Agenda - CIMdata 2008 PLM Market & Industry Forum


日時:平成20年4月23日(水)午前9時45分から終日(受付開始9時15分)
場所:明神開館 東京都千代田区外神田2丁目16番2号(神田明神境内)

  • State of PLM - PLM市場状況&最新動向(State of PLM - Today's Market and Leading Trends)
    本セッションは、とりわけPLMのテクノロジーとサービスのサプライヤーに対して重要な動向や課題を含めてPLM業界の現況をレビューします。大手企業のPLMサプライヤーの出現は、市場で競争している全てのサプライヤーにチャレンジを引き起こしています。業界企業からの拡大している戦略の範囲、PLM領域ではなかった大手サプライヤーによる市場への参入、固有な領域の新たなサプライヤーの成長、そしてPLMの企業に於けるポジション・アップなどをレビューします。これら動向並びにサプライヤーが競合する中、市場で増加するチャレンジの影響について、CIMdataの見解を提供します。本セッションは、一握りの大手企業のサプライヤーにけん引が進んでいる市場での新たなまた拡大している商機を含むPLMの今後について進めます。
  • 2007年市場分析結果(ワールドワイド)(2006 Market Analysis Results(Global))
    PLM業界の進展と方向への包括的且つ正確な洞察により最もよい情報源として長い間認められているCIMdataの年次市場分析が本ベンダーフォーラムにて最初に公開されます。CIMdataは、様々な角度から2007年度の市場での収益を含む2007年度のPLM市場の分析と提供し、議論を行います。それにはPLMの重要な様々な機能ドメイン、業種別、また地理的な面での業界の投資のレビューを含みます。CIMdataは、主要なPLMサプライヤーの収益実績についても分析を行います。
  • 2007年市場分析結果(日本&AP)(Market Analysis Results (Japan & AP))
    本セッションは主に日本の市場にフォーカスした課題の議論・共有を含む日本並びにアジア市場に於ける2007年度PLM収益、市場成長、地理的並びに業種の分布、主要サプライヤーについての所見を提供します。また、2007年を通じて、また今後の当該地域に置ける固有の課題&特徴(地域差など)についても議論を行います。更に、業界はPDMからPLMへとより充実したモノづくり支援への真のソリューションへと進展しています。過去の業界努力並びに発展状況をレビューし、将来への指針を議論します。
  • 大手企業のPLMサプライヤーの出現(The Emergence of Large Enterprise PLM Suppliers)
    大手企業のPLMサプライヤーは様々な背景で展開を進めています。本セッションでは、大手企業のサプライヤーの出現の背景の要因を議論し、それらサプライヤーをレビューし、PLMと他のエンタープライズソリューションでの彼らの展望を議論します。それら大手サプライヤーは多様な領域をフォーカスしており、PLM市場の異なったセクター(例えば、業種、地域、分野、大企業/中小企業、ほか)での様々な影響を持ち、PLM市場の全てのサプライヤーに対してPLMに関連した新しい機会も創出しています。それらトピックスが説明され、議論されます。
  • エンドユーザー企業に影響への対応(Responding to the Impact on Industrial Companies)
    本セッションは、 PLMを取り入れることを進めている、あるいは計画をしているエンドユーザー企業での大手PLMサプライヤーの影響、またあらゆる規模また種類のPLMサプライヤーの影響を議論します。そこでの課題には購入者のサプライヤーの影響や購入プロセス、必要される組織並びに運用構造、企業内の他のビジズネやIT投資に対するPLMの関連などを含みます。その他のトピックスには、他の大手サプライヤーへの従来からのコミットメントの影響、PLM投資、プラットフォームの統合・合併・整理に対するプレッシャー、”Best of Breed” vs. Homogeneous Solutions(最善な品種 vs. 同質ソリューション) について討論を含みます。本セッションは、PLMがさらに企業の基盤要素になる際の販売、デリバリー、またサポートをうまく行うための全ての規模のサプライーに向けての戦略の議論を含みます。
  • PLMの将来の影響(The Impact on the Future of PLM)
    大手企業のPLMサプライヤーの到来やPLM市場の中で彼らが起こしている変化により、「 PLMは大きな変化点になってしまったのか?」について明らかにする必要があります。大手企業のPLMサプライヤーの出現は、中小のサプライヤー、システムイングレータ、並びにその他PLM関連の競争相手を含むすべてのPLMコンペティターに新たなプレッシャーを引き起こしています、それはまた、新しい業界、地域、ドメイン、またあらゆる規模の企業を含め、機会を創出していることを理解することが重要です。PLMの重要性や理解の進展は、従来からのサプライヤーまたこれまでPLM市場へのコミットメントをしてなかったサプライヤーを含み、さらなる企業間の競争を活溌化させています。これらまたその他業界のダイナミックさの変化について、進展中の市場での成功のための戦略、商機、また散在的な市場の成長などを含めて議論されます。
  • 懇親会(Networking Hour)
  • 担当:
    • ケン・アーマン(Ken Amann, Director of Research, CIMdata)
    • 江澤 智 (Satoshi Ezawa), CIMdata日本代表 (MetaLinc K.K.)
全ての内容は、固有に記載のあるものを除き所有権は当サイトオーナー、メタリンク株式会社に帰属します。
如何なる形式での再利用、複製、また再配布はくれぐれもご注意ください。
All contents, unless otherwise stated are copyright MetaLinc K.K.
So not reuse, redistribute, or duplicate in in any format or way. 
© 1995-2018 MetaLinc K.K.  - メタリンク株式会社