション・プロバイダの何社かは、CoCreate、Kubotek、その他のような企業によって支持されたテクニックであるダイレクト・モデリングに戦略的な動きを起こしています。SpaceClaimなどの新しい会社は、S&Aや製造グループのようなニーズにデータを適応させる必要がある下流の3Dデータ・ユーザにより意思決定を可能にするものとして社の提供製品を位置付けています。これらの新しいダイレクト・モデリングツールの思いもよらないなりゆきは、CADの移行に著しい変化をもたらしています。長年にわたり、独自のCADフォーマットは、あるソリューションから別のものに移動するために、大規模CADユーザの能力を制限してしまうかなりな “barrier to exit (撤収障壁)” となっていました。ダイレクト・モデリングツールは、組織に対して、レガシー・データの価値の解放し、新しいソリューションへの移行をスムーズをできるようにしています。この能力は、直近での主要なCADの移行の決定に影響を与える要因になって来ており、CIMdataはこの傾向は今後も続くと予想しています。

 昨年のフォーラムに於いて、CIMdataは、ふるくから航空宇宙および防衛産業にそのルーツがあり、急速に多くの業界で不可欠になっている専門分野であるシステムズ・エンジニアリングを大々的に取り上げました。 2012年、CIMdataは、PLMソリューション・プロバイダと産業界の組織のいずれもの間でテクノロジーとビジネス・プロセスの成熟と普及に対応させるために新しいシステムズ・エンジニアリング・カウンシルを立ち上げました。カウンシルが対処すべき重要課題は、意思決定プロセスが、この重要な専門領域をサポートするために、どのように変わらなければならないかというものになります。

 本年度のフォーラムでは,“Big Data (ビッグデータ) ”、mobile technologie (モバイル技術) 、またvisual decision making (視覚による意思決定) などのビジネス・マネージメントの側面に大きな影響を与えることなるテクノロジーについても考察します。企業はビジネスインテリジェンス (BI) を使用し、一部の業界である種の効果のためにビッグ・データの分析・解析をしていますが、このテーマPLM市場ではまだ進展段階です。同様に、本編をお読みしている多くの人々は、20年以上前にはコンピューティング・センターから提供されていたよりも大きな複数のリモート・コンピューティング・パワーを自身のポケットの中に携帯しているものの、今日まで企業は、モバイルデバイスで、如何にPLMの取り組むに変化があるかの表面だけを見てるに過ぎません。

 帰するところ、私たちの多くは、Google MapやAmazonなどのようなサイト上でWebでの商業的な相互作用におけるビジュアルな意思決定というものを利用しています。主要なPLMソリューションプロバイダのほとんどは、社の主要製品にこれらのユーザーインターフェイス (UI) の戦略を訴求していますが、それら製品をベストに利用するようにどのように意思決定のプロセスを変える必要があるのでしょうか?一般のPLM採用における大きな課題の一つは、新しい支持者に対して情報やプロセスを公開するというものが、会社内のパワー・ダイナミクスを変化させることが出来ることです。これらテクノロジーのすべては、取組み全体を断念させた組織の障壁や水面下にあるものを露出させるために、 “lowering the water (水を下げる) ” という効果を持つことができることです。これらのセッションすべては、論争や潜在的な将来のスタディのために、これらの課題を明確にする心づもりです。

 CIMdataの2013年度のPLM Market & Industry Forumは、PLMコミュニティに於けるソリューションならびにサービス・プロバイダー向けの唯一のリーディング・イベントであり、私どものPLMコミュニティ・メンバーへの重要なデリバリーとなるものです。フォーラムでは、現在の経済情勢についての識見やPLMエコノミーのトレンドならびにそれらの影響についての見識を提供するものです。私どもは、上記に取り上げた課題とCIMdataは如何にクライアントにより良いサービスを提供するために進化しているかを解説します。現行ならびに将来のPLM市場についての状況とトレンドのCIMdataの展望について詳細にプレゼンを進め、CIMdataの2012年のPLM市場の結果の分析の最初の公開 (PLM領域全体、産業・業種、地域、また大手ソリューション・プロバイダの業績 収益と市場占有率の詳細な分析と予測を含む) を進めます。CIMdataは、これらセッションについて、PLMコミュニティのニーズを満たすために、ソリューションプロバイダの要件について知る機会として視ています。

 CIMdataのPLM Market & Industry Forumの参加者は、現行ならびに進展しているPLM市場の状況について信頼出来うる確か成る理解、その影響のダイナミックさ、そしてその継続的進化への期待について確かなものにすることになります。出席者は、自身が現行、また来る年へのPLM市場環境を着実に進むために利用可能なアプローチと機会へのさらなるインサイトを高めることになります。このイベントは、競合相手、コラボレータ、また今後の潜在的なパートナーを含むPLMコミュニティに於ける他社のプロフェショナルとのネットワークへの機会も提供します。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社