CIMdata 2009 PLM Vendor Forum


“不確実な経済時に於けるPLM”
(PLM in Uncertain Economic Times)


 経済的なサイクルは紛れもない事実です。従ってこれらのサイクルに対処するために企業はどのように適応したらよいのでしょうか? 企業は下落をそのまま無視することは出来るものでなく、より良い日へと希望をもっています。どこの市場もそうであるように、PLM(製品ライフ・サイクルマネージメント)市場もグローバル経済の情勢に免疫を持っていません。企業はCIMdataにPLMを実現するテクノロジーに投資するよいタイミングは何時であるかを頻繁に尋ねてきます。「時期が良く、PLMに専念する時間を充分持てる時に投資をすべきか?」、または「時期が厳しく、資金が厳しい故、リソースを持てない時に投資をすべき?」。CIMdataの考えは、皆さんの企業をより効率的なものにする上での投資に対して、また革新的にするための能力をより向上させるための投資に悪い時期は決してないということです。

 CIMdataは、あらゆる業種並びに規模の企業に対して、彼ら自身の将来へのポジションに必要とされる高い優先順位の戦略と策略を見失いようにすることが重要であるとしばしば彼ら企業に力説しています。経済停滞は新しい現象ではありません。経済サイクルは長きに渡りビジネス・ライフの現実そのものであり、多くの様々な業種の企業によって首尾よく的確に取り組まれて来ました。経済情勢の下降は、会社がより効率的且つ革新的にすると言うことが必要である事実を変えるものではありません。つまり、CIMdataは実効性あるPLMの戦略が不確実な経済的な時期こそ今まで以上に重大であることを述べたいと考えます。生き残りへの鍵は、その後の市場成長期間に対する彼ら企業自身の生き残りや効果的なポジションを得るなどいずれに対しても、企業は困難な時期に優先順位を付け、そして確立するかがにしばしば基づいています。これはもちろんPLMを実装する企業に対してのみでなく、PLMを実現するソリューションのサプライヤーに対しても当てはまるものです。

 従ってPLMのソリューション・サプライヤーはこれらの不確実な経済情勢の際に何をするべきでしょうか? 単なる戦術的なビジネス・ポジションに移行し、戦略的なプロジェクトを保留にすると言う事でしょうか? もちろんそうではありません - 今日の経済は非常に緊張を引き起こしているかもしれません、しかしそれはPLM関連の市場機会を排除したものではなく、また複数の業界セグメントでまだ存在する重要なビジネスニーズを解決するPLMのイネーブルソリューションの能力と可能性を無くしたものでもありません。はっきりしている点はグローバル市場に於ける不安定な経済の時代がチャレンジと機会の両方をもたらすということです。既存の市場はPLMを必要とし続け、新市場は開き続けます。これら時代におけるポジショニングは、その他のリソースや経費を拡大するための意欲と共にある領域に於ける企業の抑制の適切なバランスをとることが重要且つ必要なことです。

 CIMdata 2009 PLMベンダーフォーラムは、ますます困難且つ未知なる課題があふれる市場で切磋琢磨しているPLMソリューションのサプライヤーにとって、現在の経済環境や動向の影響についての見識や考えを提供するのもです。恒例として、現行のそして将来のPLMの市場の状況と動向についてのCIMdataの見通しと傾向は、PLM分野全体の市場の成長、また主要PLMプロバイダーの実績(収益および市場占有率の分析)に関する私どものの広範な分析と見通しを含み詳しくレビューします。

 CIMdata PLM ベンダーフォーラムの出席者は、現行のPLM市場状況、それに影響を及ぼしているダイナミックさ、そして継続する発展への期待について確か成る裏打ちのある理解を確かなものにします。さらに、出席者にこれらの現在の不確実な経済的な時期にPLMの市場環境を導くために利用・使用可能なアプローチそして機会へのさらなる見識・洞察力を得る機会となります。

全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社