Agenda - CIMdata 2010 PLM Market & Industry Forum


日時:平成22年4月21日(水)午前10時から終日(受付開始9時45分)
場所:明神開館 東京都千代田区外神田2丁目16番2号(神田明神境内)

  • PLMの状況 - 今日の市場並びに最新トレンド(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
    本セッションはPLMのサプライヤーとサービスへ動向と課題を中心にPLM業界の現状のレビューをします。グローバルエコノミーに於いて生じている大きな変化は、全ての業種のユーザー組織に困難さが続いており、結果的に、ユーザー組織に販売するための切磋琢磨しているPLMのサプライヤーにチャレンジが続いています。困難な時期に於いて、ビジネス・イネーブルストラテジーとしてのPLMは、企業が今のまたはより少ない資源でより多くの仕事をすることが必要な時に、より効率的且つイノベーティブになるための組織能力を実現することは更に重要なものです。PLMは企業の生残り戦略、またビジネス回復のイネーブラ(実現手段)の重要なコンポーネントとして益々受け入れられています。更に、真の「エンタープライズ」イニシャチブとしてのPLMの迅速な適応がより目に見える様になっており、絶え間なく拡大しているユーザーに更に価値を得るためにソリューションの拡大と開発に投資のけん引になっています。多くのケースでPLMは、企業(おそらくあらゆる業界)の再編成のために必要とされています。ソーシァルコンピューティングとコンプライアンスは今日の市場をけん引している二つのホットなイニシャチブであり、CIMdataは正にこれらプログラムの最前線におります。CIMdataは困難さが増す市場の中で切磋琢磨するサプライヤーが持っているこれら動向と影響についてその見解をプレゼンテーションします。このセッションは更に考慮しなければならない新たなまた拡大しているビジネスの機会を含むPLMの将来についての議論(概略)も進めます。
  • 2009年度市場分析結果 - グローバル (2009 Market Analysis Results - Global)
    PLM業界の進展と方向性への包括的且つ正確な最善な情報源をして長期に渡って認められているCIMdataの年次PLM市場の分析はこのベンダーフォーラムでまず発表されます。CIMdataは、様々な角度からの2009年度のPLM市場収益と私ども将来予測を含むPLM市場の分析をプレゼンし論じます。これには種々の重要なるPLMの機能領域、主要な業種、また地理的な面について業界の投資についてのレビューを含みます。CIMdataは、収益の結果のセクターの分析のみならず、それぞれのセクターやその原動力などについて内容を明らかにします。様々なセクターに於ける市場分析に加えて、CIMdataは様々なセクターのサプライヤーの活動の結果や彼らの収益についての業績を分析や見解を提供します。このセッションは昼食を挟んで続けます。
  • 2009年度市場分析結果 - Japan & AP(2009 Market Analysis Results - Japan & AP)
    本セッションは主に日本の市場にフォーカスした課題の議論・共有を含む日本並びにアジア市場に於ける2009年度PLM収益、市場成長、地理的並びに業種の分布、主要サプライヤーについての所見を提供します。また、2009年を通じて、また今後の当該地域に置ける固有の課題&特徴(地域差など)についても議論を行います。更に、業界は年度を通じての経済環境の影響についも触れ、業界努力並びに展開状況をレビューし、今後の指針を論じます。
  • 今後の展開への重要領域 (Key Areas for Future Development)
    今日のグローバル市場、また非常に変化している市場に於いて、企業のビジネスの成功は今までにない 様々な変化している社内外のプレッシャーに影響されます。このセッションでは,もしうまく取り扱ったならばと言う事で企業の回復能力を本当に加速することが出来るPLMに影響を及ぼす二つの市場トレンドのインパクトを論じます。
    • PLMとソーシァルネットワーキング(PLM and Social Networking)
      関心事やアクティビティなどを共有する人々のオンラインコミュニケーションについて構築を求めるソーシァルネットワーク・サービスの到来そしてそれに伴う急速な拡大は、個人、グループ、またコミュニティが如何に互いに伝達し合うだけではなく、一般的なコンピューティングの世界に大きな影響を与えています。今日、PLMサプライヤー各社は、PLMのコンテキストの中での同様な極めて高いコラボレーションを支援するためのソーシァルネットワーキング・テクノロジーと原理を利用するソリューションを開発しています。彼らの目的は、企業/関連企業(Extended Enterprise)間で更なるPLMの利用を拡大するPLMユーザーへのコラボレーティブな環境の強化を提供するためのソーシァルネットワーキング・テクノロジーを利用することです。そこでの問題は:この動きはどこに向かっているのか?、企業の回復を加速させるために、これがどのように支援するのか?またそれから如何に利益(効果)を得るのか?このセッションを通して様々なトピックスを論じます。
    • PLMとコンプライアンス(PLM and Compliance)
      コンプライアンスは多くの企業の製品開発や支援のプログラムと戦略へ、更にPLMとその他の主要な企業戦略と支援ソリューション影響を与えている主要な分野です。コンプライアンスは、今日の産業でグリーン、持続性、規制、関連テーマの全てを含むものです。分析論的(Analytics)には会社のリスクを最小化されることで適切な個人に対してコンプライアンス活動の状態や結果の伝達を支援するためにしばしば使われます。多くのPLMソリューションサプライヤーは固有の業界の要求にフォーカスした多くのソリューションで重要なビジネスのニーズに対応するためのコンプライアンス製品群を開発しました。この分野はどこに向かっているのか、またこれからも行わなければならない事は何か?回復を加速させるためにこの立ち上げるつつあるPLMの支援分野は企業に如何に利益(効果)をもたらすのか?なぜPLM業界にとって重要なのか?これらがこのセッションを進める際の課題となります。
  • 懇親会(Networking Hour)
  • 担当:
    • ケン・アーマン(Ken Amann, Director of Research, CIMdata)
    • 江澤 智 (Satoshi Ezawa), CIMdata日本代表 (MetaLinc K.K.)
全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社