Agenda - CIMdata 2011 PLM Market & Industry Forum


日時:平成23年5月11日(水)午前10時から終日(受付開始9時45分)
場所:明神開館 東京都千代田区外神田2丁目16番2号(神田明神境内)

  • PLMの状況 - 今日の市場並びに最新トレンド(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
    本セッションは、PLMテクノロジーとサービスのサプライヤーにとって重要な動向と課題を重点を置き、現行のPLM業界の状況をレビューします。世界は “The Great Recession(大不況)” の中にあり、PLM投資は景気後退以前のレベルにどのように戻るかを示す先行指標になっているかのようの見えます。しかし、ユーザーとソリューションサプライヤーはこの新しい世界の中で課題(Challenge)を抱えています。産業界の企業は厳しい財政環境の中でPLMプログラムを開始(あるいは再開)しなければなりません。ソリューションサプライヤーは、彼ら自身の内部の課題に突き当たっている中で、この環境で販売をし、収益をあげなければなりません。大手ソリューションサプライヤーは理解が難しい、販売が難しい、購入が難しい、また導入・実装が複雑な大きな製品群(ポートフォリオ)と抱えています。何社かは和らげるための買収や統合をするためのテクノロジーを手にしました。各サプライヤーは成功への幾分異なった道を選びました。 彼らが選択した道は、各社のチャネルを含む彼らのエコシステム全体に影響を及ぼします。同時に、他のソフトウェア市場でより共通になっているデリバリーモデルもPLMで出現しています。クラウド、SaaS、またオープンソースソフトウェアは、同様にユーザーとソリューションサプライヤーにとって意味深い密接な関わり合いをもっています。ソリューションサプライヤーに共通するもう一つのものは成長への模索・追求です。アメリカと西欧のように成熟した市場では、これは必要としてるものの目が覚めてないところで新しい産業界を模索することを意味します。成長市場では、BRIC諸国のように、伝統的なPLMがすでに使われているようなところでのさらなるグリーンフィールド(全く手つかずの場所)の機会での“Back to the Future,”であると言うです。 CIMdataは、ますますチャレンジとなる市場の中で切磋琢磨しているサプライヤーが持っているこれらの影響についての視をプレゼンテーションします。
  • PLMisGreen.com及びPLMに於けるコンプラインス(PLMisGreen.com and Compliance in PLM)
    PLMコンプライアンスは、ほとんどの企業の製品開発並びに支援プログラムと戦略に重要な影響を持っており、その結果、PLMと他のエンタープライズ戦略とソリューションをサポートに影響を持っています。コンプライアンスは、今日、産業に於いて、グリーン、サステナビリティ、規制、そして関連するテーマのすべてを具体化します。アナリティクス(Analytics)は、企業のリスクを最小にすることで適切な個人へのコンプライアンス活動の状況や結果の伝達を助けるのにしばしば使用されます。ショッセンに一部として、私どもはこの重要なトピックスにおけるソリューションサプライヤーの皆さんのご意見をいただけることを期待しております。昨年度,私どもはこの課題を理論的に議論をしました、そして本セッションでは、CIMdataの返答である私どものPLMisGreenイニシアチブについて議論します。セッションの一部として、私どもは、この重要トピックに関するソリューションサプライヤーのインプットを提供することを期待します。
  • 2010年度市場分析結果(グローバル)(2010 Market Analysis Results (Global))
    PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な最善な情報源をして長期に渡って認められているCIMdataの年次PLM市場の分析はこのベンダーフォーラムでまず発表されます。CIMdataは、様々な角度からの2010年度のPLM市場収益と私ども将来予測を含むPLM市場の分析をプレゼンし論じます。これには種々の重要なるPLMの機能領域、主要な業種、また地理的な面について業界の投資についてのレビューを含みます。特に、ソリューションサプライヤーに対する各セクターの収益のみならず、CIMdataは、それぞれのセクターのそのダイナミックさについてのインサイトを提供します。
  • 2010年度市場分析結果 - Japan & AP(2010 Market Analysis Results - Japan & AP)
    本セッションは主に日本の市場にフォーカスした課題の議論・共有を含む日本並びにアジア市場に於ける2010年度PLM収益、市場成長、地理的並びに業種の分布、主要サプライヤーについての所見を提供します。また、2010年を通じて、また今後の当該地域に置ける固有の課題&特徴(地域差など)についても議論を行います。更に、業界は年度を通じての経済環境の影響についも触れ、業界努力並びに展開状況をレビューし、今後の指針を論じます。
  • 注視すべき重要市場トレンド (Key Market Trends to Watch)
    今日のグローバルで非常に課題多き市場に於いて、企業がビジネスに成功するには、さまざまな変わり続ける内部あるいあは外部の圧力で影響を受けます。市場ではソフトウェアがどう販売されて、提供されて、実装されるかについてかなりの変化に直面しています。特に、クラウドコンピューティング、SaaS、オープンソース、また他の提供モデルのそれぞれには、一様にユーザーとソリューションサプライヤーサイドの両方に於ける市場での効果・影響をもっています。私たちの午後の二つ目のセッションで詳細にこれを深層をするでしょう。
    • PLM予測: 将来は、曇りがち、あるいはオープンスカイ?(PLM Forecast: Partly Cloudy and Open Skies Ahead?)
      クラウドコンピューティングとSaaSへの動きは私たちの“Back to the Future”と言うテーマへの大きな影響を及ぼしました。我々に古きものを思いこすことについてこれらは十分であり、古いものが再び新しいものにと、まさしくファンション産業などのようです。この場合、タイムシャリングとクライアント/サーバコンピューティングが復活(comeback)してるかのように思えます。これはエンドユーザに対して何を意味するのでしょうか? それは、値下げか、より高いか、またはコスト的にニュートラルになるでしょうか? クラウドは、プライベート、またはパブリックにする必要がありますか? 企業は彼らの知的資産をパブリッククラウドに入れる準備ができているでしょうか? ソリューションサプライヤー側では、伝統的なエンドユーザライセンス契約(EULAs)からサービスレベルアグリーメント(SLA)に移行する準備ができていますか? この変化でのソフトウェア品質とデリバリーが及ぼす影響は何でしょうか? 今日、ほんのわずかなオープンソースPLMプレーヤーではありますが、彼らのビジネスモデルは一様にユーザーとソリューションサプライヤーのエコシステムにより複雑で興味ある疑問さえ引き起こしています。これらがこのセッションにおける議論を進める幾つかの問題です。
    • PLMチャネルトレンド(PLM Channel Trends)
      変化しているPLMエコシステムは、単にPLMソリューションサプライヤーに影響を与えているだけではありません。それはまた、彼らのチャンネルパートナーに劇的な影響力を持っています。例えば、ソフトウェアの複雑さ、ソリューション範囲、および提供モデルにおける変化は、彼らのビジネスモデル、専門技術の範囲、また市場焦点などさらなる再考がチャネルパートナーに必要とするでしょう。さらに興味深いことは、チャンネル投資、提供モデル、また価格設定に於けるオープンソースソフトウェアとSaaSの潜在的なインパクトです。本セッションは、成功しているチャネルプログラムの最も重要な局面のいくつかを明らかにし、追求・議論します。
    • CADの今後:より同じことは、または新たな明るい未来?(The Future of CAD: More of the Same or a Bright New Future?)
      ADの世界では何が起こっているのでしょうか?ここ数年の革新は著しい変化への道筋を私たちをもたらしましたか?、またはそれらがただ同じ古いソリューションの自然進化でしょうか?本セッションでは最近の発表(未来のCADが持ち合わすもの、あるいは、およびそれに必要すること)に関するCIMdataの見解をプレゼンテーションします。
  • 纏め&終わりにあたって(Closing Comments)
    また、纏めに於いて、東日本大震災に関連して本業への影響について、CIMdataの見方について緊急課題として論じることとしました。(We are going to prepare to be discussed the issues on the impact to PLM industry in relation to East Japan Disaster.)
  • 懇親会(Networking Hour)
  • 担当:
    • ピーター・ビレロ、CIMdata 社長 (Peter Bilello, President)
    • 江澤 智、CIMdata日本代表/メタリンク (Satoshi Ezawa, A Japan Representative of CIMdata / MetaLinc)
全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社